【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第337号(平成29年11月発行)


1.高橋福治先生を偲ぶ会 報告


  大城 まゆみ・島袋 恵

平成29年10月25日(水)10時から、「高橋福治先生偲ぶ会」を日本基督教団「沖縄教区霊園」にて執り行いました。

今年は26名のご参加を頂き、昨年同様、那覇バプテスト教会の大浜英樹牧師に司式をお願いし、進行していただきました。大浜牧師の奥様によるキーボード伴奏で聖歌や高橋福治先生の作詞・作曲された「3月あそび」「名残の雨」を参加者全員で歌いました。

秋風が心地よく、和やかな偲ぶ会となりました。参加された皆さま、ありがとうございました。



2.「文芸教室」3年を思い起こして


  会長 山田 親幸

私は以前から、視覚障害者は他の障害に比してどちらかというと「体制的で自己主張しないおとなしい人々」と思って来ました。「面と向かって言葉で主張することはあっても、新聞等への投稿寄稿が少ないのでは」ということです。点字と墨字という風に使用文字の相違することが主な原因と思われます。加えて私たちは表意文字世界にいるからに違いありません。そこで私は、我が国の伝統である字数少ないが、思いや情景などを伝える川柳・俳句・短歌(和歌)・自由詩(長歌)の存在に気付き、これらに親しめればとの想いから、私自身が10万円の宝くじに当ったのを機会にスタートさせた訳です。但し、これらを大きく括って「文芸教室」と銘打ったのは、当時の「沖視協だより」編集委員のアイディアです。

まず初年次は、俳句・短歌・自由詩・川柳の他に、戦後70年となっているところから、にわかにマスコミや県や浦添市などが大きく取り上げるようになっていた「障害者の戦争体験」それから既に琴・三線・太鼓・横笛は私たちの仲間にも知られていて上手な奏者もいますが、少し馴染みの薄い沖縄音楽で用いられる、3枚の板で構成される小型の打楽器の三板(サンバ)を加え、合わせて六分野にわたって実施しました。短歌は歌集を出している当事者の砂川光子さん、俳句は当会の職員でもあり副会長にも付かれたことのある句集「浜木綿」を発行された宮城良治さん、自由詩は同じく詩集を発行されている元沖盲教諭の新城兵一氏を講師に招いて実施し、2名の参加だった川柳以外は何とか格好の付いた教室となったのではと思っています。そして2年次は、役割を終えたであろう戦争体験、参加のもっとも少なかった川柳、参加最多数で惜しいとは思ったが三板を除いた三つのジャンルを実施して3年次の本年度教室を迎えた次第です。

振り返るに、(1)2年次からは県の委託事業教室として加えてもらえた。(2)三板の杉本信夫先生、短歌選者の比嘉美智子先生、自由詩の佐々木薫先生と山之口獏賞受賞者の久貝清次氏を講師に招き、沖視協並びに沖視協だより読者に大きく近付けた。(3)そういった方々の作品を、点訳・音訳して蔵書に加えることが出来た。(4)最後に私の願いですが今後は文化活動に接し、ひいては担い手づくりに寄与する図書館事業に位置付けて欲しいと言うことです。



3.平成29年度 第63回全国盲女性研修会(群馬県大会)の報告


  當山 由美子

平成29年9月5日(火)~7日(木)群馬県で標記研修会が開催され、沖縄県から當山由美子、沖視協職員 上原清美の2人が参加しました。

1日目は代表者会議が行われ、福岡市の小山田部長とともに参加しました。この中で特に多かった議題が「スーパーのセルフレジ」に関してで、店員が対応するレジ等も残してほしいという要望でした。

2日目はレポート発表・意見交換がおこなわれ、各ブロック代表9名の方から発表がありました。賞味期限・消費期限の記載を視覚障害者にも見やすい大きさにしてほしい等、研修レポートの発表。その他、助言者のおひとりでもある三菱電機株式会社の方から三菱商品の家電製品をはじめ新機器の製造にあたって「音声のみで操作出来る製品」の紹介がありました。

3日目は代表者会議報告が行われ、3日間にわたる研修会を終えました。他県参加者と情報交換・意見交換もでき有意義な研修会でした。



4.第16回全国視覚障害者ボウリング大会報告


  多和田 真助

今年16回目を数える全国視覚障害者ボウリング大会は、去る10月7日(土)8日(日)の両日、東京都新宿区在のシチズン・ボウリング場を主会場に開催されました。

大会は、全国から35名の選手が参加、1日目個人戦、2日目ダブルス戦の日程で行われ、沖縄県からは選手4名(多和田まき、比嘉一盛、多和田真助、知花光英)、競技補助員2名(伊佐由香里、島袋恵)の計6名が参加し、個人戦・銀1銅1。ダブルス金メダルの計3個を獲得。

なお、今年の大会からインターネットによる完全生中継が行われるようになりました。 以下、各選手の成績です。

・個人戦(6ゲームトータル)
知花 光英 B1クラス男子(視力0) 9位 515点
比嘉 一盛 B2クラス男子(視力0.03以下) 2位 1,175点
多和田真助 B2クラス男子(視力0.03以下) 13位 839点
多和田まき B3クラス女子(視力0.04以上) 3位 1,095点

・ダブルス(2名・6ゲームトータル)
比嘉 一盛・多和田真助 1位 2,197点
多和田まき・知花 光英 10位 1,556点

☆沖視協ボウルでは、現在会員を募集しております。視覚障害者のみならず、ボウリングがお好きな方ならどなたでも参加できます。どうぞお誘い合わせ下さい。

活動日:毎月第4水曜日 19時30分スタート
場所:小禄ボウリング場
詳しくは、沖視協 電話098-863-2997 担当:伊佐由香里



5.第33回NAHAマラソンマッサージ奉仕活動へのご協力お願い


沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会との共催で、NAHAマラソンマッサージ奉仕活動を行います。師走、ご多忙のことと存じますが、一人でも多くのご参加・ご協力をお願い致します。

期  日
平成29年12月3日(日)

集合時間
沖視協10時(10時半送迎バス出発) 現 地11時(マッサージ会場)

申 込 先
沖視協事務局 098ー863ー2997(担当 安里) マッサージ師会 098ー945ー8941

申込締切
平成29年12月1日(金)



6.新刊紹介


点字図書


NDC 070
書名 発信力の育てかた
   ジャーナリストが教える「伝える」レッスン
著者 外岡 秀俊(そとおか ひでとし)
巻数 2巻 266ページ
内容 ツイッター、ブログ、YouTubeなどを通じて、誰もが不特定多数に向けて発信できる機会が増えています。「伝える技術」ばかりでなく、「伝えるべき中身」を豊かなものにするための情報収集術・取材術・編集術・発信術を元・朝日新聞の記者が、世界とつながるための「伝える力」の身につけ方をわかりやすく伝授します。

NDC 091
書名 あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法
著者 金城 幸政(きんじょう ゆきまさ)
巻数 3巻 438ページ
内容 素晴らしい人間になりたがる人は神さまをしらけさせる、力みをともなう願いはかなわない、母親承認が人間関係のカギを握る…。沖縄の「人生を変えるスピリチュアル講師」が、悩みを解決する方法を教える。

NDC 911
書名 中島みゆき全歌集 2004-2015
著者 中島(なかじま) みゆき
巻数 3巻 402ページ
内容 「麦の唄(うた)」「宙(そら)船(ふね)」「荒野より」「愛だけを残せ」などのヒットソング、アルバム「組曲(Suite)」など、2004年~2015年に発表された全曲を収録した、中島みゆきの歌詞集第3弾。書き下ろしエッセイ付き。

NDC 943
書名 世界一の三人きょうだい
著者 メプス グードルン
巻数 1巻 146ページ
内容 マキシは小学三年生の女の子。パパとママが出かける一週間、まだおむつのとれない弟と二人で、一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのアパートで暮らすことになった。お兄ちゃんと一緒に大学の講義を受けたり、コインランドリーに行ったりと初めてのことばかり。いろんなことが楽しくて、毎日が冒険みたい!なかよし三人きょうだいの、てんやわんやな一週間。



デイジー図書


NDC 212
書名 東北は国のまほろば
   日高見国(ひたかみのくに)の面影
著者 中津 攸子(なかつ ゆうこ)
時間 9時間43分
内容 貞観(じょうがん)の大地震、膨大な産出量を誇った黄金の存在、日本刀の原点・蕨(わらび)手刀(てとう)、安東(あんどう)水軍のルーツ…。「日高見国(ひたかみのくに)」と呼ばれていた東北の歴史を掘り起こし、日本史に新たな光を当てる。

NDC 304
書名 バカの壁
著者 養老 孟司(ようろう たけし)
時間 4時間27分
内容 イタズラ小僧と父親。イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2017年10月号
著者 人間医学社薬局 
時間 3時間56分
内容 主張「老化とガン予防」、ホルモンとアルツハイマー病(上)、がん徒然日記(11)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 596
書名 フランス人の40歳からの生きる姿勢
著者 ミレイユ・ジュリアーノ
時間 6時間24分
内容 年を重ねるとは、スタイルを作ること-。米国で最も有名なフランス人である著者が、老化に対する姿勢と分野別の対処法を紹介します。身も心も10歳若返るコツが満載。

NDC 913
書名 コハルノートへおかえり
著者 石井 颯良(いしい そら)
時間 6時間20分
内容 親友との喧嘩で最悪な気分だった小梅を救ってくれたのは、優しい香りをまとう男性、澄(すみ)礼(れ)だった。彼に導かれた先は、ハーブとアロマのお店コハルノート。小梅は親友とのトラブルを相談するが…。香りにまつわる謎解き物語。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2017年10月1日から31日までの集計)

1位 わたしを離さないで    
カズオ・イシグロ著 6巻

2位 君の膵臓をたべたい 
住野 よる著 4巻

3位 影裏
沼田 真佑著 1巻

4位 中途視覚障害者のための点字入門 付属資料(音声デイジーCD)
立花 明彦,松谷 詩子著 1巻

5位 脊柱管狭窄症は自分で治せる!“腰の激痛”“足のしびれ”がみるみる改善
酒井慎太郎著 2巻

6位 見えなくても使えるiPhone VoiceOverでの操作解説(iOS 10編)
品川 博之著 3巻

7位 危険なビーナス
東野 圭吾著 6巻

8位 死の国からのバトン
松谷みよ子著 3巻

9位 陸王 
池井戸 潤著 11巻

10位 今日すべきことを精一杯!105歳の医師の原点
日野原重明著 2巻



デイジー図書ベスト10(2017年10月1日から31日までの集計)

1位 日の名残り
カズオ・イシグロ著 11時間2分

2位 黄砂の籠城 上   
松岡 圭祐著 8時間28分

3位 あきない世傳 金と銀 4 貫流篇
高田 郁著 6時間3分 

4位 わたしを離さないで
カズオ・イシグロ著 12時間40分  

5位 わたしたちが孤児だったころ
カズオ・イシグロ著 16時間44分 

6位 恨み残さじ 空也十番勝負 青春篇   
佐伯 泰英著 7時間6分 

7位 山猫珈琲 上
湊 かなえ著 5時間59分 

8位 赤鬚の乱 剣客大名柳生俊平 2
麻倉 一矢著 6時間13分 

9位 油堀の女 剣客船頭 16 
稲葉 稔著 6時間46分

10位 浮世の画家  
カズオ・イシグロ著 11時間56分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2017年10月1日から31日までの集計)

1位 わたしを離さないで
カズオ・イシグロ著 12時間40分

2位 日の名残り
カズオ・イシグロ著 11時間2分

3位 恨み残さじ 空也十番勝負 青春篇 
佐伯 泰英著 7時間6分

4位 面白くて眠れなくなる解剖学
坂井 建雄著 5時間31分

5位 変幻 
今野 敏著 6時間56分

6位 忘れられた巨人 
カズオ・イシグロ著 14時間21分

7位 常備菜 2 冷蔵庫から出してすぐにおいしい、ごはんに、お弁当に役立つ、作りおきおかず 111
飛田 和緒著 3時間30分

8位 毒出しうがい 歯科医が考案 歯周病と口臭を防ぎ、病気まで遠ざけるすごい健康法
照山 裕子著 2時間43分

9位 ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野 圭吾著 12時間3分

10位 霧しぐれ 浦之助手留帳    
六道 慧著  9時間29分



7.お知らせ


(1)休館のお知らせ
12月17日(日)は法人設立60周年記念式典・祝賀会のため、沖縄視覚障害者福祉センターは休館となります。



(2)沖縄点字図書館12月日曜休館のお知らせ
12月の日曜業務は、沖視協行事開催のため、お休みさせていただきます。ご了承ください。



(3)沖視協利用者忘年会(ラジオ沖縄チャリティ・ミュージックソン) ~私のオススメ☆プレゼント交換!歌って♪のど自慢!~
日  時:12月24日(日)12:00~16:00(受付11:30)
会  費:2,000円 と500円分プレゼント持込み(付添同額)
*カラオケリース料・弁当・お菓子・景品・飲物代含む。
場  所:沖縄視覚障害者福祉センター 3階研修室
定  員:40名
申込受付:12月4日(月)から(定員に達し次第締切)
※今回は趣向を変えて、利用者さん同士でプレゼント交換を計画しています。ご参加の方は各自、500円分のプレゼントを御用意の上ご参加下さい。
申 込 先:沖視協事務局 電話(098ー863ー2997)



(4)第10回音声ガイド付き映画鑑賞会について
日  時:平成29年12月1日(金)14:00~16:30
場  所:沖縄視覚障害者福祉センター 3階研修室
タイトル:「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年公開)上映時間133分
【ストーリー】 昭和33年春、東京の下町、夕日町三丁目にある鈴木オート。そこに集団就職列車に乗って青森から集団就職で六子(むつこ)がやってくる。六(ろく)ちゃんと親しまれるが、実は大企業に就職できるかと期待していた六子は、小さくて古臭い下町工場の鈴木オートに内心がっかりしていた。その向かいにある駄菓子屋「茶川商店」の主人・茶川竜之介は小説家。茶川は居酒屋「やまふじ」の美人店主・石崎ヒロミから見ず知らずの子供・古行淳之介を酔った勢いで預かってしまう。帰すに帰せず、二人の共同生活が始まる。
【監  督】山崎 貴
【キャスト】吉岡秀隆(茶川竜之介)、堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、須賀健太(古行淳之介)、三浦友和(宅間史郎)、麻木久仁子(宅間の妻) 他
※席の用意がございますので、参加ご希望の方は11月30日(木)までに沖縄点字図書館(電話 098-866-0222)までご連絡下さい。



(5)女性部よりお知らせ
①ダンス・コーラス教室
12月のダンス・コーラス教室はお休みになります。
②ヨガ教室
日時:12月7日・14日・21日 毎週木曜日10時開催
場  所:沖視協3階研修室
持  参:バスタオル
参加費:1回500円

③日舞教室
日時:12月12日・19日 第2・3火曜日 10時半~12時
参 加 費:1回500円
場  所:沖視協3階 研修室(12日);訓練室(19日)
持  参:着物を持っている方に関しては着用可



(6)第2回大城加津美ソプラノリサイタル ~風よ空よ~
沖縄市在住の声楽家・大城加津美さんのソプラノリサイタル第2回の今回は、マリンバに平良むつ子氏、ピアノ伴奏に眞喜志麻紀氏をお迎えします。
日時:平成29年12月6日(水) 18:30会場  19:00開演
会場:うるま市民芸術劇場 響ホール うるま市字仲嶺175 電話 098ー973ー4400
料金:2,000円(一般)、1,000円(学生・障がい者・お付添一人)
お問合せ:080ー2705ー6788(大城)
プログラム:荒城の月(滝廉太郎)、この道(山田耕作)、なんた浜(宮良長包)他 ※チケットは沖視協事務局で預かっています。



(7)視覚に障害のある高齢者に優しい施設
うるま市在の具志川厚生園の一部を改修し、視覚に障害のある高齢者も生活しやすい施設になりました。
詳しくは、お住いの市町村、県高齢者福祉介護課へお問合せ下さい。
問合せ:沖縄県高齢者福祉介護課 電話 098ー866ー2214



6.ありがとうございました


「社会福祉法人設立60周年記念事業寄附金」のご報告。
ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

<個人>
17件 85,000円

<企業>
20件 714,010円

琉球海運グループ(以下11社) 100,000円
琉球海運株式会社
沖縄港運株式会社
宮古港運株式会社
八重山港運株式会社
沖縄荷役サービス(株)
株式会社沖縄急送
株式会社沖縄輸送サービス
株式会社九州輸送サービス
株式会社きょうはい
湧川運輸株式会社
国際運輸株式会社
JA3社 100,000円
JA沖縄中央会
JAおきなわ
JA共済連沖縄
株式会社沖電工 30,000円
パシフィックホテル観光産業株式会社 50,000円
株式会社佐久本工機 30,000円
石垣市視覚障害者福祉協会 10,000円
全日本港湾労働組合沖縄地方本部 10,000円
沖縄電力労働組合 6,000円
平良クリニック 10,000円
沖縄氣鍼法会 5,000円
株式会社鉢嶺時計店 10,000円
沖縄経済同友会 50,000円
医療法人球陽会 海邦病院 20,000円
愛・Eyeコンサート実行委員会 33,000円
全駐労沖縄地区本部 5,000円
赤十字職員一同 55,100円
日本郵便(株)沖縄支社社員一同 99,910円
オキコ株式会社 10,000円
沖縄バス株式会社 30,000円
那覇商工会議所 50,000円



9.編集後記


「沖視協だより」11月号いかがでしたでしょうか

早いもので、今年も残すところ一月余りとなりました。気が付けば、街角ではクリスマスソングが流れ、我が事務所でも年賀はがきや戌年カレンダーの製作など、年末の足音は駆け足のようです。師走に入りますと、その足音も更に加速し、今年もあっという間に終わってしまうのかと、改めて月日の流れの早さを実感しております。

さて、既にご案内申し上げております沖視協法人設立60周年記念式典・祝賀会、多数のお申し込みありがとうございました。皆さまと共にお祝いできますことを心より楽しみにしております。

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。