【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第339号(平成30年1月発行)


1.年頭のご挨拶


  会長 山田 親幸

明けましておめでとうございます。好天に恵まれた2018年(平成30年)のお正月でしたが、皆様におかれましては希望に満ちた新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は本会設立60周年の関連行事に加え、二つの九盲関連行事を引き受けて職員を大いにきりきり舞いさせてしまいました。それにもかかわらずボランティア・当事者など読者皆様のご協力によって、無事に終えることが出来ました。ここに心から感謝申し上げます。

さて、年頭のご挨拶ですので「今年の抱負」でもと思っておりましたが「点字毎日」12月31日・1月7日合併号」によりますと、今年はいろいろと私たちにとって「節目の年」に当っているようですので、それぞれの歩みを脳裏に刻み込みつつ活動してはどうかとの思いから、皆様にもこれら節目をお伝えする次第です。

(1)1月23日週刊「点字毎日」発行を大阪毎日新聞に働きかけた好本督氏(当時英国にて貿易業)の生誕140年
(2)2月20日普通選挙(衆議院議員)初の点字投票実施から90年
(3)3月16日日盲連初代会長 岩橋武夫氏生誕120周年で、日盲連結成は8月17日で70周年
(4)4月5日全国盲老人福祉施設連絡協議会発足50年
(5)5月20日白杖・盲導犬歩行の法規定(道路交通法改正)から40年
(6)5月24日京都府立盲学校創立140年
(7)パラリンピックの萌芽は1948年7月29日にイギリスのストーク・マンデビル病院で車いす患者によるアーチェリー大会から70年などが挙げられよう。

なお、その他同誌にはプレクストークの発売から20年、日本福祉放送の視覚障害者向け放送開始から30年、てんやく広場開始(サピエの前身)30年が挙げられています。



2.60周年記念式典・祝賀会盛大に開催


去る12月17日、沖視協法人設立60周年記念式典並びに祝賀会を、那覇市内のホテル「かりゆしアーバンリゾート・ナハ」にて開催致しました。

年末、ご多忙の折にもかかわらず、ご来賓の皆さま、協力企業・団体、並びに利用者・ボランティア約300名が出席。

冒頭に行われた式典では、主催者挨拶、表彰、ご来賓の皆さまよりご祝辞が述べられました。永年にわたり、本法人運営にご尽力・御協力いただきました皆さま(個人29、企業・団体7)に山田会長より表彰状並びに感謝状が贈られました。

続いて行われた祝賀会は、白泉会の皆さまによる幕開け演奏、沖縄盲学校三線サークルの皆さんによる余興、そしてしゃかりのミニコンサートで、会場は盛大な祝宴に包まれました。また、沖縄の盲教育・福祉の父 高橋福治先生のご長男 一郎様、お孫さんの哲也様も、遠く宮崎よりご出席され、お祝いに花を添えていただきました。

記念事業開催にあたり、御協力賜りました皆さま、年末のお忙しい中ご出席いただきました多くの皆さまに、衷心より御礼申し上げます。今後とも、役職員一丸となって法人運営に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、60周年記念誌(録音版、点字版)を発刊しております。ご希望の方は沖縄点字図書館(電話098ー866ー0222)までご連絡ください。



3.第71回九州盲人福祉(沖縄県)大会開催のご案内


第71回九州盲人福祉大会を沖縄県で開催いたします。多くのみなさまにご参加いただきますようご案内申し上げます。

日 時
平成30年2月25日(日)12:00~20:30(分科会、代議員総会、懇親会)
平成30年2月26日(月)9:00~12:05(式典、議事、記念講演、閉会行事)

会 場
パシフィックホテル沖縄(那覇市西3丁目6番1号)

会 費
参加費(付添同額)1,500円 懇親会(2月25日)7,000円

締 切
平成30年1月31日(水) *詳しくは担当(上原・福里)まで電話 098ー863ー2997



4.「第26回2018おきなわマラソン」

マッサージ奉仕活動へのご協力願い


沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会との共催で、おきなわマラソンマッサージ奉仕活動を行います。ご多忙の日々とは存じますが、多数のご参加・ご協力をお願い致します。

期  日
2月18日(日)

集合時間
沖視協 午前9時45分(10時送迎バス出発)
現地  午前11時(マッサージ会場)

申 込 先
沖視協事務局  098ー863ー2997(担当 安里)
マッサージ師会 098ー945ー8941

申込締切
2月16日(金)



5.第30回なんぶトリムマラソンご案内


今年で30回目の節目を迎えた、なんぶトリムマラソンが糸満市西崎運動公園で開催されます。毎年多くのランナーをはじめ、視覚に障害をお持ちの方も気軽に参加できる大会になっていますので、この機会に是非、参加をお待ちしております。

開 催 日
平成30年3月18日(日)

場 所
糸満市西崎運動公園

競技種目
①10Kmコース(8:30スタート)②ハーフマラソンコース(8:30スタート)
③5Kmコース(8:50スタート) ④車イスコース(9:50スタート)
⑤3Kmコース(11:15スタート)⑥ファミリーコース(11:40スタート)

参 加 料
大人2,500円
小人(18歳以下及び障害者)1,500円 ※障害者の伴走者は無料

申込受付
平成30年1月9日(火)~2月9日(金) ※当日消印有効

受付場所
インターネット・ローソン・ファミリーマート
郵便振替・南部各市町村・琉球新報社・海邦銀行
沖縄県視覚障害者福祉協会(※視覚障害者のみ)

お問合せ
なんぶトリムマラソン大会実行委員会 098ー963ー8213
沖縄県視覚障害者福祉協会 098ー863ー2997

※特別賞として完走者の中から台湾・高雄国際マラソン、国内マラソン、東京ディズニーランドへ招待します。



6.「19条裁判連絡会沖縄」の設立報告と

「あはき法19条裁判問題学習交流集会」開催のご案内


昨年、10月1日(日)の午前沖視協で標記の会を結成しました。この会の構成団体は、沖縄県視覚障害者福祉協会・沖縄盲学校同窓会・日本あん摩マッサージ指圧師会(沖縄)・日本理療科教員連盟(沖盲)・沖縄県視力障害者の生活と権利を守る会の5団体で、会長に山田親幸氏(沖視協会長)を選任しました。今後、関係団体への参加を広げていきます。

この会は、あん摩・マッサージ・指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律第19条を堅持し私たち視覚障害者の職域を確保して行くことを目的に結成する運びとなりました。

いわゆる19条裁判とは、平成医療学園グループの福島医療専門学校、横浜医療専門学校、平成医療専門学校(大阪市)及び宝塚医療大学(兵庫県)のあん摩マッサージ指圧師学校・養成施設の認定申請を国が非認定としたことを不服として、その取り消しを求める訴訟のことです。この裁判は、2016年7月に仙台地裁・東京地裁・大阪地裁に提訴されてから間もなく3年目に入ります。口頭弁論が開かれるたび、どの地裁も傍聴席を上回る視覚障害者らが結集し裁判を見守っています。

私たちは、裁判で国を支持し裁判を強力に支援する立場から当面、仙台・東京・大阪のそれぞれの地裁裁判官あての要請はがきと署名を集中し、運動を支えるための募金活動を展開しています。皆様のご支援ご協力を切にお願い申し上げます。

いわゆる19条とは、あん摩・マッサージ・指圧業を視覚障害者の職業としての優先権を保証した条項です。19条はあん摩・マッサージ・指圧に係る条項であり鍼灸と柔道整復はこれに抵触しないとの判決が福岡地裁で1998年に出されました。それ以降、鍼灸専門学校や柔整専門学校が急増する中、琉球リハビリテーション学院の柔道整復学科や沖縄統合医療学院も開設されました。今日では、業界での過当競争が起きこれらの学校を出て資格を取得したものの、その資格が生かせる職業につけない資格者も続出しているのが現状です。

私たちは、この裁判に関わることで視覚障害者の社会参加とあはき業界の健全なる繁栄を目指したいと思います。その一環として、下記の学習交流集会を開催しますのでご参加くださいますようご案内いたします。

日 時
2018年1月28日(日)13:00~16:00

場 所

テーマ
あん摩・マッサージ・指圧師養成施設申請非認定取り消し訴訟(いわゆる19条裁判)問題の学習と交流

報告者
東郷 進 氏(全視協あはき委員会担当理事・理教連 前法制部長)
中本 与一 氏(沖盲教諭)

問合せ先
渡嘉敷綏秀(電話070-5819-5298)



7.新刊紹介


点字図書


NDC 090
書名 社会福祉法人沖縄県視覚障害者福祉協会
   法人設立60周年記念誌 あゆみ
巻数 3巻 354ページ
内容 30周年記念誌から一部抜粋した座談会や沖縄の視覚障害福祉のあゆみも掲載。法人設立60周年の今日に繋がる貴重な資料となっている。資料編としてご家族から頂戴した「高橋福治が残したことば」も掲載。

NDC 304
書名 18歳からの選択
   社会に出る前に考えておきたい20のこと
著者 上木原 弘修、横尾 俊成、後藤 寛勝
巻数 4巻 698ページ
内容 選挙権が18歳に引き下げられたことをきっかけに、今後、選択肢が増える若い世代に社会のしくみや構造、問題になっている事柄の背景や論点をコンパクトにまとめて伝える1冊。恋愛や結婚、就職や仕事のことなど身近な話題から、戦争、震災、高齢化、ストレスや鬱についてまで、20代・30代・50代の著者と30代・40代の編集者によって、世代間の多様な見解と各選択のメリット・デメリットを提示し、問題の背景についての用語も解説。

NDC 369
書名 Q&A障害者差別解消法
   わたしたちが活かす解消法みんなでつくる平等社会
著者 野村 茂樹、池原 毅和 編
巻数 4巻 660ページ
内容 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の基本用語、差別解消への仕組み等を概説し、日常生活や社会生活の場面ごとに具体的な問題をQ&Aで解説。

NDC 369
書名 だいじょうぶ!親の離婚
   子どものためのガイドブック
著者 ケント・ウインチェスター、ロベルタ・ベイヤー
巻数 2巻 208ページ
内容 もう一緒に暮らさない、と決めてしまった両親を持つ子どものための本。「“離婚する”ってどういう意味?」「親に会いたくなったらどうしよう?」など、子どもたちが抱く不安や疑問にQ&A形式でやさしく答えます。大人に向けた解説も収録。

NDC 913
書名 西遊後記(さいゆうこうき) 2 芳(ほう)の巻
著者 斉藤 洋(さいとう ひろし)
巻数 2巻 286ページ
内容 このごろ長安の都では、人が次々に消えるという。そんな噂を耳にした孫悟空は、都で天竺から持ち帰った経をこの国の文字に訳している三蔵法師のことが気がかりだった。悟空は、奇妙な事件の真相を突き止めようと長安に向かう…。

NDC 933
書名 アキンボと毒ヘビ
著者 アレグザンダー・マコール・スミス
巻数 1巻 132ページ
内容 ヘビ園の園長をしているおじさんのところへ、手伝いに行くことになったアキンボ。ある日、とても危険な毒ヘビ、グリーンマンバを見かけたという知らせがヘビ園に届き、アキンボとおじさんは猛毒を持つヘビを相手に、息詰まるヘビ狩りを繰り広げます。その帰り道、車の中で休んでいたアキンボに、思いがけないことが…。

NDC 933
書名 あたし、アンバー・ブラウン!
著者 ポーラ・ダンジガー
巻数 1巻 102ページ
内容 小学校3年生のアンバー・ブラウンは、幼稚園からの親友ジャスティンと、小さい頃からなんでも一緒にやってきた。だけど、引っ越すことになったジャスティンは、新しい家のことばかり話して、アンバーのことはもうどうでもいいみたい。二人で1年半かけて作った「チューインガム・ボール」も捨ててしまうと言うし。アンバーはジャスティンに苛立ち、腹を立てて、ついには一言も口をきかなくなってしまいます。



デイジー図書


NDC 098
書名 オールヒラタッタープリーズ
   ああ懐かしのアメリカークトゥバ
著者 宜志 政信(ぎし まさのぶ)
時間 1時間47分
内容 「トゥーバイフォー」「エンピー」「コーヒーシャープ」など、戦後、進駐してきた米軍と接して広がったアメリカークトゥバ43語を著者の体験も交えながらならべ解きました。後半はシーブン(おまけ)で、『蜘蛛の糸』『一房の葡萄』の沖縄語対訳を掲載。

NDC 090
書名 社会福祉法人沖縄県視覚障害者福祉協会
   法人設立60周年記念誌 あゆみ
時間 6時間48分
内容 30周年記念誌から一部抜粋した座談会や沖縄の視覚障害福祉のあゆみも掲載。法人設立60周年の今日に繋がる貴重な資料となっている。資料編としてご家族から頂戴した「高橋福治が残したことば」も掲載。

NDC 108
書名 ホルクハイマー(人と思想108)
著者 小牧 治(こまき おさむ) 
時間 9時間15分
内容 「批判理論」をかかげるフランクフルト学派の中心人物だった哲学者ホルクハイマーの生涯をたどるとともに、彼の弁証法を探究する。

NDC 108
書名 サン=テグジュペリ(人と思想109)
著者 稲垣 直樹(いながき なおき)
時間 7時間29分
内容 パイロットであり、『星の王子さま』の著者としても知られるサン=テグジュペリ。読者をやさしい気持ちで満たしてくれる彼の作品の秘密について探る。

NDC 108
書名 西光 万吉(さいこう まんきち)(人と思想110)
著者 師岡 佑行(もろおか すけゆき)
時間 10時間38分
内容 部落解放を求めて全国水平社の創立につとめ、戦後、不戦世界の建設を説き続けた西光万吉。彼の生涯を明らかにする。

NDC 108
書名 メルロ=ポンティ(人と思想112)
著者 村上 隆夫(むらかみ たかお)
時間 8時間20分
内容 視覚について考え続け、マルクス主義に希望を託して挫折した哲学者メルロ=ポンティ。生まれ育った時代背景から、その著書や思想を幅広く説明する。

NDC 108
書名 オリゲネス(人と思想113)
著者 小高 毅(おだか たけし)
時間 7時間33分
内容 キリスト教神学の揺籃期、神・キリスト・人間との間に織りなされる壮大なドラマともいうべき神学を構築したオリゲネス。不世出の思想家の生涯を描く。

NDC 108
書名 トマス=アクィナス(人と思想114)
著者 稲垣 良典(いながき りょうすけ)
時間 8時間5分
内容 中世の精神文化を代表する作品「神学大全」の著者トマス=アクィナス。同時代人の伝記や、トマスの著作からの引用により、彼の思想の発展と生涯を辿る。

NDC 108
書名 ファラデーとマクスウェル(人と思想115)
著者 後藤 憲一(けんいち)
時間 7時間33分
内容 電気磁気の法則を見いだし、電気と電波の利用の道を拓いたファラデーとマクスウェル。彼らの生涯をたどりつつ、その偉業を紹介する。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2017年12月号
著者 人間医学社薬局
時間 4時間15分
内容 主張「時間制限食」、風土と医療、がん徒然日記(13)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 540
書名 電気は誰のものか 電気の事件史
著者 田中 聡(たなか さとし)
時間 9時間35分
内容 電気を制するものは、社会も制する? 長野県の赤穂騒擾事件、全国各地に吹き荒れた電気料金値下げをめぐる電灯争議、漏電火災への恐怖をあおる広報合戦…。電気事業黎明期にさまざまに発生した電気の事件簿。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2017年12月1日から31日までの集計)

1位 キミの目が覚めたなら 8年越しの花嫁    
中原 尚志、中原 麻衣著 2巻

2位 脊柱管狭窄症は自分で治せる! “腰の激痛”“足のしびれ”がみるみる改善 
酒井慎太郎著 2巻

3位 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命
林宏司脚本 4巻

4位 耳がよく聞こえる!ようになる本 自分で聴力を回復する正しい方法
中川 雅文著 2巻

5位 盲導犬ハンドブック
松井 進著 2巻

6位 わたしを離さないで
カズオ・イシグロ著 6巻

7位 九十歳。何がめでたい
佐藤 愛子著 2巻

8位 日の名残り
カズオ・イシグロ著 5巻

9位 犬がくれた「ありがとう」の涙 ある保護犬ボランティアの手記 
篠原 淳美著 3巻

10位 オムライスの秘密メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり
澁川 祐子著 4巻



デイジー図書ベスト10(2017年11月1日から31日までの集計)

1位 紙のピアノ
新堂 冬樹著 12時間43分

2位 孤道 [浅見光彦シリーズ]   
内田 康夫著 8時間49分

3位 騒ぎ屋始末 隠居右善江戸を走る 3
喜安 幸夫著 6時間48分 

4位 秋霧 山岳サスペンス
大倉 崇裕著 9時間26分  

5位 盤上の向日葵
柚月 裕子著 13時間51分 

6位 島抜けの女 鎌倉河岸捕物控 31の巻   
佐伯 泰英著 6時間56分 

7位 キミの目が覚めたなら 8年越しの花嫁
中原 尚志、中原 麻衣著 3時間53分 

8位 愛憎のメス 外科医・津山慶子シリーズ
門田 泰明著 8時間11分 

9位 ワルツを踊ろう 
中山 七里著 8時間52分

10位 青い服の女 新・御宿かわせみ[7]  
平岩 弓枝著 5時間19分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2017年12月1日から31日までの集計)

1位 マスカレード・ナイト
東野 圭吾著 14時間10分

2位 愛憎のメス 外科医・津山慶子シリーズ 
門田 泰明著 8時間11分

3位 真夏の雷管 
佐々木 譲著 9時間50分

4位 島抜けの女 鎌倉河岸捕物控 31の巻
佐伯 泰英著 6時間56分

5位 盤上の向日葵 
柚月 裕子著 13時間51分

6位 旭日の代紋 
鳴海 章著 9時間41分

7位 花咲舞が黙ってない
池井戸 潤著 10時間48分

8位 陸王
池井戸 潤著 16時間27分

9位 草笛物語
葉室 麟著 6時間41分

10位 健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック その薬、飲む必要がありますか?     
大櫛 陽一著  5時間2分



8.お知らせ


(1)沖縄点字図書館1月 日曜開館日
4日(日)開館時間:9時~16時半
☆ITサポート(要予約)パソコン関連
☆予約は3日前までによろしくお願い申し上げます。
☆日曜開館日は図書の貸出・返却など通常業務も行っております。どうぞご利用下さい。



(2)女性部よりお知らせ
①ダンス・コーラス教室
日 時:平成30年2月18日(日)13~14時(女性部 理事会)14~16時(コーラス)16~17時半(ダンス)
場 所:沖視協3階研修室

②ヨガ教室
日 時:平成30年2月1日・8日・15日・22日(毎週木曜日)10時~11時
場  所:沖視協3階研修室
持  参:バスタオル
参加費:1回500円

③日舞教室
日 時:平成30年2月13日・20日(第1・2火曜日)11時~12時
参 加 費:1回500円
場  所:沖視協3階 研修室(9日)沖視協3階 訓練室(16日)
持  参:着物を持っている方に関しては着用可



(3)「カラーコーディネート」教室のお知らせ
平成29年度 女性部 日常生活訓練「カラーコーディネート」教室が下記のとおりあります。自分の色を見つけてみませんか!ご参加をお待ちしております。
講 師:新垣(しんがき)ひとみ先生
日 時:平成30年2月27日(火)14時~16時
場 所:沖視協3階研修室
定 員:5名(申し込みが多い場合は抽選)
締め切り:平成30年2月13日(火)
申 込 先:098ー863ー2997(事務局:上原・宮城)



(4)「さんしんの日」のお知らせ
皆さま、お待ちかねの「ゆかる日・まさる日・さんしんの日」が今年もやってまいりました。お誘い合わせのうえ大勢の方のご参加をお待ちしております。
日  時:平成30年3月4日(日)11時半~15時
場  所:沖視協3F研修室
会  費:1,000円(弁当・飲み物・ホール代)
申 込 先:若松会・恩納皓全 090ー5932ー5292
申込締切:平成30年2月28日(水)



(5)沖縄県網膜色素変性症協会からのお知らせ
行 事 名:新年カラオケ親睦交流会
日 時:2018年2月10日(土)12時~15時
場 所:ホテル山の内(那覇市牧志 国際通沿い)
会 費:未定
申込期間:平成30年1月24日(水)~1月31日(水)
連 絡 先:090-5083-6811(長嶺)



9.ありがとうございました


「社会福祉法人設立60周年記念事業寄附金」のご報告。
ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

・一般寄附(法人)
金秀グループ 87,000円 

・60周年記念式典寄附金
<企業5件580,335円>
指定訪問介護センターシャローム10,000円 新田恭子税理士事務所50,000円
沖縄県社会福祉協議会3,000円 株式会社かりゆし10,000円
西原町身体障害者協会視覚部 507,335円

<個人21名186,000円>
高橋一郎 50,000円
・盲導犬使用者育成事業
加屋本善文(かやもとよしふみ)10,000円



10.編集後記


「沖視協だより」1月号いかがでしたでしょうか。

2018年(戌年)あけましておめでとうございます。皆さまには輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

さて、紙面でもご紹介のとおり、昨年、沖視協は法人設立60周年の節目を迎えました。生誕60年、沖視協も還暦を迎えたことになります。年末の慌ただしい中ではございましたが、多くの皆さまと共にお祝いできましたことを大変うれしく思っております。

年も新たに、70周年、80周年に向けて、気を引き締めて法人運営に努めてまいります。本年もよろしくお願い申し上げます。

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。