【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第346号(平成30年8月発行)


1.ちゃ~びらさい


  会長 知花 光英

この夏、西日本の豪雨災害に始まり、各地地震・逆走台風・そして猛暑続きの日本列島、「災害は忘れた頃にやってくる」どころではございません。

地球温暖化による異常気象とはいうものの、果たして人類は今後穏やかな生活をしていけるのか、不安な昨今でございます。皆様はお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

さて、ニュース等ですでにご存じの事かと思いますが、私たち沖視協の庭といっても過言ではない国際通り。その国際通りと浮島通り、ニューパラダイス通りを結ぶ交差点の信号機が7月18日より撤去されております。
撤去の目的は、市内の交通混雑緩和の実証実験を行う為、那覇市が実施。沖視協としては、「那覇市内は勿論、中北部からの利用者は、避けては通れない交差点だ。現場は交通量も多く、エンジン音もしないエコカー時代、しかも沖視協に対する事前説明もない、このままでは非常に危険で、納得いかない」と、信号機の設置を戻すよう各関係機関に要請しております。
尚、実証実験は来年1月18日まで。現場通行の際は十分お気を付けて横断してください。



2.第30回九州盲青年研修大会(熊本大会)報告


  福里 実

去る平成30年7月15日(日)・16日(月)に熊本県で九州盲青年研修大会が開催され、沖視協職員石原義樹と青年部代行の福里実で参加して参りました。
1日目、前半は12時より熊本市内の水前寺共済会館グレーシアで青年部長会と、青年部会が開かれました。九州盲人会連合会の野口豊会長と、熊本県視覚障がい者福祉協会の村上芳継会長を迎え、地元の熊本県青年部を中心に会は進められました。南明志九州盲青年部長(鹿児島県)より昨年度の事業及び決算報告、そして今年度の事業計画と予算案がそれぞれ提案され全会一致で承認されました。野口会長より視覚障害者を巡る全国の情勢についてお話がありました。特に、日盲連会員数の減少に伴って組織のあり方が検討されていること、九盲連の青年部と女性部の研修大会は、これまで別々に開催してきたが、休部の県が増えていることを踏まえ、今後同日開催にすることで両部の活動が維持・発展できるのではないかと提案がありました。参加者からは肯定する意見が出されました。最終的には、九盲連理事会で決定されます。ちなみに本大会の次年度(2019年)の沖縄大会は、女性部と同日で開催する予定です。
後半は、熊本県立盲学校体育館に移動して、15時よりブラインドテニスの体験会が行われました。同連盟役員の荒木さんより、日本発祥のスポーツであり、見え方の違いでクラス分けがあること、ゲームはシングルまたはダブルスで競技すること、国内ではいくつか大会が開かれていること、外国でも広がりを見せていること、将来のパラスポーツを目指していること等について説明がありました。コートはバドミントンと同じ広さで中央のネットの高さは80cm。1人ずつジュニア用の ラケット(柄が短い)が配られると、コート内に移動し、立ち位置を確認するためのラインを指で触れているうちに猛暑を忘れ、初めてのテニスにわくわくしていました。実際の競技は、音の出るスポンジボールをB1クラス(アイシェード着用)とB2クラス(視力0.03以下または視野5度以内)の選手は3回のバウンドで、B3クラス(視力0.1程度)の選手は2回のバウンドで打ち返さなければなりません。今回は初心者なので、相手が打ってきた低くて数回バウンドするボールを聞き分けて打つ練習です。右へ左へと走ってラケットを振り下ろしているうちに、出したラケットへ徐々にボールが当たるようになって来ました。音を聞いているとボールがはねる曲線がイメージできるような気がしました。サーブや3回バウンドをさせてのラリーの練習もしました。今回の体験を終えて、私自身の技術は試合ができるレベルにはほど遠いのですが、視覚障害者が室内で動き回れるものとして大変興味をそそられるスポーツでした。その日の懇親会では、汗をかいた分水分補給をしっかり行い、新陳代謝を高めることになった1日でした。
懇親会では、沖縄を代表して「島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を」熊本の地から次年度(沖縄大会)に繋げる島唄を熱唱し各テーブルから指笛が鳴り響き、盛り上がりました。
2日目の午前中は、社会福祉法人熊本県視覚障がい者福祉協会が平成25年9月にスタートさせた就労継続支援B型事業所あいEYEワークセンターを視察しました。当日は休みのため利用者は居ませんでしたが、代表者よりマッサージの免許を有する者が働く治療院部門、果物キャップや絆創膏の収納ケース等の折り作業を行う軽作業部門、国試受験対策を行う就労移行支援等の事業について、お話がありました。スタッフにとって初めての事業所の立ち上げであったこと、施設の土地建物は協会の会員からの遺贈があったこと、盲学校OB職員がサービス管理者や指導員として関わってくれていること、そして利用者がある程度確保できたこと等、これまでの苦労話や行政からあった具体的なアドバイス等を教えていただきました。丁寧な運営やスタッフのチームワークの良さを感じ取ることができた事業所でした。
今回の研修は、ブラインドテニスという新しい視覚障害者スポーツで身体を動かし、次に新たな視覚障害者の就労先である就労継続B型事業所の具体的な運営について学ばせていただくという、心身のバランスがとれる内容でした。



3.第50回九州盲女性研修大会(佐賀大会)報告


  當山 由美子

平成30年7月29日(日)、30日(月)佐賀県にて開催された第50回九州盲女性研修大会へ當山由美子、譜久島環、津波古よし子、職員の上原清美の4名で参加しました。九州盲女性部部長としての大きな行事となりました。
第1日目四季彩ホテル「千代田館」を会場に、第1部講演は講師視覚障害者リハビリテーション指導員歩行訓練士の南奈々氏、演題は「人をもてなすときの立ち居振る舞い」
第2部レポート発表、座長は佐賀県と沖縄県からで津波古よし子さんが座長を務めました。「日頃差別を受けたことがありますか?感じたことがありますか?」というレポートテーマで3組に分かれ、1組目は社会・職場に対する意見で、特に盲導犬に対する内容が多かったです。2組目はロービジョン弱視ゆえの差別と感じた事の発表がありました。3組目は子育てについてでした。全体的に言えることは差別を受けたり、感じても自分を理解してもらうことにより乗り越えられてきたということでした。第2日目は閉会式を佐賀バルーンミュージアムで行い、来年の当番県である沖縄の挨拶を譜久島環さんが行い「来年沖縄で会いましょう」と締めくくり大会を終えました。



4.新刊紹介


点字図書


NDC 093
書名 宮古島の民話百選(下)
   「んきゃーん塾」主宰 さどやませいこ監修
巻数 2巻 180ページ
内容 口伝えの文芸といわれる民話(昔話)の発祥は、人類が文字を持たないはるか遠い時代にさかのぼり、その旅路は現代につながっています。由来話や鬼とマズムンの話、幽霊話など全50話。

NDC 097
書名 ウルトラマン「正義の哲学」
著者 神谷 和宏(かみや かずひろ)
巻数 3巻 394ページ
内容 「ウルトラマン」をテキストに、善悪とは何かを考察する講義を再現。「核開発への警鐘」「領土・民族問題」など、シリーズ各作品に内在する“正義への問い”を照射し、作品が伝えたかった「真実の正義」を解き明かす。

NDC 320
書名 児童虐待の防止等に関する法律
   民間あっせん機関による養子縁組の
   あっせんに係る児童の保護等に関する法律
著者 総務省
巻数 1巻 156ページ
内容 平成29年6月21日改正の「児童虐待の防止等に関する法律」、平成28年12月16日公布の「民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに係る児童の保護等に関する法律」を収録。

NDC 320
書名 組織的な犯罪の処罰及び
書名 犯罪収益の規制等に関する法律
著者 総務省
巻数 2巻 280ページ
内容 組織的な犯罪に対する処罰の強化、犯罪による収益の隠匿行為等の処罰、犯罪による収益の没収・追徴の特例等を定めた法律。平成28年6月3日改正。

NDC 493
書名 子を看(み)るとき、子を看取(みと)るとき
   沈黙の命に寄り添って
著者 山崎 光祥(やまざき こうしょう)
巻数 4巻 496ページ
内容 待望のわが子が生死の境に誕生した。一命を取り留めたものの、意識も自発呼吸もない。かけがえのない、しかしぎりぎりの毎日…。父であり新聞記者でもある著者が、娘の闘病、取材で出会った病床の子どもたちと家族の姿を綴る。



デイジー図書


NDC 097
書名 画家正子・R・サマーズの生涯
   沖縄からアメリカ 自由を求めて!
著者 正子・R.サマーズ
時間 7時間45分
内容 4歳の頃、那覇市にあった遊廓に売られた正子・R・サマーズは、沖縄戦に巻き込まれて米軍に保護されたのち、米軍人と結婚。渡米後、画家となった…。本人が英語で書いた手記を日本語訳し、インタビューなどとともに収録する。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2018年7月号
著者 人間医学社薬局
時間 4時間
内容 主張「女性と男性」、高吸収型大豆イソフラボン(10)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 492
書名 鍼灸(しんきゅう)と湯液(とうえき)の症例100選
著者 池田 政一(いけだ まさかず)
時間 8時間45分
内容 逆子、不妊症、顔面神経麻痺、坐骨神経痛とぎっくり腰、発熱、食欲不振、めまいなど、100の症例を取り上げて、主訴、問診、鍼と煎じ薬による治療、考察、余話を収録。治療雑話も掲載する。

NDC 616
書名 千年の田んぼ
書名 古代の謎を追いかけ
著者 石井 里津子(いしい りつこ)
時間 4時間24分
内容 秘境の離島に日本最古の田んぼ? いったい誰が? なんのために? 日本海の荒波の向こうに浮かぶ島、山口県萩市(はぎし)見(み)島(しま)に刻まれた“奇跡の風景”の謎を解く。

NDC 780
書名 パラリンピックを学ぶ
著者 平田 竹男(ひらた たけお)、河合 純一(かわい じゅんいち)、荒井 秀樹(あらい ひでき)
時間 7時間22分
内容 早稲田大学の講義「パラリンピック概論」を書籍化。パラリンピックの歴史、選手の発掘・育成・強化、パラリンピックを支援する企業の取り組み、2020年東京大会に向けての課題や抱負などについて語る。

NDC 783
書名 イチロー積み重ねる言葉100
時間 4時間24分
内容 小さなことを積み重ねることが、とんでもないところにいく唯一の道。前人未踏の 4257安打、MLB通算3000安打を達成した、世界一のヒットメーカー・イチローの歴史を100の言葉でたどる。

NDC 913
書名 きみ、なにがすき?
著者 はせがわ さとみ
時間 39分
内容 あなぐまが、庭で友だちの好きなものをつくりたいと考えます。でも、思いつくものはみんな友だちが持っていて…。友だち思いが空回りするあなぐまが、優しい言葉に救われるお話。

NDC 913
書名 こんぴら狗(いぬ)
著者 今井 恭子(いまい きょうこ)
時間 8時間40分
内容 飼い主・弥生(やよい)の病気が治るようお祈りするため、犬のムツキは江戸から讃岐(さぬき)の金毘羅(こんぴら)さんまでお参りに出され…。ムツキの往復340里の旅路と、道中の出会いや別れを描く。本当にあった風習「こんぴら狗」を基にした歴史物語。

NDC 913
書名 レイナが島にやってきた!
著者 長崎 夏海(ながさき なつみ)
時間 2時間21分
内容 島の4年生は優愛(ゆあ)たち3人だけだったので、女の子が同じ学年に転校してくると聞いて、優愛は楽しみにしていた。でも、その子はちょっと変わっていて…。里子として島にやってきたレイナと島の子どもたちの素敵なお話。

NDC 913
書名 一〇五度(ひゃくごど)
著者 佐藤(さとう) まどか
時間 5時間41分
内容 都内の中高一貫校に編入した、中学3年生の真(しん)は椅子オタク。超中学生級モデラーの梨々(りり)とタッグを組み、プロダクトデザインの登竜門「全国学生チェアデザインコンペ」に挑む…! 椅子デザイナーを目指す少年の、熱い夏の物語。

NDC 933
書名 ぼくとベルさん 友だちは発明王
著者 フィリップ・ロイ
時間 6時間29分
内容 10才の少年エディは読み書きができないために、ほんとうは賢いのに、それを証明することができないでいた。そんなエディは発明家・ベルと出会い…。エディとベルの友情の物語。

NDC 933
書名 最後のオオカミ
著者 マイケル・モーパーゴ
時間 1時間44分
内容 戦争を生きのびた少年・ロビーは、残忍なイギリス軍に追われる。一方、狩りで殺されたオオカミには子供がいて…。孤児であり逃亡者であるという運命で結ばれた、オオカミと少年の友情と別れの物語。

NDC 933
書名 わたしがいどんだ戦い1939年
著者 キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー
時間 9時間46分
内容 1939年。2度目の世界大戦さなかのロンドン。足の悪いエイダは、けんめいに歩く練習をしていた。歩けさえすれば、弟といっしょに疎開できる! 自分らしく生きるために戦う少女と、彼女をあたたかく包む村の人たちを描く。

NDC 956
書名 いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて
著者 フランシーヌ・クリストフ
時間 6時間59分
内容 6歳から12歳まで、ナチスドイツによるユダヤ人迫害(ホロコースト)を経験した著者による手記。平和な生活を奪われ、苛酷な状況に追い込まれていく様子を、子どもならではのまっすぐな視点と透明感のあることばで語る。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2018年7月1日から31日までの集計)

1位 万引き家族    
是枝 裕和著 3巻

2位 決断。全盲のふたりが、家族をつくるとき  
大胡田 誠・大石 亜矢子著 3巻

3位 アキラとあきら
池井戸 潤著 8巻

4位 オレンジデイズ
北川 悦吏子著 5巻

5位 点字技能検定試験の対策 過去問題(第17回)の正答と解説
日本点字技能師協会編 1巻

6位 マスカレード・ホテル
東野 圭吾著 7巻

7位 座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生
桂 歌丸著 3巻

8位 中途視覚障害者のための点字入門
立花 明彦 松谷 詩子著 1巻

9位 点字技能検定試験の対策 過去問題(第18回)の正答と解説
日本点字技能師協会編 1巻

10位 盤上の向日葵
柚月 裕子著 7巻



デイジー図書ベスト10(2018年7月1日から31日までの集計)

1位 げんげ 新・酔いどれ小籐次 10
佐伯 泰英著 7時間17分

2位 iPhone芸人かじがや卓哉のスゴいiPhone   
かじがや卓哉著 6時間30分

3位 万引き家族
是枝 裕和著 5時間35分 

4位 凶犬の眼
柚月 裕子著 9時間14分  

5位 魔力の胎動
東野 圭吾著 9時間20分 

6位 かがみの孤城   
辻村 深月著 13時間59分 

7位 敦盛おくり 新・古着屋総兵衛 第16巻
佐伯 泰英著 7時間53分 

8位 あやかし草紙 三島屋変調百物語五之 続
宮部みゆき著 16時間39分 

9位 マスターしようPC-Talker10のショートカット 基礎編 
ラビット編 2時間48分

10位 次男坊若さま修行中 3 名月の出会い  
千野 隆司著 6時間9分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2018年7月1日から31日までの集計)

1位 万引き家族
是枝 裕和著 5時間35分

2位 魔力の胎動
東野 圭吾著 9時間20分

3位 個人教授
佐藤 正午著 5時間51分

4位 知らないと損する!iPhone超便利テク100
flick!編集部編  6時間51分

5位 悪の戴冠式 
森村 誠一著 6時間59分

6位 報い 警視庁追跡捜査係 [7] 
堂場 瞬一著 11時間20分

7位 最新の睡眠科学が証明する必ず眠れるとっておきの秘訣!
櫻井 武著 4時間51分

8位 クリムゾンの疾走 南アルプス山岳救助隊K-9
樋口 明雄著 10時間12分

9位 終列車
森村 誠一著 8時間23分

10位 浅草の月 渡り辻番人情帖
吉田 雄亮著 6時間37分



6.お知らせ


(1)沖縄点字図書館9月 日曜開館日
9日(日) 開館時間:9時~16時半
ITサポート(要予約)
パソコン関連:9月9日
予約は3日前までによろしくお願い申し上げます。
日曜開館日は図書の貸出・返却など通常の業務も行っております。どうぞご利用下さい。



(2)女性部よりお知らせ
①ヨガ教室

日 時:平成30年9月6日・13日・20日・27日(木)10時~11時
場 所:沖視協3階研修室
持 参:バスタオル
参加費:500円

②ダンス・コーラス
日時:9月16日(日)
場所:沖視協3階研修室
時間:コーラス14時~16時
ダンス16時~17時半



(3)沖縄県網膜色素変性症協会(JRPS沖縄)からのご案内
☆行事名:暗所視支援眼鏡(暗視メガネ)の体験と患者並びに家族の交流会
日時:9月23日(日)14:00~16:00
場所:沖縄視覚障害者福祉センター(沖視協)3階研修室
暗視メガネ体験希望者:弱視者10人(申込必要)
申込先:090―5083―6811(長嶺)
交流会のみの参加者は、申込みは必要ありません。



(4)ミハイ・リティヴォユ ピアノ・リサイタルへのご招待
毎年世界各国の著名な演奏家を日本に招聘し、国際親善交流を目指して、お互いの文化の発展向上を目標に開催されている「国際親善交流特別演奏会 東日本大震災チャリティーコンサート<ルーマニア統一100周年記念>」の無料招待券が日本音楽文化交流協会より届きました。同協会が主催し福岡、横浜、岡山、沖縄で開催。ルーマニア出身のミハイ・リティヴォユ氏のピアノ・リサイタルとなります。この機会に是非、一流の演奏家の生の演奏を身体で感じてください。なお、チケットの受け渡しにつきましては沖視協窓口のみです。

日時:9月11日(火)開場18:00 開演18:30
場所:沖縄コンベンション劇場(宜野湾市志真志4-3-1)
電話:098-898-3000
お話:伊敷聡子
お問合せ:沖視協(098-863-2997)9月7日(金)まで



6.ありがとうございました


事業活動協力金として
山田親幸・時子様 10,000,000円
多額のご寄附ありがとうございます。
衷心よりお礼申し上げます。



7.編集後記


沖視協だより8月号いかがでしたでしょうか。

1978年7月30日午前6時、沖縄県内で一斉に車が左側通行に変わった日から今年で40年が経過しました。当時は小学1年生だったので「車は左、人は右」「730(ナナサンマル)」という言葉の響き、上部に向かう矢印が右側から左側へ変わるデザインをなんとなく記憶している程度ですが「日本一交通安全の県を目指して」とのスローガンが掲げられていたようです。40年経過後、ハイブリッド車や電気自動車、誤発進抑制機能が付いた車両と、車も進化しておりますが交通事故は後を絶ちません。運転する「人」の問題なのでしょうね。
さて「ちゃ~びらさい」で会長よりお知らせがありましたとおり、浮島通りとニューパラダイス通りが接続する国際通り交差点の信号機が停止されています。歩行者用信号機も停止されていますので、浮島通りとニューパラダイス通り出入り口を横断する際には注意して下さい。
  事務局長 玉城和也