【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第370号(令和2年8月発行)


1.第二波


  会長 知花 光英

秋とは名ばかり、すでに立秋も過ぎ、8月も後半を迎えております。厳しい暑さが続いておりますが、皆さま、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。残暑お見舞い申し上げます。

今年の旧暦はユンヂチ(閏月)です。その為、旧盆のウークイも9月2日と、若干遅めとなります。

ただ、今年のお盆は、県外に住む家族の里帰りは控えられ、親戚の集まりも難しく、風物詩であるエイサーも自粛のようです。

迎えられるご先祖様も、さぞかし寂しいことかと思います。ご時世をご理解頂き、お許し願えれば幸いです。お戻りの際は、子孫の健康、どうぞ見守り下さい。

さて、新型コロナウイルス感染者が拡大するなか、残念ながら第二波を迎えてしまいました。沖視協でも、8月8日、職員1名が陽性反応となり、9日には全館の消毒、同日より1週間全部署を休業とさせて頂きました。

さらに、来館の活動や業務の一部休業を継続しております。

皆さまには大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

以下、対応策
①8月1日(土)~9月6日(日)は、マッサージセンターの休業、土日・祝祭日の閉館、利用者・ボランティアの来館による活動の停止。
②10月予定の高橋福治先生偲ぶ会は、一部の職員で行います。
③11月予定の沖視協STT大会の中止。

その他、点字図書館、同行援護事業、用具販売につきましては感染予防対策をとり、業務を行っております。

※今後、新型コロナウイルス感染状況によっては、変更になることもあります。予めご了承下さい。



2.金融機関で不利益


  知花 光英

パソコンや携帯電話といった通信機器の開発は目覚ましいものがあり、人々の暮らしは大変便利になりました。

また、私たち視覚障害者もその恩恵は例外ではございません。

皆さまの中にも、通信機器を利用し、銀行やクレジット会社など、いわゆる金融機関との取引をされている方も多いことかと存じます。

電話で、送金や残高確認ができた「テレホンバンキング」にはじまり、パソコンや携帯電話による「ネットバンキングサービス」まで・・・。わざわざ窓口に出向くこともなく、代筆・代読なしで、証券の取引やネットショッピングまで!誠に有難いサービスです。メリットはそれだけではございません。手続き手数料は窓口より安く、ポイントを貯めれば、手数料0という特典まで!!

ところが、その特典も、セキュリティーの関係上、確認番号やワンタイムパスワードなど二重三重のチェックで、「パソコンはあってもスマホアプリでしかダウンロードできない」、「認証コード確認時間は1分以内な」ど、使いづらくなってまいりました。

もちろん、安心・安全面では必要な対応策だと理解しております。

問題は、システムを開発するにあたり、視覚障害者ユーザーにも配慮したシステムになっているのか、当事者ユーザーの意見を参考にした上でのシステムにしたのか、疑問である。

「障害者差別解消法」の施行に伴い、交通バリアフリーや読書バリアフリーといった制度を進める上で、行政や民間企業との連携は密になってきただけに、金融機関に対しても、社会的不利益のないよう要望していきたい。



3.新刊紹介


点字図書


NDC099
書名 本日の栄町(さかえまち)市場(いちば)と、旅する小書店
著者 宮里 綾羽(みやざと あやは)
巻数 3巻 334ページ
内容 二度見してしまう風景、うたた寝する市場、旅の余韻、何度も読み返す本-。沖縄那覇市の栄町市場にある「宮里小書店」で、日々市場の住人として成長中 の副店長がつづるカウンター越しのエッセイ。

NDC 188
書名 考える前に動く習慣
   始める、進める、続ける-禅の活かし方
著者 枡野 俊明(ますの しんみょう)
巻数 2巻 272ページ
内容 肝心なのはスピードではなく「スタート」。大事なことは「頭」ではなく「身体」で覚える。「やめる」のも、「すぐに」やる…。曹洞宗(そうとうしゅう)徳雄山建功寺(とくゆうざんけんこうじ)の住職である著者が、行動的な1日をつくる「禅的習慣」を紹介する。

NDC 494
書名 がんは人生を二度生きられる
著者 長尾 和宏(ながお かずひろ)
巻数 2巻 218ページ
内容 もはや「がん=治らない」ではありません。尼崎(あまがさき)の医師とがん患者の療室でのなにげない会話をもとに、心の持ち方、後悔しないための考え方、主治医や治療方法の選び方などをお伝えます。

NDC 769
書名 スカートはかなきゃダメですか?
   ジャージで学校
著者 名取 寛人(なとり ひろと)
巻数 2巻 280ページ
内容 ニューヨークを拠点に世界で活躍する男性だけのバレエ団に、初の日本人ダンサーとして入団した名取寛人さん。女として生まれ、スカートが嫌でジャージで通っていた中学・高校時代から、男性ダンサーとして活躍し、手術を受けて戸籍を男性に変え、今はバレエスタジオを主宰する自らの半生を綴ります。

NDC 908
書名 読まずに死ねない世界の名詩50編
著者 小沢 章友(おざわ あきとも)
巻数 1巻 194ページ
内容 ニーチェ、ゲーテなど世界的な哲学者、詩人、文学者が遺した珠玉の詩を、わかりやすい言葉で編訳し、三章に分けて収録。動乱の時代を生き、歓喜も絶望も味わった偉人たちそれぞれの思索の結晶が、つくられた時代を超えて語りかけてきます。

NDC 913
書名 こだわっていこう
著者 村上(むらかみ) しいこ
巻数 1巻 58ページ
内容 物知りで、時々こだわりスイッチが入るそうまくんは、ぼくの大切な友達。ところが、ある事件で、そうまくんがふざけて、ぼくにけがをさせたということになってしまう。謝らないそうまくんに怒ったお母さんから「そうまくんと、もう遊んじゃだめ」と言われたぼくは…。



デイジー図書


NDC 091
書名 沖縄パワースポットの歩き方
   幸せと変化を引き寄せる神秘と癒しの島
著者 知名 藤枝(ちな ふじえ)
時間 3時間11分
内容 沖縄のスピリチュアル・カウンセラーが、特におすすめの沖縄のパワースポットを厳選して紹介。パワースポットのとらえ方や生かし方、スピリチュアルな知恵なども解説する。

NDC 323
書名 憲法九条は世界遺産
著者 古賀 誠(こが まこと)
時間 2時間20分
内容 憲法九条の改正だけは許さない。それは自分の母も含め、無数の戦争未亡人をつくった歴史を二度と繰り返さないためだ-。自由民主党元幹事長・古賀誠が、憲法九条を自身の生まれ、育ちとともに語る。

NDC 402
書名 北極と南極の「へぇ~」くらべてわかる地球のこと
著者 中山 由美(なかやま ゆみ)
時間 2時間31分分
内容 北極と南極、より寒いのはどっち?女性で初めて記者として南極観測越冬隊に参加し、その後も北極と南極の両方を何度も取材してきた著者が、北極と南極のちがいや、そこから見えてくる地球環境の変化などを紹介する。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2020年7月号
著者 人間医学社薬局
時間 3時間50分
内容 特集1:エネルギー産生とコーキューテン(2)、特集2:ガンのここが知りたい 大腸ガン(2)、自律神経を整えましょう(下)ほか

NDC 536
書名 風を切って走りたい!
   夢をかなえるバリアフリー自転車
著者  高橋(たかはし) うらら
時間 3時間1分
内容 子どものころから物作りが大好きだった堀田(ほった)健一(けんいち)さん。ある偶然の出来事から、世界に一つの自転車作りが始まり…。体の不自由な人のため、40年間で2600台もの自転車を作り続けてきた堀田さんの挑戦を描く。

NDC 740
書名 キャパとゲルダ
   ふたりの戦場カメラマン
著者 マーク・アロンソン、マリナ・ブドーズ 
時間 12時間30分
内容 激動の1930年代、スペイン内戦を世界に伝えた2人のカメラマン、ロバート・キャパとゲルダ・タロー。夢と理想に燃え、カメラを武器に革命に身を投じた、若き2人の青春の物語。

NDC 913
書名 山のちょうじょうの木のてっぺん
著者  最上 一平(もがみ いっぺい)
時間 35分
内容 にしやんのところの犬・ごんすけが死にそうで、にしやんは元気がありません。ごんすけは人の年齢にするともう百才ぐらいのおじいさん犬。死ぬのはこわいけれど、どうやって死ぬのか、いがらしくんは見てみたい気もしていて…。

NDC 913
書名 タヌキのきょうしつ
著者  山下 明生(やました はるお)
時間 1時間19分
内容 校庭のコガネモチの根元にすんでいるタヌキたちは、ニンゲンの子どものように勉強がしたくなりました。そこで、夜の教室を借りて授業を始めますが…。広島の時の流れをタヌキたちと一緒に見つめる、心あたたまる物語。

NDC 913
書名 青いあいつがやってきた!?
著者  松井(まつい) ラフ
時間 1時間46分
内容 明日はせっかくの土曜日なのに、ひとりぼっち。つまんないなー。転校したばかりの4年生のサトシが、部屋のまどから星空を見上げていると流れ星が。翌朝、全身青いへんなやつが現れて…。

NDC 930
書名 エマソン 自分を信じ抜く100の言葉
著者  中島 輝(なかしま てる)
時間 3時間50分
内容 限界を設けているのも自分、可能性を信じているのも自分-。アメリカの成功者の多くが影響を受ける、19世紀の思想家エマソン。その著作から特に印象的な言葉を抜粋して超訳し、わかりやすく解説する。

NDC 933
書名 ねこと王さま
著者  ニック・シャラット
時間 1時間41分
内容 ある日、ドラゴンのせいで、お城がもえてしまった王さまは、いちばんのともだちのねこといっしょに、町へ引っこして、小さな家にくらすことになりました。けれど王さまは、「王さまのしごと」のほかには、何もできなくて…。

NDC 933
書名 11番目の取引
著者  アリッサ・ホリングスワース
時間 9時間52分
内容 アフガニスタン難民のサミと祖父の生きる術であり、心の拠り所だった伝統楽器ルバーブが奪われた。買い戻すには1か月以内に700ドルが必要だ。サミは友だちの助けを借りて物々交換を始めるが…。希望と友情の物語。

NDC 973
書名 飛ぶための百歩
著者  ジュゼッペ・フェスタ
時間 3時間16分
内容 ぼくはもう子供じゃないんだ-。中学を卒業したばかりのルーチョは、ただ「目が見えない」からって周りに差し伸べられる手は好きになれなくて…。盲目の少年の葛藤と成長を描く。一歩を踏み出したい全ての人に送る物語。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2020年7月1日から31日までの集計)

1位 熱源    
川越 宗一 7巻

2位 ルパンの帰還  
横関 大 5巻

3位 赤毛のアン
モンゴメリ 7巻

4位 おもかげ
浅田 次郎 6巻

5位 くちびるに歌を
中田 永一 5巻

6位 次郎物語 第5部
下村 湖人 5巻

7位 小さな理由
森 浩美 4巻

8位 虹の岬の喫茶店
  森沢 明夫 4巻

9位 流浪の月
凪良 ゆう 5巻

10位 相棒 season7 下
輿水泰弘ほか脚本 3巻



デイジー図書ベスト10(2020年7月1日から31日までの集計)

1位 反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 13時間45分                     

2位 [合成音]視覚障害者向けiPhone・iPad操作マニュアル 三訂版
視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)編集 51分

3位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディみかこ 6時間33分

4位 卒業
東野 圭吾 9時間28分

5位 流人道中記 下
浅田 次郎 9時間37分

6位 流人道中記 上
浅田 次郎 11時間51分

7位 警官の目
今野敏,五十嵐貴久,三羽省吾,誉田哲也 5時間33分

8位 暴虎の牙
柚月 裕子 12時間53分

9位 狐花火 羽州ぼろ鳶組 7
今村 翔吾 11時間27分

10位 酒合戦 新・酔いどれ小籐次 16
佐伯 泰英  7時間10分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2020年7月1日から31日までの集計)

1位 暴虎の牙
柚月 裕子 12時間53分

2位 きたきた捕物帖
宮部 みゆき 9時間34分

3位 任侠シネマ
今野 敏 7時間8分

4位 女副署長
松嶋 智左 10時間24分

5位 勿忘草の咲く町で 安曇野診療記
夏川 草介 7時間37分

6位 パーフェクト・ブルー 新装新版
宮部 みゆき 10時間5分

7位 公安狼
笹本 稜平 13時間7分

8位 きみまろ「夫婦川柳」傑作選 3
綾小路きみまろ編 3時間8分

9位 天使の腑(はらわた) 警視庁特命捜査対策室九係 [2]
渡辺 裕之 9時間4分

10位 消えた警官
安東 能明 10時間54分



4.お知らせ


(1)沖視協9月行事・出張予定
9月2日(水)旧盆(ウークイ)休館日
9月15日(火)職員会議

(2)沖縄点字図書館 日曜開館について
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、9月の日曜開館はございません。

(3)ダンス・コーラス・ヨーガ教室
9月はお休みです。

(4)ハーブティー教室
ハーブの有効成分の抽出法や美味しいハーブティーの入れ方を学んでみませんか。
講  師:城間愛子先生
日  時:10月5日(月) 14時~16時
定  員 :5名
場所:沖視協3階研修室
受付期間:9月23日(水)~30日(水) 
申 込 先:098-863-2997(事務局:上原)



5.ありがとうございました


事業活動協力金(敬称略)
匿名 25,000円

点字図書館一般寄付(敬称略)
匿名 30,000円
匿名 5,000円



6.編集後記


残暑お見舞い申し上げます。

今年のお盆は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、例年通り親戚が揃ってウヤファーフジのウンケーやウークイが出来ない状況が予想されます。

怒られてしまいそうですがオンライン会議のように、例えばウークイのタイミングにオンラインでウートートゥするという方法も新型コロナウイルス感染症予防策の一つになるのかもしれません。感染者が多い地域から、高齢者の多い田舎に帰省するのは躊躇してしまいます。地域の青年会が実施するエイサーや道ジュネーは、夏のひとつの楽しみなのですが、感染者が増えている現状では中止となってしまうことも仕方がないですね。

まだまだ暑い日が続きます。新型コロナウイルス感染症の予防も必要ですが、こまめな水分補給を心がけ熱中症にも気を付けましょう。

  事務局長 玉城和也