【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第317号(平成28年3月発行)


1.第69回九州盲人福祉(熊本)大会参加報告


  会長 山田 親幸

去る2月14日・15日の両日、第69回九州盲人福祉大会が熊本県で開催され、会長の山田・女性部より當山由美子部長・仲村宮子・那覇市視覚部より松井美智代、玉城事務局長と点字図書館の知花館長と職員の島袋に伴われて参加した。会期中理事会・各県から提出された協議題を話し合う3つの分科会・代議員総会・大会式典などが執り行われた。今回は趣を変えて4つのスローガンと8項目の決議文を紹介した上で他の参加者からのコメントを織り込んで報告としたい。

『大会スローガン』
目指そう 安心・安全社会と楽しい老後!
実現しよう 情報バリアのない社会!
守り抜こう 世界に誇れる視覚障がい者あはき業!
絶対実現 鍼灸療養費の医科併療を!

『大会決議』
1.テレビ放送における臨時ニュースやその他の字幕が適切に読み上げられるよう要望する。
2.補装具・日常生活用具がそれぞれのニーズに応じ、自治体間の格差なく支給されることを要望する。
3.各種手続きや施設利用等について、合理的配慮が十分行われるように要望する。
4.同行援護事業が地域の格差なく十分提供されること、通勤・通学にも適用されることを要望する。
5.鍼灸の療養費が医療機関の治療と並行していても支給されるよう要望する。
6.あはき自営業者にもヒューマンアシスタントの利用が認められるよう要望する。
7.無資格者対策の強化と柔道整復師等における不正請求の根絶を要望する。
8.医療機関におけるマッサージの診療報酬が適切に引き上げられるよう要望する。

報告は以上ですが、新年度の第69回全国盲人福祉大会は、5月20日より22日までの3日間、本州の北端青森県で開催を予定されておりますが、旅行仕立てで行きたい方は山田までご一報を。



職業対策部会

  女性部 當山 由美子

沖縄の提出議題として「自営業者にもヒューマンアシスタント制度が利用できるよう要望する。」福岡、長崎からも同様の議題が出されていました。話し合いの中で、ヒューマンアシスタントの制度にたよるのではなく、自営業に対して事務代行の制度を新設してほしいとの要望が出ました。



体育部会

  知花 光英

体育部会では、九盲連主催のSTT大会、及びグランドソフトボール大会について議題審議された。STT大会については、「個人戦女子の出場枠を各団体2名を3名に改めてもらいたい。」また、グランドソフトボールについては、「団体によっては、単独チームを構成する事が困難な団体がある。将来の九盲連グランドソフトボール大会の継続・発展の為、合同チーム又は他の団体からの補強選手としての参加を認めてもらいたい。」との承認がそれぞれなされ、6月の九盲連理事会に諮るよう要望した。



2.「おきなわマラソンに参加して」


  石川 宏明

去る2月21日(日)に、県総合運動公園を発着点として、第24回2016おきなわマラソンが開かれました。当日は、天気にも恵まれ、走るには気持ちのいい日和の中、10kmコース、フルマラソン合わせて1万3千人余りのランナーが参加しました。今年もマラソン主催者側より鍼灸マッサージの施術の依頼があり、奉仕活動に参加してきました。当日は、10時に沖視協より会場向けに送迎バスが出発しました。11時頃に会場に到着。施術が行われる体育館に行くと、すでにマットやタオルが配置されランナーを受け入れる準備が整っていました。2~30分もすると、10kmコースに参加したランナーがマッサージにきました。1時前になると、フルマラソンを終えたランナーも入ってきて、施術コーナーも受け付け待ちのランナーが多くなってきました。「毎年、マッサージを楽しみにしているよ。」と話すランナーや、「今年はやっとマッサージが受けられる。」と笑顔で話すランナー達を見ていると、しっかり体をほぐしてあげたいという気持ちになりました。

私がマッサージしたあるランナーは、「普段は近くの整体に行っているが、こんな風にやってほしい所をしっかりやってもらえない。」という話から、マッサージの資格の話をしたり、またマッサージだけでなく、鍼施術を希望するランナーもいたりと、あはきのいいPRになったのではないかと思います。そして、受け付けは3時過ぎに締め切りましたが、沖視協の職員やボランティアの方々の誘導や協力があって、  500名近いランナーをスムーズに施術する事ができました。今回の活動で参加された先生方、サポートしてくれた方々、本当にお疲れさまでした。     



3.平成27年度音の出る信号機設置箇所報告


平成27年度県内各地にて音の出る信号機設置した19箇所を報告致します。

1.久場川団地前(那覇市首里)
2.那覇高校西(那覇市松尾)
3.伊集(中城村字伊集)
4.北谷町グラウンド(南)(北谷町字桑江)
5.北谷第二小学校(東)(北谷町字桑江)
6.県道6号線(読谷村波平)
7.宮里4丁目(北)(名護市宮里)
8.イーグルパチンコ前(名護市宮里)
9.今帰仁小中学校(今帰仁村字越地)
10.下里(北)(宮古島市平良字下里)
11.ガングル北(宮古島市平良字下里)
12.平良港(宮古島市平良字西里)
13.平良港入口(宮古島市平良字西里)
14.平良市公設市場(宮古島市平良字下里)
15.宮古農林高校東(宮古島市平良字下里)
16.名嘉地(北)給油所前(豊見城市字名嘉地)
17.南部農林高校(豊見城市字長堂)
18.津嘉山(西)(南風原町字津嘉山)
19.豊見城団地(豊見城市平良)



4.新刊紹介


点字図書


NDC 159
書名 道は開ける 決定版カーネギー
   あらゆる悩みから自由になる方法
著者 D・カーネギー
巻数 4巻 452ページ
内容 ほんの少しの行動で、人生は劇的に変わる。誰もが直面する不安や悩みを克服するための実践的方法を紹介する。歴史的名作の新訳決定版。

NDC 188
書名 「あかん人」なんて絶対いない
   型破り尼さんの“ヘコんだ心”に効く説法
著者 村瀬 明道尼(むらせ みょうどうに)
巻数 2巻 310ページ
内容 「精進料理の明道尼」としてその名を広く知られる村瀬明道尼は、9歳で仏門に入り、39歳のときの交通事故で右手右脚の自由を失った。自らの経験をもとに、人生の壁を乗り越えるヒントを伝える。

NDC 366
書名 幸せな職場のつくり方
   障がい者雇用で輝く52の物語
著者 坂本 光司(さかもと こうじ)
巻数 4巻 630ページ
内容 障がい者雇用に尽力している企業52社のエピソードを紹介し、地域や医療保健福祉と連携し、業績を上げながら障がい者雇用を成功させたコツを呈示する。

NDC 519
書名 患者さんが教えてくれた
   水俣病と原田正純(はらだ まさずみ)先生
著者 外尾 誠(ほかお まこと)
巻数 1巻 166ページ
内容 「水俣病」という公害病に一生をかけて向き合った医師、原田正純先生。先生は水俣病患者の家に通って診察を続けるうちに、認定されているよりもはるかに多くの人が同じ症状で苦しんでいることに気づきます。胎児性水俣病を発見し、亡くなる直前まで患者を支え続けた医師の半生を伝えます。

NDC 913
書名 カフェかもめ亭
著者 村山 早紀(むらやま さき)
巻数 4巻 580ページ
内容 ようこそ、私のお店へ。とっておきのお茶とともに、不思議なお話などいかがでしょう――あじさいの咲く屋敷で少年が過ごした白昼夢のような時間(「万華鏡の庭」)など、珠玉の8作品を集めた連作短編集。好評シリーズ『コンビニたそがれ堂』の姉妹編。

NDC 913
書名 猫ダンジョン荒神(こうじん)
著者 笙野 頼子(しょうの よりこ)
巻数 3巻 448ページ
内容 死は生に裏返るでんぐりこ-。てんかん、認知症、脊椎湾曲。でも猫はよく食べ、よく甘え、自分で動けた。だが、いつかは…。世界の片隅で猫愛を生きる幸福介護の日々を描く。『すばる』掲載作品を単行本化。

NDC 933
書名 ねじれた文字、ねじれた路(みち)
著者 トム・フランクリン
巻数 6巻 860ページ
内容 少女失踪事件への関与を疑われ、孤独に暮らす自動車整備士のラリーは、あるきっかけで疎遠になった少年時代の親友、治安官のサイラスと再会する。町で新たに起きた失踪事件が、過去から目を背けてきたふたりの運命を変え…。



デイジー図書


NDC 094
書名 沖縄の食材・料理
著者 仲本玲子(なかもと れいこ)・小畑耕行(おばた たかゆき)
時間 4時間51分
内容 沖縄の伝統料理は先人の智恵、調理の方法、食品の組み合わせなどにより、栄養学的に理にかなっていると言われる。沖縄の食文化や時代背景、素材の効能について、エピソードを交えながら紹介した、実用的な沖縄学の集大成。

NDC 289
書名 淀川長治
   私の映画遺言(人間の記録176)
著者 淀川 長治(よどがわ ながはる)
時間 7時間28分
内容 独特の語り口調で多くの映画ファンに親しまれた映画解説者である著者が、大正・昭和初期の映画黄金時代を、記憶も鮮やかに生き生きと語りつくす。

NDC 289
書名 石津謙介
   石津謙介
   いつもゼロからの出発だった(人間の記録177)
著者 石津 謙介(いしず けんすけ) 
時間 3時間45分
内容 学生服しか知らなかった若者にオシャレの楽しみを教え、戦後の紳士服のスタイルを変えた服飾デザイナーである著者が、自らの人生を振り返る。

NDC 289
書名 大宅壮一
   自伝(人間の記録179)
著者 大宅 壮一(おおや そういち)
時間 4時間31分
内容 軽妙な語り口で人物、世相を鋭く捉え、評論家・ノンフィクション作家として活躍した著者が、多くのジャーナリストを育成した生涯を振り返る。

NDC 312
書名 日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る
著者 副島 隆彦(そえじま たかひこ)
時間 9時間16分
内容 日本を戦争態勢に動かすすべての企ては、アメリカによって綿密に設計され、着実に実行されていく。日本に押し寄せる近未来の災難に対して、あらかじめの警戒心と対応能力を持てるように、世界の最新情報を伝える。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2016年2月号
著者 人間医学社薬局
時間 3時間51分
内容 主張「思い込み」、誤嚥性肺炎(上)、蟻のパワー(薬局の窓・112)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 613
書名 農家が教える微生物パワーとことん活用読本
著者 農文協(のうぶんきょう) 編
時間 9時間53分
内容 発酵菌の農業利用には、身近な資源を活用し、安全で美味な食品を生産しようとする日本の農家の栽培技術の真骨頂が発揮されている。微生物の発酵の力を作物の栽培に活かす方法や事例を紹介する。『別冊現代農業』を単行本化。

NDC 726
書名 田河水泡
書名 のらくろ一代記(人間の記録173)
著者 田河水泡(たがわ すいほう)/高見澤潤子(たかみざわ じゅんこ)
時間 7時間58分
内容 一世を風靡した漫画「のらくろ」誕生の秘話など、続々とキャラクターを生み出し、明治・大正・昭和を生きた漫画界の「大御所」の自叙伝。

NDC 764
書名 渡辺貞夫
書名 ぼく自身のためのジャズ(人間の記録174)
著者 渡辺 貞夫(わたなべ さだお)
時間 7時間58分
内容 日本を代表するミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで活躍する著者が、自らの経験とジャズへの思いを語る。

NDC 778
書名 今村昌平
書名 映画は狂気の旅である(人間の記録175)
著者 今村 昌平(いまむら しょうへい)
時間 5時間42分
内容 映画「楢山節考(ならやまぶしこう)」「うなぎ」など、人間の欲望を鋭い人間観察と独自のスタイルで描き、世界を魅了する映画を撮り続けた映画監督が、自身の歩みを語る。

NDC 791
書名 千玄室
書名 お茶をどうぞ(人間の記録178)
著者 千 玄室(せん げんしつ)
時間 5時間35分
内容 国際的な視野で茶道文化の浸透に取り組んできた著者。裏千家15代家元として、茶道界としては初の文化勲章を受賞した彼が、自らの歩みを振り返る。

NDC 913
書名 
著者 又吉 直樹(またよし なおき)/原作  堤 真一(つつみ しんいち)/朗読
時間 4時間27分
内容 第153回芥川賞受賞作を俳優・堤真一が朗読。著者自身によるコメントも収録。運命的な出会いをした2人の芸人。笑いの真髄について議論し合うが、やがて歩む道は異なっていく。

NDC 913
書名 ブラックスローン インディゴの夜
著者 加藤 実秋(かとう みあき)
時間 7時間35分
内容 カジュアルな雰囲気と、ホストらしくないホストたちがウケて人気のホストクラブ「club indigo」。ある日、ホスト“DJ本気(マジ)”の指名客・真千子が殺されて……。急ぎ、店にかけつけるオーナー・晶を待つのは?

NDC 913
書名 しだれ桜恋心中
著者 松浦 千恵美(まつうら ちえみ)
時間 7時間57分
内容 若手文楽人形遣いはある日、花魁の文楽人形を見つける。それは「しだれ桜恋心中」という演目専用に作られた人形だった。第4回アガサ・クリスティー賞受賞。

NDC 913
書名 トッカン the 3rd おばけなんてないさ
著者 高殿 円(たかどの まどか)
時間 13時間11分
内容 特別国税徴収官の補佐に着いて2年目。ある日、若手徴収官は霊感商法を行なっている団体の税金滞納の謎を追って、栃木へ出張する。シリーズ第3作。

NDC 933
書名 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う
著者 ゲイル・キャリガー
時間 13時間26分
内容 19世紀イギリス。妊娠8カ月を迎えたアレクシアは、女王暗殺を防ぐべく捜査を開始。やがて夫と人狼団にまつわる過去の秘密と出会う。シリーズ第4作。

NDC 933
書名 決戦!バルト海
   海の男/ホーンブロワー・シリーズ8
著者 セシル・スコット・フォレスター
時間 13時間15分
内容 爵位を授けられたホーンブロワーは、バルト海へ艦隊を率いて出撃する。風雲急を告げる荒海に、戦いの火ぶたは切って落とされた。シリーズ第8作。

NDC 933
書名 セーヌ湾の反乱
   海の男/ホーンブロワー・シリーズ9
著者 セシル・スコット・フォレスター
時間 11時間42分
内容 フランスのセーヌ湾で英国艦に反乱が勃発。敵軍に察知される前に反乱を制圧すべく、ホーンブロワーは一路セーヌ湾に向かった。シリーズ第9作。

NDC 933
書名 彷徨える艦隊5 戦艦リレントレス
著者 ジャック・キャンベル
時間 12時間34分
内容 大佐が率いる艦隊は陣容を整えて動き出す。長きにわたる戦闘の日々ももうすぐ終わりになると思われたまさにその時、敵の魔手が大佐に忍び寄っていた。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2016年2月1日から29日までの集計)

1位 北の街物語    
内田 康夫著 5巻

2位 ラプラスの魔女 
東野 圭吾著 6巻

3位 エルマーのおはなし1
ガネット・ルースースタイルス著 1巻

4位 意次ノ妾 居眠り磐音江戸双紙49
佐伯 泰英著 4巻

5位 火花
又吉 直樹著 2巻

6位 ナオミとカナコ   
奥田 英朗著 6巻

7位 疑惑領域 
南 英男著 4巻

8位 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯
古川智映子著 5巻

9位 サラバ! 下
西 加奈子著 6巻

10位 流  
東山 彰朗著 7巻



デイジー図書ベスト10(2016年2月1日から29日までの集計)

1位 iCloud & iTunes完璧使いこなしブック 
7時間11分

2位 人魚の眠る家 
東野 圭吾著 11時間44分

3位 火花(堤 真一朗読)
又吉 直樹著 4時間27分

4位 なりたい 「しゃばけ」シリーズ14
畠中 恵著 7時間1分

5位 旅立ノ朝 居眠り磐音江戸双紙 51
佐伯 泰英著 7時間16分

6位 チェルノブイリの祈り 未来の物語 
スベトラーナ・アレクシェービッチ著 11時間24分

7位 あの家に暮らす四人の女  
三浦しをん著 9時間52分

8位 異類婚姻譚
本谷有希子著 4時間17分

9位 お伊勢まいり 新・御宿かわせみ6 
平岩 弓枝著  4時間9分

10位 トットひとり
黒柳 徹子著 9時間24分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2016年2月1日から29日までの集計)

1位 豹変
今野 敏著  7時間34分

2位 草雲雀
葉室 麟著 8時間12分

3位 黒闇 
草凪 優著 13時間42分

4位 旅立ノ朝 居眠り磐音江戸双紙 51 
佐伯 泰英著 7時間16分

5位 風に立つライオン 
シネマ・デイジー 2時間24分

6位 墓標なき街 
逢坂 剛著 12時間45分

7位 お伊勢まいり 新・御宿かわせみ6  
平岩 弓枝著  4時間9分

8位 竹屋ノ渡 居眠り磐音江戸双紙 50  
佐伯 泰英著 7時間22分

9位 犬の掟 
佐々木 譲著  13時間21分

10位 極悪専用 
大沢 在昌著  9時間40分



5.サピエの停止と図書貸出サービスについてお知らせ


全国視覚障害者情報提供施設協会事務局からお知らせが届いております。
サピエが4月28日(木)から5月17日(火)までサーバー入れ替えの為完全に停止し、点字・録音図書の検索やダウンロード、他館所蔵図書の借り出し依頼などが出来なくなります。当館の図書貸出サービスも全面的にサピエをよりどころとしているため、サピエの直接利用者だけでなく、当館から図書を借りて下さっている方にも大変なご迷惑をお掛けすることになります。誠に申し訳ございません。
お問い合わせ:沖縄点字図書館(電話)098ー866ー0222



6. お知らせ


(1)ボウリングサークル「沖視協ボウル」入会のお知らせ
沖視協ボウルでは、障害の有無を問わず、「共にボウリングを楽しもう」との目的で、毎月月例会を開催しております。
家族やお友達、ボウリングの好きな方、どうぞお誘いあわせの上、ご入会下さい。
サークル名:「沖視協ボウル」
入会資格:ボウリングの好きな方ならどなたでも可
開催日時:毎月第4水曜日19時30分~21時30分
場  所:小禄ボウル(那覇市鏡原町)
経  費:年会費1,000円と毎月のゲーム代1,500円(3ゲーム代)
申  込:沖視協 電話098-863ー2997 担当:伊佐 由香里
※申し訳ございませんが、現地集合・現地解散(送迎はございません)



(2)沖縄県網膜色素変性症協会(JRPS沖縄)【患者並びに家族の交流会】のご案内
ご自分の現在の状況や日常生活で困っていることなどを、同じ病気を持つ仲間同士で、話し合いませんか?お待ちしています。
日時:4月10日(日)14時~16時
場所:沖縄視覚障害者福祉センター(沖視協3階)・那覇市松尾消防署通り
内容:ユンタク会・情報交換



7 .ありがとうございました


「平成27年度事業活動協力金」のご報告。
ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

事務局(2月)事業活動協力金 
<個人> 匿名 4件 23,000円

(株)沖縄ガス 様 5,000円
沖縄県建設業協会 様 50,000円
有限会社カリーツアーズ 様 10,000円
(公社)沖縄県農林水産団体共済会 様 100,000円
東江メガネ 様 5,000円
沖縄港運株式会社 様 10,000円
沖縄銀行 様 100,000円
沖縄セルラー電話株式会社 様 10,000円
沖縄テクノグリート株式会社 様 10,000円
オリオンビール株式会社 様 30,000円
<企業・団体> 10件 330,000円 

<一般寄付> 田端サエ子 様 10,000円



8.編集後記


「沖視協だより」3月号、いかがでしたでしょうか。

弥生3月、四季折々の我が日本、各地より春爛漫の便りが届くようになりました。残念ながら常夏の島、我が沖縄には「春無き」、「春短し」といったところでしょうか。しかし、南西諸島には「うりずん」という素敵な言葉とともに、心地よい季節がございます。負け惜しみではございませんが、うりずんを快適に過ごしましょう。

さて、3月4日は「ゆかる日まさる日さんしんの日」でした。3月の3、4日の4を語呂合わせ、県内某放送局アナウンサーが郷土の伝統芸能を啓発しようと提唱致しました。

三線の日は今年24回目、早いもので四半世紀の時を刻みました。今や県内は勿論、国内・海外でも三線の日のイベントが行われるようになりました。毎時報、世界一斉に奏でられたカジャディフー。

三線の日バンザーイ!!

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。