【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第272号(平成24年6月発行)

1.第38回全国盲人文芸大会について ~応募しよう!~


文芸を通して視覚障害者の情操を耕し、豊かな心の目を養いながら相互理解と友情の輪を広げることを目的として下記のとおり開催されます。

主  催
日本盲人会連合

応募規定
「短歌」「俳句」「川柳」「随想・随筆」の4部門、自作、未発表の作品

応募方法
①短歌、俳句、川柳は一人3首又は3句以内。随想・随筆は、点字の場合1行32マス250行以内、墨字の場合400字詰原稿用紙10枚以内。
②川柳の課題は、「節電」と「歳の差婚」、他は自由

参加料
短歌、俳句、川柳は一部門1,000円
随想・随筆は、1,500円

★詳細は沖縄県視覚障害者福祉協会事務局(電話098ー863ー2997)へ確認してください。



2.盲導犬購入のための募金活動を行う


NPO法人沖縄県視覚支援研究所は5月27日、那覇市久茂地のみずほ銀行前やパレットくもじ前イベント広場で、県内での盲導犬購入のための募金活動を行った。視覚障がい者やそのパートナーの盲導犬3頭、同研究所のメンバーらが協力を呼び掛けた。

盲導犬一頭の購入には200万から250万円が必要。今後も定期的に募金活動を展開し、県内での盲導犬購入に使う。

盲導犬リーチと伊江島から参加した金城美千代さんは「次は(私が)必要な人のために協力したい」と話した。

  (2012年5月28日琉球新報抜粋)



3.第49回九州視覚障害者グランドソフトボール大会報告


  仲座 寛泰

去る5月26日(土)27日(日)熊本県水前寺の「庄口運動公園グランド」を主会場に開催された第49回九州視覚障害者グランドソフトボール大会に、沖縄県チーム(仲座寛泰監督以下15名)が参加いたしました。

チームは前日の5月25日の昼過ぎ、那覇発熊本行きの便にて現地入りし、大会に臨みました。大会初日、12時40分開会式、続いて14時から1回戦 4試合が行われました。沖縄県チーム初戦の相手は、前年度優勝の鹿児島県チーム。試合に先立ち、九州盲人会連合会・衛藤会長の始球式の後、沖縄県の先攻で試合が始まりました。

初回、相手ピッチャーの立ち上がりを攻め、5番砂川の先制タイムリーで1点を先取。このまま試合を有利に進めたかったが、さすが前年度優勝チームの鹿児島は1回の裏すぐに3点をあげ逆転、続く2回にも1点を追加し、3点差。ところが、沖縄県チームも後半に粘りを見せ1点を返しなお最終回2点差で満塁まで追い上げましたが、残念ながら4対2で敗れ初戦を勝ち進むことができませんでした。

試合後のミーティングでは「来年は地元沖縄での開催、7年ぶりの優勝を目指そう」と早くも来年に向けての意気込みを語っていました。一行は27日の晩、福岡経由で沖縄に戻ってまいりました。

本大会には、来年沖縄開催に向けて沖縄県ソフトボール協会審判部より2名、沖視協事務局職員・玉城が視察団として同行いたしました。最後に、大会派遣に際し、ご協力いただきました関係機関・各位に対しまして衷心より御礼申し上げます。ありがとうございました。



4.サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


今月号より新刊紹介とは別に、サピエ図書館オンライン・リクエストランキングを掲載いたします。サピエとは、視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざまな情報を提供するネットワークです。

全国の視覚障害者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学図書館など240を超える施設や団体が加盟して、5万人以上の視覚障害者、そして、情報を必要とする多くの方々への情報サービスを行っています。

サピエ図書館では、音声などでもわかりやすいホームページから、点字データ13万タイトル以上、音声デイジーデータ3万タイトル以上がパソコンや携帯電話によってダウンロードできます。しかも、各館が所蔵する50万タイトル以上の膨大な資料が、オンラインリクエストなどによって利用できます。
(サピエHPより抜粋)



点字図書ベスト5(2012年5月1日~31日までの集計)


1位マスカレード・ホテル 
東野圭吾著 7巻

2位 舟を編む
三浦しをん著 4巻

3位 真夏の方程式
東野圭吾著 7巻

4位 荷重関節をゆるめれば「腰・首・ひざ」の痛みの9割は自分で治せる!さかい式 関節包内矯正エクササイズ
酒井慎太郎著 2巻

5位 謎解きはディナーのあとで 2
東川篤哉著 5巻



デイジー図書ベスト5(2012年5月1日~31日までの集計)


1位 宝引きさわぎ 鎌倉河岸捕物控 20
佐伯泰英著 7時間17分

2位 仇討 吉原裏同心 16
佐伯泰英著 6時間56分

3位 舟を編む
三浦しをん著 8時間14分

4位 ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野圭吾著 10時間49分

5位 ここはボツコニアン
宮部みゆき著 5時間6分



5.新刊紹介


点字図書


NDC 021
書名 著作権の世紀 変わる「情報の独占制度」
著者 福井 健策(ふくい けんさく)
巻数 3巻
内容 デジタル化やネットワーク化が進む中、著作権等の情報の独占制度は様々な課題に直面している。具体例を挙げながら、変りゆく著作権のかたちを解説。

NDC 092
書名 沖縄ひと紀行
著者 三木 健(みき たけし)
巻数 4巻
内容 沖縄に深く関わりのあった人たちについて、折に触れて書き綴った文を集めて収録。個性豊かに生きた人々の人間像に迫る。

NDC 093
書名 沖縄幻想
著者 奥野 修司(おくの しゅうじ)

巻数 3巻
内容 移住ブームと土地バブルの崩壊、無秩序な乱開発による自然破壊、癒しの島・長寿社会への幻想、カジノ誘致構想の愚、基幹産業の不在、莫大な補助金の非効率な使途ー。長年沖縄に通い続けてきた著者が、沖縄の未来を憂う。

NDC 451
書名 親子で読みたいお天気のはなし
著者 下山 紀夫(しもやま のりお)、他
巻数 3巻
内容 雲の中にはどれくらいの水が浮かんでいるの?「かすみ」「もや」「霧」「雲」はどう違う?台風の形がきれいなほど、風雨に注意が必要!?富士山の山頂では、雷が真横を飛んでいく!?気象庁天気相談所元所長と現役理科教師が判りやすく解説。「風」「雨」「雪」「雲」「雷」「台風」など気象現象の起きるしくみ。

NDC 468
書名 生物多様性と私たち COP10から未来へ
著者 香坂 玲(こうさか りょう)
巻数 3巻
内容 私たちの生活は、生物多様性に支えられている。衣食住という身近な視点から、危機にある生物と暮らしとの関連、生物多様性がなぜ大切なのかを考える。

NDC 548
書名 ロボットとの付き合い方、おしえます。
著者 瀬名 秀明(せな ひであき)
巻数 3巻
内容 ロボットを考えることは、未来を考えること。宇宙探査、災害救助から介護の現場まで、人気SF作家が最先端のロボット研究を通して、未来への関わり方を考える。

NDC 783
書名 サムライブルーの料理人 サッカー日本代表専属シェフの戦い
著者 西 芳照(にし よしてる)
巻数 5巻
内容 世界で戦うサッカー日本代表の選手たちを「食」で支えてきた専属シェフの奮闘記。ワールドカップからアジアカップ優勝までの舞台裏を明かす。

NDC 810
書名 メイコとカンナのことばの取説
著者 中村(なかむら)メイコ・神津(こうづ)カンナ
巻数 3巻
内容 捨て台詞はキメ台詞。敬語を使うときは頭の中で正座する。芸歴ウン10年のことばのベテランである母と、理詰めでことばを追う娘が、現代の日本語にまつわるやるせなさを語り尽くす。人生の諸事に効くことばの手習い集。

NDC 908
書名 おはなしのろうそく25・26
著者 東京子ども図書館
巻数 1巻
内容 幼児から小学校中・高学年まで楽しめる世界各地の昔話等、10話を収録。指遊び「ブロックさんとブラウンさん」では、指の動かし方の点図も入れています。

NDC 911
書名 親子で楽しむ こども俳句塾
著者 大高 翔(おおたか しょう)
巻数 1巻
内容 親子で一緒に俳句に親しみ、俳句の作り方を楽しく学べる本。名句鑑賞や俳句の基本ルール紹介のほか、俳句づくりの手順やポイントなどを丁寧に解説。もっと身近に俳句を感じることができる一冊。

NDC 913
書名 おしいれのぼうけん
著者 古田 足日(ふるた たるひ)
巻数 1巻
内容 昼寝の時、ミニカーの取りあいをしたさとしとあきらは、保育園の押し入れに入れられる。そして、ねずみばあさんと何千匹ものねずみに追われた二人は、しっかり手をつないで不思議な世界を冒険する。

NDC 913
書名 龍の腹
著者 中川(なかがわ) なをみ
巻数 5巻
内容 「焼き物の技術を学びたい」という、父の夢に引きずられ、父とともに日本から宋へと渡った少年、希龍。苦難の道程をへて、焼き物の地、龍泉にたどりついた二人の前に、まるで丘をはう龍のような、巨大な登り窯が現れた・・・。戦乱激しい南宋時代末期を舞台に、陶工として、焼き物作りに身を投じる少年、希龍の命の物語。

NDC 913
書名 こぎつねコンとこだぬきポン
著者 松野 正子(まつの まさこ)
巻数 1巻
内容 谷川をはさんで、こっちの山にはきつねの家、向こうの山にはたぬきの家がありました。きつねの家の女の子コンと、たぬきの家の男の子ポンは、ある日がけっぷちで出会い、友だちになりました。でも、どちらの親たちも昔からの睨みがあって、仲良くすることを許してくれません。ところが、ある日、すごい嵐が吹いて杉の木が倒れ、谷川に橋ができたのです・・・。

NDC 929
書名 子どもに語るアラビアンナイト
著者 西尾 哲夫(にしお てつお)
巻数 2巻
内容 子どもが聞いて楽しめるようにアラビアンナイトを再話した、読み聞かせに最適な書。「空飛ぶじゅうたん」「船乗りシンドバードの冒険」など、全10話。

NDC 933
書名 シュガー&スパイス
著者 ジーン・ユーア 
巻数 3巻
内容 学校も家も居場所がない!みんな何もわかってない!でも、わたしはシェイと出会った・・・。内気なルースと自信家のシェイ、正反対なふたりの友情物語。

NDC 933
書名 ポリーとはらぺこオオカミ
著者 キャサリン・ストー
巻数 1巻
内容 はらぺこオオカミが、ひとりで留守番をしている女の子を食べてやろうと知恵を絞り、「赤ずきん」や「7ひきの子ヤギ」のまねをして大奮闘しますが・・・。おっちょこちょいのオオカミと賢いポリーのお話。

NDC 949
書名 スウェーデンの森の昔話
著者 A・C・ティードホルム
巻数 1巻
内容 スウェーデンに古くから伝わる12の昔話がおさめられている。「くぎスープ」「仕事を取りかえたおやじさんとおかみさん」のようなおなじみの話もあれば「ティッテリチューレ」「小便小僧のピンケル」「ルーディ」のような日常をはなれたふしぎな話。

NDC 933
書名 ナターシャ
著者 デイヴィッド・ベズモーズギス
巻数 1巻
内容 旧ソ連からカナダへ移り住んだ家族の物語を、息子の視点から描きだす連作短篇集。年下のしたたかな「いとこ」に翻弄される少年の甘く苦い初恋を描いた表題作など、7篇を収録する。改革派ユダヤ教文学賞受賞作。



デイジー図書


NDC 093
書名 沖縄 アリは象に挑む
著者 由井 晶子(ゆい あきこ)
時間 10時間37分
内容 辺野古・高江の新基地建設問題を中心に、それに関連する沖縄返還に伴う密約事件などについて論じる。『労働情報』連載に加筆し、地図や年表及び注、資料を付して書籍化。

NDC 099
書名 ハル道のスージグァにはいって
著者 大嶺 邦雄(おおみね くにお)
時間 1時間17分
内容 第35回新沖縄文学賞受賞作

NDC 146
書名 〈自己愛〉の構造 「他者」を失った若者たち
著者 和田 秀樹(わだ ひでき)
時間 12時間30分
内容 心が生涯求め続ける究極の存在とは?「他者」なき現代人を襲う病理とは?他者との関係性の中で「自己」の構造を捉え直し、フロイトの精神分析を塗りかえたコフートの理論を元に読み解く現代日本の病理。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2012年5月号
著者 人間医学社薬局
時間 4時間9分
内容 主張「家庭の食事」、めまい 肺炎、カタライザー、コレステロール、中庸会、足首トントン健康法、MFGスーパーラジエントヒーター、質問に答える、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 913
書名 親鸞(しんらん) 激動編 上
著者 五木 寛之(いつき ひろゆき)
時間 8時間33分
内容 平成21年12月に発行された「親鸞」の続編。流罪になった越後から関東へと波乱の時代を生きたかつてない親鸞像を描く。

NDC 913
書名 カクテル・パーティ
著者 大城 立裕(おおしろ たつひろ)
時間 9時間19分
内容 米国統治下の沖縄で日本人、沖縄人、中国人、米国人の四人が繰り広げる親善パーティ。そのとき米兵による高校生レイプ事件が起こり、国際親善の欺瞞が暴露されていくー。沖縄初の芥川賞受賞の表題作のほか、「亀甲墓」「棒兵隊」「ニライカナイの街」そして日本語版未発表の「戯曲 カクテル・パーティ」をふくむ傑作短編全五編を収録。



6.新職員紹介


平成24年5月16日から沖縄点字図書館で勤務させて頂くことになりました石原義樹(いしはらよしき)です。沖視協の一員として一生懸命、福祉サービスに努めてまいります。どうぞよろしくお願いします。

  石原義樹



7.6月・7月の行事


沖縄県視覚障害者ボウリング大会

日時
平成24年6月24日(日)午後1時~5時
場所
マスターズボウルてだこ



沖縄点字図書館創設40周年記念事業(点字体験コーナー・視覚障害者情報機器展示会)

日時
①6月12日(火)10時~16時
②6月30日(土)10時~16時
場所
沖視協3階研修室



支部長会
平成24年6月14日(木)午後3時



沖縄点字図書館創設40周年記念式典祝賀会

日時
平成24年7月8日(日)
11時~式典
12時~祝賀会
場所
ホテルロイヤルオリオン2F(旭の間)



8.お知らせ


第5回フルート&ピアノの調べ(沖視協支援の会)

日時
平成24年7月5日(木)開場18:30 開演19:00
一般 1,500円
高校生以下 1,000円
会場
浦添市てだこ小ホール
お問合せ
ジョー永井(090-9784-6465)
★チケットは沖視協事務局で販売しております



9.ありがとうございました!


沖縄点字図書館創設40周年記念事業指定寄附金

14名 168,000円
沖縄盲学校有志 24,000円
石垣市視覚障害者協会 20,000円

一般寄附
前蔵正七 20,000円
匿名 20,000円



10.編集後記


バスを利用している皆様。朗報です。なんと5月下旬から携帯電話で運賃の支払いが出来るようになりました。「市内線のみ」ですが日本初です。それから、日本一に返咲いた琉球ゴールデンキングスすごいですね。元気な沖縄を感じます。ついでに、もうひとつ困った日本一がありました。最近値上げした電気料金は一番高いそうです。復帰40周年、さらなる発展に期待したいものです。

  (大久保 篤志)