沖視協だより第269号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第269号(平成24年3月発行)

1.第65回九州盲人福祉大会(佐賀大会)報告


  沖縄県視覚障害者福祉協会会長 山田親幸

標記大会が、去る2月19日(日)・20日(月)、佐賀県第2の都市・唐津市で開催されました。人口12万6千人の唐津市は佐賀県の北西部に位置し、玄海国定公園の一郭を形成する風光明媚な街です。18日に那覇空港を発ち、福岡空港を経て唐津市の国民宿舎・虹の松原ホテルで前泊、翌朝徒歩で会場の唐津シーサイドホテルに移動して更に一泊して翌日午前の大会途中まで参加して帰途に着きました。

理事会、分科会、代議員総会、女性・青年の各部会、懇親会、翌日の大会について、日程を追って報告致します。

19日10時からの九盲理事会へは、山田と九盲青年部長の野原が職員・堀川と参加、午後3時から行なわれる代議員総会で承認・決定される平成23年度の事業実績報告と決算、平成24年度運動方針・事業計画案と予算案、午後の三つの分科会の持ち方が主に提案されて話し合われた。

(1)宮崎県に女性部がなくなり、新年度九盲女性部長が繰り上がって長崎県。
(2)新年度第44回九州盲女性部研修会が10月28日(日)・29日(月)に沖縄県開催。
(3)宮崎・鹿児島・沖縄県の日盲連分担金減免要請は認められたが、その代わり日盲連から九盲連へ補助金が減額された。
(4)青年部リーダー研修会の名称は「リーダー」を省いて単に「青年部研修会」とする。
(5)9月最終土日に開催される鹿児島県での三療研修会には、講師として医師と三療師を招くので20名以上は送って欲しい。
(6)10年以上脱会していた北九州市の復帰に伴い、財政に少々余裕が出た。

1時からの生活バリアフリー部会と女性部の集まり(當山由美子参加)、職業対策部会と青年部の集まり(野原秀次参加)、体育部会(山里均参加)。10組織から6名ずつの代議員総会は15時から開催。議長選出、議事録署名人が選任され、理事会提出の4議案を承認決議した他、10組織から一人ずつの選挙管理委員による九盲連正副会長選挙で江藤・染井氏を再選、三分科会報告を受けて定刻の17時には代議員総会が終了しました。

18時半の大広間での懇親会では沖縄県より山里氏がオカリナ演奏を披露して大好評でした。

翌日9時半のアトラクションは合奏や伝統芸能、10時に大会式典、議事、全国情勢報告、閉会行事となっていたが、山田と堀川は、タクシーで往復して30分の「養護(盲)老人ホームサリバン」を視察、大会に参加した4人は11時に中座して、16時の全日空で帰途に着きました。



2.LED付き信号機横断体験会


去る3月2日、篠原電機(大阪在)開発のLED付き信号機の横断体験会が沖視協駐車場にて開催されました。体験会には利用者、沖視協職員、沖縄県警察本部交通規制課職員合計39人が参加し、実施されました。

実際に体験された皆さんから、「従来の信号機に比べ、低い位置にスピーカーが付いており、音が聞きやすいし広い地域に反響する心配がなさそう」・「音に指向性があるので、真直ぐ横断する事ができそう」などなどの感想が聞かれました。

一方、改善への要望として「信号機の位置が分かるよう押しボタンの位置に音をつけて欲しい」・「LEDの部分をもう少し大きくしてもらいたい」・「盲聾者でもわかるようバイブ゙もつけて欲しい」などの意見が出されました。

今後とも、メーカーさんには視覚障害者の安全確保の為、より利用しやすい信号機の開発を願いたいものです。

尚、沖視協では音響付き信号機の平成24年度設置要望箇所を受け付けております。皆様のお住まいの地域に設置してもらいたい箇所がございましたら事務局までご連絡ください。



3.「りゅうぎん点字通知サービス」の取り扱い開始について


平成24年3月19日(月)より、視覚障がい者の方が残高などのお取引内容を点字にて確認できる「りゅうぎん点字通知サービス」の取り扱いを開始します。所定の申込用紙に必要事項を記入の上申込(琉球銀行職員による代筆も可能)詳しくはお近くの琉球銀行までお問合せ下さい。



4.ビニール袋ワンタッチ開口考案


視覚障害を乗り越えて発明を成し遂げた國仲智江子さん(平良東仲宗根)が、その実績が認められ「東久邇宮文化褒章」を受章した。「受賞の知らせを受けた時は、びっくりした。戸惑いもあったが、これまでの頑張りが認められたと思って、ありがたくいただくことにした。私の受賞は、ほかの障害者の励みになると思う」と喜びを語った。國仲さんは、2006年から視力が低下した。日常生活で不便を感じ、その一つであるビニール袋の開きづらい点を解消しようと、開き口に凸凹文字をプレスし、ワンタッチで開けられるアイデアを考案。同作品は2006年の2月、知的所有権(著作権)を獲得した。

まだ、商品化には至ってないが、「今回の受賞で企業の目に留まって商品化されれば皆さんのお役に立てると思う」と期待している。

  (2011年11月6日宮古毎日新聞より抜粋)



5.ボランティア café


  赤嶺克子(音訳ボランティア)


音訳奉仕員養成講習を受講したのが縁で対面朗読のボランティアをさせてもらい、充実した日々を過ごしている。小椋先生の講義は楽しくて、今でも心に残っている言葉がある。「書かれた文章に文字や文面を追加したり削除せずそのまま聞いている人にしっかり伝えてください」とおっしゃった。いざ対面しているとわからない文字が多く、利用者に迷惑をかけていることが多くある。

けれども偏と旁を伝えると、読み方を教えてくださり私の方が助けられている。書物も様々なジャンルで私自身勉強させてもらっている。色々な事を学びたいと向上心あふれる方々にカツを入れられるようで背筋を伸ばす。ボランティアをしているつもりが、私の方がたくさんの恩恵を受けている。ありがたいことである。



6.お知らせ


(1)女性部定期総会のお知らせ

日時
平成24年3月25日(日)14時から16時

場所
沖視協3階

年会費
1,000円、付添:500円(当日徴収)

申込締切
3月22日(木)沖視協事務局 863-2997まで



(2)コンサート情報

琉球のいぶき VOL.3 ~感動の和太鼓の音再び!~

古典音楽~琉舞~ソプラノで奏でる琉球民謡まで、「琉球のいぶき」をお届けいたします。全国各地で活躍中の和太鼓奏者・片岡亮太のパワフルなステージもお楽しみに!

日時
平成24年3月30日(金)19時開演(18時30分開場)

場所
浦添市てだこホール(小ホール)浦添市仲間1ー9ー3

出演者
読谷山こずえ、金城利信、仲松佳恋他

チケット
前売り2,000円(当日2,500円)沖視協事務局でチケットの販売をしております。



7.新刊紹介


点字図書


NDC 911
書名 モーロク俳句ますます盛ん 俳句百年の遊び
著者 坪内 稔典(つぼうち としのり)
巻数 3巻
内容 俳句は平易に愉しむもの。俳句を愛する著者が、俳句の作法、俳句の歴史、今日的俳句までを軽妙に説く。対談も収録。第13回桑原武夫学芸賞受賞。

NDC 913
書名 百と八つの流れ星 下
著者 丸山 健二(まるやま けんじ)
巻数 5巻
内容 作家生活40年を越え、なおも創作の鉱脈を掘り続ける著者が、戦後から現在までのさまざまな日本を舞台に、老若男女、獣や鳥たちの、命輝く一瞬を108の物語に凝縮する。書き下ろし短篇108話を上下2巻に収録。

NDC 913
書名 なぞなぞのすきな女の子
著者 松岡 享子(まつおか きょうこ)
巻数 1巻
内容 なぞなぞあそびの大好きな女の子とはらぺこのオオカミが、森でばったり出会いました。うまそうな女の子だぞと舌なめずりしたとたん、女の子になぞなぞを出されて、オオカミは大弱り。さあ、どんななぞなぞかな?なぞなぞがいっぱい出てくる楽しい幼年向童話。

NDC 913
書名 NO.6(ナンバーシックス) #9
著者 あさの あつこ
巻数 2巻
内容 圧倒的迫力のシリーズ最終巻!炎上する矯正施設から間一髪で脱出した紫苑とネズミはそれぞれの思いを胸に、最後の闘いに挑む。崩壊する聖都市NO.6、その先に広がる新たな世界とは…。

NDC 913
書名 唄う都は雨のち晴れ トロイメライ
著者 池上 永一(いけがみ えいいち)
巻数 3巻
内容 19世紀、幕末時代の那覇。新米の岡っ引きとして少しずつ大人への階段をのぼる武太。水不足の村の貧窮、盗みを働いた貴婦人、謎の風水師の秘密…。今回も6つの難事件が立ちはだかる。『野性時代』連載を単行本化。

NDC 933
書名 ダリウスが飛んだ!
著者 ビル・ハーレイ
巻数 3巻
内容 熱気球に乗って週末の小旅行に出かけたパパが行方不明になり、ダリウスの幸せな生活は終わりをつげた。大好きな家政婦のミス・ヘイスティングスから引き離され、意地悪なインガおばさんと住むことになったのだ。近所にはひどいいじめっ子までいた。暗い日々をすごすダリウスだったが、ある日、地下室で古いさびついた自転車を見つけ、ないしょで自転車の修理を始める。

NDC 933
書名 ウィロビー・チェースのオオカミ
著者 ジョーン・エイキン
巻数 4巻
内容 舞台は架空の時代のイギリス。できたばかりの英仏海峡トンネルを通って、きびしい冬の寒さに追われたオオカミの大群が、ぞくぞくとイギリスにわたってきていた。ロンドンから遠く離れた、ここウィロビー高原にも腹をすかせたオオカミがうろつきまわっている。ある日、ウィロビー高原にぽつんと建つ広大な屋敷ウィロビー・チェースに、住みこみの家庭教師があらわれて…。知恵と勇気と友情の特大冒険物語。



デイジー図書


NDC 147
書名 脳波にはたらきかけて健康になるシータヒーリング 脳外科医がやさしく教える!誰でもわかる!
著者 串田 剛(くしだ つよし)
時間 4時間3分
内容 病気の改善、若返り、自己実現などが可能となり、心・カラダ・魂が最高の状態になるシータヒーリング。その基礎知識から、改善した実例、テクニックまでをイラストを交えて紹介する。

NDC 289
書名 広田弘毅(ひろたこうき)の笑顔とともに 私が生きた昭和
著者 ゆたか はじめ
時間 4時間38分
内容 第32代内閣総理大臣・広田弘毅の秘書官を勤めた父に連れられ、彼とよく会っていた著者が、祖父・父・自分と三代にわたる家族の物語に重ね合わせながら、広田弘毅の人柄を描く。

NDC 490
書名 人間医学 2012年2月号
著者 人間医学社薬局
時間 4時間10分
内容 主張「従病」、董和先生に聞く 羊プラセンタについて(上)、がんも身の内(中)、タチカワ電解カルシウム(薬局の窓54)、質問に答える、中庸会ルミンの歴史、新元気術、酵素、人間通信、商品一覧表。



5.ありがとうございました!


(1)沖縄点字図書館創設40周年記念事業指定寄附金
422,535円(59名)2月29日現在

(2)匿名 様  10,000円
(3)匿名 様   3,790円
(4)島 保 様 20,000円
(5)株式会社メカトロニン 200,000円



9.編集後記


3月になり、東北震災から1年がたちましたね・・・。月日は流れてもいまだに避難生活や放射線問題等まだまだ解決するには時間がかかります。皆さん 応援していきましょう!!

今月はスポーツの話題も豊富です。2日にはダイキンオーキッドゴルフがありました。7日には「なでしこジャパン」がアルガルベ杯で準優勝し、今月末にはプロ野球が始ります。楽しみですね!

年度末で世の中では決算時期や終了式・卒業式といった忙しい季節ですが、別れがあれば出会いあり。新年度に向け頑張りましょう。

  (宮国泰夫)