沖視協だより第249号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第249号(平成22年7月発行)

1. 第58回全国盲人社会福祉施設大会(福井市)養護盲老人ホーム視察報告


今年の全国盲人福祉施設大会は、去る6月3日・4日の両日福井市で開催、私としては初めての参加であったが、期間内に訪れた二つの養護盲老人ホーム視察と共に大変有意義だった。

年度当初から予定していた訳ではなく、日盲社協が会期内に、視覚障害高齢者問題シンポジウムを計画していることを知って急遽参加を決めたもので、従って予算上の十分な準備もなかったが、数少ない養護盲老人ホーム未設置県の一県として、この機会を逸してはとの思いで参加を決めたものだった。参加は、私と、私の妻、新聞社記者として永年勤務した後、現在はフリーライターとして活躍中の山城紀子氏の3人、山城氏には私の取材力の乏しさを十分フォローしていただいた。最初に訪れた『自生園』(石川県)は、私は2度目の訪問、施設の紹介ビデオを15分見た後、二人の女性職員に隈なく案内されて視察したが、前に訪れた時に感動した「出張1日スーパー」に加え、廊下に設置された手すりに塵一つなく、実にきれいだったことに感動、入所している皆さんが毎日拭いているとのことだった。

会議終了後の4日午後訪ねた福井県の『光道園』は二人の男性職員に案内されて視察。ここでも手すりがきれいなことの他、外部から来られるボランティアによる対面朗読の様子を拝見した。入所者の一人、佐々木さん(女性)が、近くの小学校・中学校・高校に招かれて講話を行なっている事や、地域の公民館活動に参加している入所者がおられること、同園から歩いて10分の道の駅に行って買い物を楽しんでいる話を聞いた。また道の駅では複合施設である同園所員作品、例えば陶器などを置かせて貰っている様子を実際に見ることが出来た。

視覚障害高齢者シンポジウムでは、3人のシンポジストの示唆にとんだ話、活発な発言に圧倒されたが、私も司会者の求めに応じ、養護盲老人ホームのない沖縄の実態を報告した他、地上デジタルテレビ関連のアンケートの見方について発言した。なお山城氏とは5日に別れて帰途に着き、氏には更に『ひとみ園』(埼玉県)、『千山荘』(兵庫県)を視察して貰った。最後に視察に必要な経費を寄附していただいた神谷康子さんに深謝して報告を終えます。

  会長 山田親幸



2.第18回沖縄県視覚障害者ボウリング大会盛大に開催


18回目を数える沖縄県視覚障害者ボウリング大会(主催沖視協)は,去る6月27日(日)浦添市内の「マスターズボウルてだこ」を会場に、小学生から一般まで53名が参加し、盛大に開催する事が出来ました。大会は、全盲・弱視・一般・小学生の4種目で行われ、家族や友人との参加も多く、豪快に弾けるピンに、ストライクあり、時にはガーターありと、会場は、終始歓声につつまれおおいに賑わいました。

なお、本大会は、10月に東京にて開催されます全国大会への予選を兼ねる大会となり、成績上位3名が沖縄県代表選手として派遣されます。
本大会の成績は、以下のとおり。
<スコアは、3ゲームのトータルで、女子には1ゲーム20点のハンディー得点が加算されています>

弱視の部
1位 比嘉一盛(那覇市) 585点  2位 磯崎学(沖縄市) 501点 

全盲の部
1位 知花光英(那覇市) 266点  2位 当山勲(那覇市) 215点

一般の部(健常者)
1位 當山清友(浦添市) 519点 2位 上原清美(那覇市) 517点

小学生の部
1位 仲座綺音(小5 八重瀬町)251点 2位 山城宏太(小6 読谷村)243点



3.ご協力お願い


沖視協では、平成22年度活動資金造成事業といたしまして3つの事業を行う事になりました。皆様からも、販売への呼びかけのご協力よろしくお願い申し上げます。

(1)チャリティーボウリング大会

期間
7月1日より9月30日まで。

利用できるボウリングセンター
小禄ボウル(那覇市)・スポーツワールドサザンヒル(南風原町)・マスターズボウルてだこ(浦添市)・北谷ボウル(北谷町)・スーパーボウルGX(沖縄市)・名桜ボウル(名護市)の6会場。

参加券
1,500円(2ゲーム シューズ代は別)

なお、視覚障害者が利用される手すりにつきましては、小禄ボウル・てだこボウルのみとなっております。 
※飛び賞など、多数の賞品を用意しております。詳しくは、担当 知花まで

(2)マック商品カード販売

各マクドナルドの店舗でご利用出来ます。
カード1枚1,000円(うち500円分が商品代、500円が沖視協活動資金になります)
なお、カードのご利用期限はございません。 詳しくは、担当 武村まで

(3)『チャリティー芸能祭2010』

日時
11月3日(水) 15時より パレット市民劇場

内容については、現在実行委員会で検討中です。詳しくは、担当 堀川恭尚・上原清美まで
※各チケットの販売につきましては、沖視協事務局にて販売です。



4.お知らせ


(1)平成21年度決算書について

平成21年度の決算書については、点訳による枚数の関係上、沖視協だより紙面での報告ができません。大変申し訳ございませんが、事務局にて開示しております。



(2)22年度版沖縄県バリアフリーマップ発行される

沖縄県では、高齢者や障害者をはじめ誰もが社会参加出来るように公共交通施設、医療施設、商業施設などの公共的施設のバリアフリー状況をまとめた小冊子を出版しました。

内容は、全市町村の「暮らし」「見る」「食べる」「お買物」「泊まる」「楽しむ」の6つの分野施設を、所在地・電話番号・FAX番号等を紹介した大変使い勝手の良いものとなっています。また、パソコンや携帯から利用可能なウェブサイトを開設しています。

ウェブサイト(沖縄県障害保健福祉課ホームページからリンク)

@パソコン専用ウェブサイト「沖縄県バリアフリーマップ」
URL:http://okinawa-bf-map.jp/

A携帯サイト「沖縄県バリアフリーマップモバイルサイト」
URL:http://okinawa-bf-map.jp/i/



(3)三療研修会開催

日盲連と日マ会の合同による研修が、下記のとおり開催されます。費用は個人負担になりますが、参加希望者は 8月5日 頃までに沖視協へ連絡して下さい。

日 時
平成22年8月26日(木)午前10時〜午後3時15分

場 所
東京都新宿区西早稲田2-18-2 日本盲人福祉センター内

テーマ1
「リスク管理について」(3単位、内、財団共催研修2単位)
講 師
形井 秀一 先生(筑波技術大学教授)

テーマ2
「腰痛の新しい概念と鍼灸手技療法について」(3単位)
講 師
山口 智 先生(埼玉医科大学東洋医学センター講師)

費 用
資料代300円(付添者不要)昼食代700円(申込んだ方のみ)



(4)第36回全国盲人文芸大会開催通知に併せ参加者募集

目 的
文芸を通して視覚障害者の情操を耕し、豊かな心の目を養いながら相互理解と友情の輪を広げる事を目的とする

主 催
社会福祉法人 日本盲人会連合

後援(予定)
厚生労働省、文化庁、日本放送協会

応募規程
@作品の種類「短歌」、「俳句」、「川柳」、「随想・随筆」の4部門とし、自作、未発表の作品に限る。
A応募資格  日盲連組織都道府県市団体会員及び同団体が設置する施設に所属する視覚障害者であること。

応募方法
@ 短歌、俳句、川柳は、一人3首又は3句以内。随想・随筆は、点字の場合1行32マス250行以内、墨字の場合400字詰原稿用紙10枚以内。
A川柳の課題は、「リサイクル」と「仕分け人」で、3句のうちでどのように使ってもよい。他は、自由。
B 参加料は、短歌、俳句、川柳は、一部門1,000円。随想・随筆は、1,500円。2部門以上応募するときは、それぞれの参加料を加算する。
C 応募用紙は、部門ごとに別々の用紙を用い、1行目に部門、2行目から住所、氏名、電話番号、次の行から作品を書く。氏名には必ず読み仮名をつけること。
点字で応募する場合は、同音異義語等の読み違い、また、墨字の作品集の正確を期するため、できるだけ墨字を書き添え、特に固有名詞には必ず墨字を書き添えること。
間違い易い語句には簡単な注釈を付けること。墨字またはメールで応募する場合は、固有名詞には必ずふりがなを付けること。要領は点字の場合と同じ。
D 応募の際は、必ず参加料「現金(現金書留封筒を利用すること)・小為替又は切手」を同封し、封筒には墨字で住所・氏名を明記する。メールで応募の場合は、入金の際にメールで送信した事を明記すること。
E 応募作品の送付と入金の両方が確認された時点で応募を受け付けた事とする。
F なお、他人の作品は同封しない。

作品の送り先
〒169-8664
東京都 新宿区 西早稲田2-18-2
社会福祉法人 日本盲人会連合 文芸係
メールアドレス:ariizumi-k@jfb.jp
※メールで応募の場合は件名に「文芸作品応募」と記載する事。
郵便振替口座 00170-9-48326

締 切
平成22年8月31日(当日消印有効)

問合せ先
〒169-8664
東京都 新宿区 西早稲田2-18-2
社会福祉法人 日本盲人会連合 文芸係
電話 03-3200-0011 FAX 03-3200-7755



(5)人物往来

社団法人沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会の渡嘉敷綏秀さんが退任し、後任に豊平朝清さんが会長に就任しました。
渡嘉敷さんは、長年会長を務めることが出来たのも会員のご支援とご協力があったおかげであると感謝していました。
また新会長の豊平さんは、微力ではあるが新役員と共に頑張りたいとのコメントがありました。



5. ありがとうございました!


平成22年度6月寄付内訳
前蔵 正七さん



6.沖視協8月、9月の主な行事


8月
高橋福治先生墓参(予定)

9月1日〜3日
第56回全国盲女性研修大会(長崎県)



7.新刊紹介


点字図書
NDC書名著者名巻数内容
092首里城公園ガイドブック沖縄開発庁沖縄総合事務局国営沖縄記念公園事務所1首里城公園の概要を説明するガイドブックです。
281新忘れられた日本人佐野 眞一4数十年に及ぶ膨大な取材ノートから紡ぎだした、忘れえぬ、忘れ去られてゆく日本人たち。稀代の悪党、無私の人…。すべての人間類型がここにある。『サンデー毎日』連載に加筆訂正し書籍化。
288道(天皇陛下即位20年記念記録集)宮 内 庁9平成11年以降、天皇皇后両陛下が式典で述べられたお言葉や発表になった御歌などを項目別に収録。10年間の両陛下の道のりをたどれる、珠玉のお言葉集。
320刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律 3刑事収容施設の管理運営と被収容者等の処遇に関する事項を定めた法律。
645図書館ねこデューイヴィッキー・マイロン4ある冬の朝、アメリカの小さな町の図書館で返却箱から救出された瀕死の子猫は、町の人々を癒し、やがて世界で知られる「図書館ねこ」となった−。一生をともに過ごした図書館司書が、その様子を愛情をこめて綴る。
913黒と白の殺意水原 秀作4椎名弓彦は「殺し屋」の異名を持つ天才的なプロ囲碁棋士。ある日弓彦は、対局で訪れたホテルで日本囲碁協会理事の死体を発見する。容疑者は弓彦の弟。盤上の「殺し屋」が追う、殺人事件の行方は?
914生きるとは、自分の物語をつくること小川 洋子・河合 隼雄4物語は心の薬−。人生の危機に当たっても生き延びる方法を、切実な体験を語りつつ伝える。奇跡のように実現した、作家・小川洋子と臨床心理学者・河合隼雄による貴重な対話。



デイジー図書
NDC書名著者名時間内容
498よりよい食生活に向けて 1農林水産省0時間39分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
498よりよい食生活に向けて 2農林水産省0時間41分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
498よりよい食生活に向けて 3農林水産省0時間46分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
498よりよい食生活に向けて 4農林水産省0時間31分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
498よりよい食生活に向けて 5農林水産省0時間46分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
498よりよい食生活に向けて 6農林水産省0時間32分視覚障害者へ「食事バランスガイド」を活用した日本型食生活の実践など、健全な食生活を普及するためのガイド。
699いばらの城石田 衣良0時間40分NHKラジオ文芸館。「愛のいない部屋」より。
699白い花連城 三紀彦0時間40分NHKラジオ文芸館。「密やかな喪服」より。
699この子の絵は未完成乙 一0時間40分NHKラジオ文芸館。「七つの黒い夢」より。
699雛の花浅田 次郎0時間40分NHKラジオ文芸館。「霞町物語」より。
699形見わけ連城三紀彦0時間40分NHKラジオ文芸館。「日曜日と九つの短編」より。
699西瓜トラック宮 本 輝0時間40分NHKラジオ文芸館。「星々の悲しみ」より。
699宮 本 輝0時間40分NHKラジオ文芸館。「星々の悲しみ」より。
699しぐれの実伊集院 静0時間40分NHKラジオ文芸館。「眠る鯉」より。
699更級日記菅原孝標女0時間40分NHK古典朗読より。
914モンスーンの花嫁向山 昌子4時間46分20代の半ばから旅したアジアの国々。忙しい毎日の中で迷ったり、悩んだりしたとき、ふと思い出されるのは、旅先で出会ったあのやさしい笑顔、そしておだやかな暮らしぶり。普通のひと、普通のくらし。



8. 編集後記


梅雨も明けいよいよ夏本番!!連日30度を超える猛暑が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。7月に入り出勤途中クマゼミの大合唱、やっぱり自然は規則正しく動いてるんだな〜と考えていると、ふと、クマゼミは日本全国にいるのかな?の疑問!早速、調べてみると関東南部以西の東海、近畿、中国、四国、九州地方に生息しているとのこと。が、しかし、最近では関東北部〜北陸にまで北上!?恐るべし地球温暖化!!
サッカーワールドカップでの日本の活躍、深夜に起きてのテレビ観戦、翌日寝不足などなど記憶に新しいのですが、私はプロ野球を球場に行ってナマ観戦、ビールを飲みながら仲間との楽しい楽しい観戦ツアーになりました。来年もプロ野球が来たら絶対行くぞ〜!!野球好きな方、是非観戦に行った方がいいですよ。想い出に。
  上地 武宏