沖視協だより第261号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第261号(平成23年7月発行)

1.第64回全国盲人福祉大会に参加して


  あはき師会 会長 豊平朝清(糸満市)

第64回全国盲人福祉大会が平成23年6月3日~5日に島根県松江市島根県民会館を主会場に、全国から1,500名を超す関係者が参加し開催されました。 

初日、私は「あはき協議会代議委員会」に出席しました。主催者あいさつの後、平成22年度事業報告・決算報告・監査報告が行われ、日盲連が平成22年9月30日に設立した視覚障害者のあはき師の課題と展望を明確にする「あはきプロジェクト委員会」の設置に至る経過報告がありました。主な活動をいくつか挙げると、①無免許対策、無資格者対策を目的に取り組む。②あんまマッサージの定義を明確にし、同意書問題について(柔整)との格差をなくすための研究をする。③無資格者との実力の差を図るために研修会を開催し、認定証を発行して区別化を図る。執行部からこのテーマに沿った報告と活動が紹介された後、会場からの質疑応答がありました。視覚障害者のあはき師の厳しい現状を考えた場合、提案された事柄が全く反映されていないのではないか、という強い意見もありました。

2日目代表者会議があり、平成22年度決議処理報告の後、平成23年度運動方針(案)さらに各団体提出議案が紹介されました。平成23年度の運動方針の主のものとして、①災害時に障害者にどう対応するか②障害者自立支援法の抜本改正③障害者基本法の改正と障害者権利条約の批准④差別禁止法(仮称)の制定促進⑤就労の所得保障⑥ハイブリット車・電気自動車の静音対策などが挙げられました。「生活」、「バリアフリー」、「職業」の3つの分科会のうち、私は職業分科会に出席しました。そこでは特に各県から出された議題が検討されてその主なものとして、あはき業に関するものが6題、就労雇用に関するものが8題討議されました。

今回の研修会に参加して、あはき業を営む視覚障害者の現状が非常に厳しいものであるということ、また日盲連の活動に対する期待も非常に大きいものであるということを感じました。



2. 第19回沖縄県視覚障害者


            ボウリング大会報告


  安里清竹

沖縄県視覚障害者福祉協会(山田親幸会長)主催の第19回沖縄県視覚障害者ボウリング大会は、去る6月26日(マスターズてだこ 浦添市伊祖)を会場に、「ボウリング競技を視覚障害者の新スポーツとして、その底辺の拡大」と、「ボウリングが好きな方ならどなたでもどうぞ!交流しましょう」をテーマに41名が参加し開催されました。

「障害者の部」、「一般参加の部」、「小中学生の部」の3競技、それぞれ3ゲームのトータルスコアで争われ、各競技別の上位成績は以下のとおりです。(3ゲームトータル、ハンディー得点含む)

【視覚障害者の部】
優 勝 比嘉一盛(那覇市)  485点(ハンディー0)
準優勝 多和田まき(浦添市) 462点(ハンディー20)

【一般参加の部】
優 勝 大城貴雄(宜野湾市) 498点(ハンディー0)
準優勝 上原清美(那覇市)  476点(ハンディー20)

【小中学生の部】
優 勝 仲座綾音(八重瀬町) 331点(ハンディー20)
準優勝 仲座雄飛(八重瀬町) 285点(ハンディ-20)

※視覚障害者の部優勝の比嘉一盛選手は、全国大会での成績が認められ、10月マレーシアにて開催される世界大会への出場が内定しております。おめでとうございます!



3.望ましい共生の社会を


  浦添市 鍼灸マッサージ師  宮里 進

齢(よわい)を重ね還暦。この歳になると誕生日も嬉しくもあり嬉しくもなしと複雑だ。

しかし、我が子らからの祝福の電子メールやプレゼントは格別に嬉しい。「お父さんお誕生日おめでとう。目が見えないのに、いつも私たちの為に働いてくれて有難う。これからは健康に気をつけて頑張って下さい。」と、私は早速音声パソコンに向かい返礼を書く。「プレゼントは届きました。お父さんこそ感謝です。貴方方が元気で生まれてきたから、お父さんはお父さんになれる事が出来たのです。本当に有難う。」と。

ある教育機関の研究で、五感を介してどの様に情報が伝達されるかという、興味深い資料を見つけた。それによると、視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1%と。まさに百聞は一見にしかずである。

視覚と聴覚の障害を併せ持つ私には、かなりの情報バリヤーといえよう。昨今のIT関連産業の発展ぶりは驚異的だ。文明の利器は、人間の幸福の為に使わなければならない。だがネットの世界でも、巧妙な犯罪が多発しているのは嘆かわしい。視覚障害者用の音声パソコンも日進月歩で技術革新は著しい。我が子らと、全国のメル友と交信。知らない世界を調べるのも楽しい。

この頃は待望久しかった、サピエ図書館も登場。全国の点字図書館をネットで結び、居ながらにして音声パソコンで好きな情報や、本をいつでも読める。画期的な情報革命だ。奇跡の人ヘレン・ケラーは言われた。「障害は不便であり不自由である。しかし不幸ではない」と。障害者自身が努力を怠らずに、自立の道を開いてゆくのは論をまたない。しかし障害も千差万別だ。その障害を正しく認識し、正しくサポートする事が大切であろう。障害者は何が出来ないという否定の論理から、何が出来るのかという肯定の論理へと発想を変える事が共生社会の第一歩と思う。

音声パソコンで視覚障害者の雇用に広がりを見せているのは嬉しい。私の好きな琉歌に「あてぃん喜(ゆるく)ぶな、うしなってぃん泣くな、人(ひとぅ)ぬゆし悪(あ)しや、後(あとぅ)る知(し)ゆる」と。

どの様に生まれてきたかではなく、どの様に生きてきたかが問われよう。私は今日も我が子らと全国のメル友の笑顔を思いつつ音声パソコンに向かう。

4.第37回全国盲人文芸大会作品募集


文芸を通して視覚障害者の情報を耕し、豊かな心の目を養いながら相互理解と友情の和を広げることを目的とする。

主催
社会福祉法人 日本盲人連合会

作品の種類
「短歌」、「俳句」、「川柳」、「随想・随筆」の4部門とし、自作、未発表の作品に限る。

参加料
短歌、俳句、川柳は、1部門1,000円。随想・随筆は1,500円。

申込締切
8月31日  詳細は事務局(098)863-2997まで



5.支部ネット


第3回 読谷村視覚部 部 長 与久田幸二
読谷村の視覚部は現在12名の会員で、総会(宿泊研修会)・点字教室・小学生アイマスク体験・身障スポーツ大会・料理教室・三線教室・サウンドテーブルテニス等年間を通して活動しています。10数年前までは三線教室でにぎやかに親睦を図っていましたが、高齢化が進み昔ほど活気・エネルギッシュではないが会員の親睦を大切に活動しております。読谷村の視覚部の特徴は、中途失明者が多く、また視覚障害と聴覚障害の二重の障害者も増えております。

老後の心配など問題を抱えていますが、1年1年充実した活動をしていきたいと思います。



6.ほっと!!広場


春の光
  短歌誌 “しきなみ” 2011年8月号 抜粋


「視力失くし通い始めた点字塾文字の記憶の日々薄れゆく」
「冬すぎて光かがやく春の空瞼に浮かぶ視力失くせど」

歌の楽しみ
  短歌誌 “しきなみ” 2011年8月号 抜粋


「うたあそび五七五七七と指を折り忘れぬうちに点字に書き込む」
「はやおきしラジオの声で古里のうたきく楽しみ視力失くせば」
  津波タミ子(読谷村)



7.ボランティアcafé


  西村静子(点訳ボランティア)

「沖視協ボランティア友の会はどうなったの?」「数年前はボランティアと一緒にNHK見学をしたり、カラオケにも行ったりしたね」「博物館にも行ったのに…」などと、さびしく思っていらっしゃるかもしれませんね。ごめんなさい。

これまで点訳部・音訳部・さわる絵本・拡大写本部の4部は合同で「友の会」として長年にわたって、役員を交替しながら皆さんとの年1回の交流会を企画して活動してきましたが、平成22年4月総会に於いて「友の会」を解消し「点字図書館ボランティア点訳部」として各部別々に再出発することになりました。各部の本の製作活動がパソコンの普及と共に専門化し、忙しくなった事も理由のひとつです。『沖視協だより』(第260号)の拡大写本部の運天さんの記事にもあるように、点訳部員も図書館や自宅で数時間パソコンのキーを打ち続けています。

昔のようにタイプで主に小説類を点訳していた頃と違い、現在は表や図やレイアウトも多種多様な出版物が多く点訳するのが難しくなりました。でもパソコン作業で、自宅での仕上げは早くなり、その分校正に終われている状況です。

悲しいかな、歳と共にパソコンの画面がかすみ、誤字脱字が多いのです。「歳のせいにしないでね!西村さんは前からソソッカシインだから!」と怒られそう。でも、苦労してやっと完成して点訳本を「面白かったよ。ありがとう。」と読んで下さると、励みになります。触読で読むのは時間もかかり、面倒かもしれませんが、静かに指を走らせていらっしゃる姿をみるとカッコいいですよ。

また沖視協や図書館の方で何か交流会を企画された時は私たちボランティアも喜んでご一緒したいと思っています。ヨロシク!



8. 新  刊  紹  介


点字図書
NDC書名著者名巻数内容
097笑う沖縄 「唄の島」の恩人・小那覇舞天伝曽我部(そがべ) 司(つかさ)5笑顔と唄が溢れる沖縄の今は、この男なくして語れない…。戦禍で傷ついた沖縄の人々の心に活力を吹き込み、沖縄芸能の存亡の危機を救った男、小那覇舞天の胸の内と生き様を初めて描く。
093よくわかる御願ハンドブック「よくわかる御願ハンドブック」編集部2沖縄の暮らしを彩る年中行事に必要なヒヌカン(火の神)、御願(ウグヮン)について、準備の仕方やその意味を、わかりやすくまとめた2006年7月発売の「よくわかる御願ハンドブック」にさらに御願Q&Aを追加した増補改訂版。
316ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語ダイアン・アッカーマン6ナチの侵攻を受けたポーランド。ワルシャワ動物園の園長夫妻は、ユダヤ人300名を園内に匿い、逃亡の手助けをした。かたや民族の絶滅計画を、かたや希少動物の救済計画を推し進めたナチのグロテスクな転倒を描き出す。
366視覚障害者の職場定着推進マニュアル ともに働く職場をめざして高齢・障害者雇用支援機構3視覚障害者の雇用促進、職場定着を目的に雇用事例、職場における配慮事項、支援機器や制度等を解説。最新の情報を踏まえた1999年3月初版の改訂版。
493「医師」「看護師」「患者・家族」による認知症の本三宅 貴夫・堀内 園子・内田 勝也2200万人を超えるといわれている認知症の人.最初におかしいと思ったとき,認知症と診断されたとき,家族は本人と,どのように向き合えばいいのか。その後の経過とともに,最新の治療法,介護・看護の方法,家族の気持ちの持ち方,介護保険の利用法,各ケア施設の特徴などを綴る。さまざまな関連情報やサポート情報も掲載。
493「医師」「看護師」「患者・家族」によるうつ病の本衛藤 理砂・岡村 志津英・宮城 和子2本人だけでなく、家族、友人、会社の同僚や上司などが、どのようにうつ病に向き合ったらいいのか―。具体的に紹介します。病院の選び方、日常生活すごし方、ひとり暮らしの場合はどうするのか、治療費や生活費、薬のことなど、それぞれの体験をふまえて、わかりやすく解説。
493「医師」「看護師」「患者・家族」による糖尿病の本阪本 要一・東 めぐみ・高橋 一征2患者の相談に、長年のってきた医師による糖尿病の最新の知見と、専門看護師による日常の過ごし方、そして患者による、自宅での療養の実践について、わかりやすく、具体的に紹介します。自分では気がついていない、潜在的な患者も多いのでは、といわれている糖尿病。もしかしたら糖尿病?と思ったとき、または、糖尿病と診断されたとき、ぜひ、この本を手にとってください。
681平成22年版 交通安全白書(概要版)内閣府政策統括官(共生社会政策担当)1陸上、海上及び航空の分野ごとに、平成21年度の交通事故の状況及び交通安全施策の実施状況、平成22年度の交通安全施策の計画の概要をまとめたもの。
929山の上の火 エチオピアのたのしいお話ハロルド・クーランダー、ウルフ・レスロー1アフリカで最も古い独立国の1つエチオピアには,イスラム文化の香りの感じられる珍しいお話がたくさんあります。遠くの山に燃える火に励まされて一夜をあかす少年の話や,こっけいな話など14編。
933シルクの花キャロリン・マースデン1ノイは、タイの北部でくらしている11歳の少女。土産物として売る傘に絵を描くおばあちゃんを手伝うのが大好きだ。けれど、小作農と手工業でくらしてきた村の生活は大きく変わりはじめていた。「傘に絵を描く画家になりたい。でも小学校を卒業したらあたしも……」タイ北部の美しい自然を背景に、将来への夢に揺れる少女の心を色彩豊かにつづる。
913ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密たかどの ほうこ2ドレミファ荘に住むピピンは、トムトムや、100歳のおばあさんチェントさんといっしょに、真夜中の足音のなぞを追うことになりますが…。なかよしコンビのピピンとトムトムが活躍する、幸福感いっぱいの物語。
915僕の東京地図安岡 章太郎2「東京」を語ることは「昭和」を考えること。そして、作家人生の「原点」を見つめ直すこと。こころ震える「魂」のふるさとへ…。名随想12篇と100点を超える古写真を収録。



デイジー図書
NDC書名著者名時間内容
092生きてさえいれば瀬長 瞳5時間31分生涯にわたって、虐げられた人々のために勇敢に闘った政治家・瀬長亀次郎とその妻フミの長女が、家族と命への「思い」を綴る。次女・内村千尋による亀次郎晩年の「闘病秘話」も収録する。
289毛沢東の同志馬海徳先生 アメリカ人医師ジョージ・ハテムエドガー・A.ポーター18時間43分20世紀初頭、混乱の上海に上陸し、やがて医師となり、蔓延する性病ハンセン病の根絶に情熱を傾けたひとりのアメリカ人医学生がいた。毛沢東、周恩来とともに激動の時代を歩んだ、楽天的で誠実な男の数奇な運命の物語。
492鍼灸医学における実践から理論へ パート1藤本 蓮風(れんぷう)10時間55分実践と体験に裏付けられた「医」の理論と哲学を説いた平易な読物。古典の理解と応用を、具体的症例における診断と治療で適確に解明。鍼灸に関わ         っている臨床医はもとより、研究者、学生、その他幅広い読者に必読の書。
492鍼灸医学における実践から理論へ パート2藤本 蓮風(れんぷう)11時間4分「診断と治療」「弁証論治」についての実際を詳細に解説。第1章カルテの解説、第2章体表観察、第3章逆証の鑑別診断とその周辺、第4章症例。
492鍼灸医学における実践から理論へ パート4藤本 蓮風(れんぷう)15時間21分古典に依拠し、実践を繰り返しながら以下のテーマで、いかに弁証論治すべきかを問題提起する。テーマは癌について、肝鬱とその周辺の病理と治療、出血の  メカニズム、風邪一般の診断と治療、インフルエンザについて、少陽病の症例、黄疸の症例など。
496口唇・口蓋裂児のことばの相談室 お母さんのためのQ&A伊東 節子7時間21分口唇・口蓋裂児をもたれるお母さんのためのQ&A
779いまさらシロー岸部 シロー1時間31分年が明けたときの全財産は1万3000円。毎年この時期は、仕事ないんだよね。仕事のこと、お金のこと、妻のこと。元金持ち・岸部シローの日々のつぶやき。ブログ『四郎マンション』から一部抜粋し書き下ろしを加え書籍化。
779落語大百科 1川戸(かわど) 貞吉16時間8分著者がこれまで聞いてきた落語の筋書きとエピソードをつづった、落語を聞いたことのない人への案内書である。また、戦後から平成に掛けてどうい         う落語が演じられていたかというひとつの資料でもある。本巻には、「あ」~「か」を収録。巻末には五十音順の注釈あり。
779落語大百科 2川戸(かわど) 貞吉15時間本巻には、「き」~「し」を収録。巻末に五十音順の注釈あり。
779落語大百科 4川戸(かわど) 貞吉15時間31分本巻には、「な」~「ほ」を収録。巻末には五十音順の注釈あり。
816千の風になったあなたへ贈る手紙新井 満(まん) 監修8時間26分「千の風になったあなたへ贈る手紙」応募作から心に響く150本を厳選収録。最愛の人を亡くした痛みを、どうやって乗り越えればいいのだろう?苦しみながらも、懸命に前を向こうと努める人たちのひたむきさが、生きる勇気を与えてくれる。
902名作あらすじ事典 西洋文学編青木 和夫18時間アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ロシアの、中世から現代にいたる200作品の「あらすじ」と「読みどころ」を収録。小説、戯曲、物語集、詩集を網羅した名作の海への水先案内。
916サッカーボールの音が聞こえる平山 譲(ゆずる)6時間1分サッカーだけが生きがいの若者が、緑内障を宣告され失明してしまう。絶望の底にいた彼に希望を与えたのは、鈴が入ったボールを追うブラインドサッカーとの出会いだった-。感動のノンフィクション。『小説新潮』連載を書籍化。
910山崎豊子自作を語る 作家の使命私の戦後山崎 豊子7時間45分戦後という時代の節目節目で、作家は何を考え、何を取材し、何を書こうとしたのか。戦争3部作「不毛地帯」「二つの祖国」「大地の子」をはじめ、「沈まぬ太陽」「運命の人」について、その執筆秘話を明かす。



9.しゃべるテレビ贈呈式


6月17日(金)に沖縄視覚障害者福祉センターにて、日本テレビ「24時間テレビ」チャリティー委員会より障害者情報保護支援の一環としてしゃべるデジタルテレビの贈呈式が行われました。

テレビの機種は三菱液晶テレビ REAL LCD-32BHR500です。エントランスホールに設置してます。どうぞご利用下さい。



10.ありがとうございました!


宮良スエ子様 30,000円
伊佐真弘様 10,000円
匿  名  5,650円
川口康子様 3,000円



11.退職あいさつ


  武村厚子

さよならは…
必然。 でも、それを突然。 33年と6ヶ月。
想えばずいぶんと長く居たものだとしみじみ。
すっかり根を生やした古木になりつつありますが、ほんの少し余力を残してバトンを置くことにします。

長い間、微力な私を支えてくださいました多くの皆様に深く感謝いたします。ほんとうにありがとうございました。

沖視協…私の青春でした!!



12.お知らせ


8月14日(日)は旧盆の為、沖縄視覚障害者福祉センターは休館となります。



12.編集後記


6月23日の「慰霊の日」も終わり、戦後66年を迎えました。20数万人の戦没者の方々のご冥福を祈りつつ、戦争の恐ろしさを忘れないように…と黙祷しました。

さて、1年の半分が過ぎて7月に入りました。日本国民にとって一大イベントが24日に行われます。そうです!地上デジタル放送です!!

みなさんは、もうテレビの買い換え・チューナーの購入はすみましたか?混乱が予想されますので早めの準備で、クリアな画面でテレビライフを楽しみましょう。

  (宮国泰夫)