沖視協だより第242号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第242号(平成21年12月発行)

1.回顧この一年…


私は年頭1月号の沖視協だよりに、RBCラジオが中継したTBSラジオの「全国8時です」の中から、「迎えた丑年の今年には、諸問題が続出し、社会が混乱し、抗争が発生した昨年を、「正して治めて整える」と言う意味があるという文言を書いた上で、「今年は、点字発案者ルイ・ブライユ生誕200年、日本点字考案者石川倉次生誕150年に当たり、私たち視覚障害者にとっても重要な年です。更に障害者自立支援法の見直しの年であり、裁判員制度がスタートしますし、障害者の権利に関する条約が批准されるかどうかといった年でもあるからです。私たち沖視協にとっては、九盲連沖縄大会、九盲連STT(サウンドテーブルテニス)沖縄大会を、是非成功させなければなりませんし、開館落成元年としての、しっかりした活動が求められる年でもあると言えるからであります。」と書き記し、1月5日の初おこしにも同様の挨拶を申し上げてスタートさせたように記憶しています。

そして私たち国民、県民は、社会の混乱や抗争を正していくために、衆議院選挙で今年の流行語大賞ともなった「政権交代」という歴史的な路線を選択し、その第1歩を歩み出したところであります。

6点式世界点字発案、日本点字考案の二大著名人の生誕に関しては、国レベルではいろんな記念事業が活発に繰り広げられ、沖視協としては、ラージサイズ点字を用いた中途失明者に対する点字指導に関する知花館長等の取り組み成果を全国情報提供施設大会などで発表して注目を浴びました。

「政権交代」にともなって、「障害者自立支援法は廃止の方向で検討され、それにかわる、仮称「障害者の総合福祉推進法(案)」が提起され論議中であり、裁判員制度は5月21日から始まり、ここ沖縄では12月15日に初めて開かれることになっています。

第62回九盲福祉沖縄大会は、「障害者権利条約批准と国内法整備を」、「合理的配慮で障害者施策充実を」、「団結と連帯で九盲運動と生活擁護を」、「ブライユ生誕200年を輝かしい年に」のスローガンの下、那覇市のパシフィックホテル沖縄で2月15・16の両日開催し、また第37回九盲視覚障害者サウンドテーブルテニス大会(沖縄大会)も、10月24・25の両日、サンアビリティーズうらそえで開催して、それぞれ成功を納めました。

こんな1年でしたが、年が開けて間もなく、グランドソフトボールで活躍していた宮城勝也氏、夏には浦添市の視覚部の重鎮として活躍された前田傳昭氏、そして11月には元評議員で重度視覚障害者の療育作業所てんてんを担っておられた宮城美幸氏が亡くなるという残念なこともありました(合掌)。

晩秋から冬にかけては、小鳥の世界は地鳴きの季節であり、私の好きな季節です。うぐいすは「ホーホケキョー」とは鳴かずに、「チョッチョイ」と鳴き、北方から渡ってきたしろはらもやはり「チョッチョッ」とか、「クワックワッ」と地鳴きでありますが、それが何とも風情があって良いのであります。

師走を迎え、1年間の感想を認めましたが、視覚障害者のみなさん、協会関係者のみなさん、この1年間のご活躍を多とし、その労に対して心から感謝を申し上げます。

どうぞ良い新年をお迎え下さい。

  会長 山 田 親 幸



2.第27回視覚障害者音楽発表会報告


去った11月22日(日)宜野湾市伊佐区公民館にて第27回視覚障害者音楽発表会を開催いたしました。

2年ぶりの開催、おまけに初めての会場ということもあり、いささか心配もありましたが、担当者の心配をよそに9時半受付前から多くの方々にお集まりいただき、スムーズに会を進めることができました。参加者の皆様のご協力に感謝いたします。

総勢122人。出場者は、

個人
古典の部 1名
琉球民謡の部 4名
歌謡曲の部 9名

団体
7団体

成績は以下のとおりです。

個人
古典の部 該当者なし
琉球民謡の部 優 勝 真栄里かおり(那覇市)
琉球民謡の部 準優勝 山城一子(那覇市)
歌謡曲の部 優 勝 志喜屋昭松(浦添市)
歌謡曲の部 準優勝 瑞慶覧元気(うるま市)

団体
優 勝 浦添市視覚部
準優勝 うるま市視覚部

尚、第27回視覚障害者音楽発表会開催にあたり、司会を務めていただきました金城澄男様、審査員の照屋英治様・親泊宣一様・玉城達男様・喜舎場孫好様・安谷屋喜子様には衷心より感謝申し上げます。



3.沖視協12月、1月の主な行事


12月6日
NAHAマラソンマッサージ奉仕活動「奥武山陸上競技場」

12月10日
平成21年度第2回支部長会 沖視協3F「研修室」

12月24日・25日
音の出る信号機を贈ろうチャリティーミュージックソン

12月28日
御用納め

1月4日
御用始め

1月31日
第15回「視覚障害者マラソン沖縄大会」 南城市グスクロード



4.沖視協忘年会、チャリティーボウリング大会ご案内


(1)忘年会
日  時 12月24日(木)18時より
会  費 2千円
申し込み 沖視協事務局 098‐863‐2997
定  員 60名(人数に達し次第締め切り)

(2)チャリティーボウリング大会
日  時 12月24日(木)19時集合
場  所 てだこボウリング場 4階(浦添市伊祖)電話098‐874‐5555
参 加 費 1500円(2ゲーム)シューズ代別
申し込み 沖視協 098‐860‐6867 担当/野原祐子



5.第15回記念「視覚障害者マラソン沖縄大会」受付期間延長


平成22年1月31日(日)開催の第15回記念「視覚障害者マラソン沖縄大会」受付期間を、平成21年12月25日(金)まで延長します。
種目は、マラソンの部10km・5km・3km・1.5kmコースと、ウォークの部5km・3kmコースです。
まだまだ、参加申込者が少ない状況です。申込を忘れていた方、参加を検討されていた方、まだ申込受付できますので、多くの皆様が参加され、第15回記念の大会を盛り上げて下さいますようお願い申し上げます。
参加申込書は、沖視協、各市町村福祉関係窓口及び社会福祉協議会等でも配布しております。



6.沖縄盲学校入学志願者募集!


平成22年度入学志願者募集要項が決まりました。
募集定員は普通科一般学級8名と重複障害学級3名です。高等部専攻科は保健理療科10名と理療科10名です。

入試説明会

幼稚部 平成22年1月8日(金) 午後2時〜午後3時
場 所 盲学校小学部棟 1階 幼稚部教室
高等部 平成22年1月8日(金) 午後2時30分〜午後3時30分
場 所 本校小学部棟 2階 給食室
問合わせ先 п@098−889-5375
入試担当 幼稚部:運天尚美  鳥養 広
入試担当 高等部:本永美代  新垣則和



7.点字カレンダー配布のお知らせ


2010年点字カレンダー。ご希望の方は、どうぞ点字図書館へお申し込み下さい。

1. ポスター型点字カレンダー(りそなグループ)先着20名。
2. 愛の小鳩点字カレンダー 先着60名。
3. 旧暦入り点字カレンダー 先着60名。
お申し込み 沖縄点字図書館 電話098−866-0222 野原祐子



8.新刊紹介

点字図書
NDC書名著者名巻数内容
092アメリカのパイを買って帰ろう駒沢 敏器4追憶の「アメリカの沖縄」−。憧れのアップルパイ、胸躍るラジオステーション、初めて英語を耳にしたあの日の入道雲…。1945年から1972年まで、日本に復帰する以前の沖縄の姿を描く。
159インテリジェンス人生相談  社会編佐藤 優3「ネットカフェ生活から抜け出せない」「自殺のことばかり考えています」…。貧困、国家、処世、未来といった社会的性質の強い相談に、佐藤優が知性を駆使し、実践的にアドバイス。『SPA!』連載をもとに書籍化したもの。
320住生活基本法  特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律 他 1表題ほか、「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」(通称:「住宅セーフティネット法」)を収録。
913ドンナ・マサヨの悪魔村田喜代子3「おれは長い旅をしてきた者だ」娘の体内から不気味な声が語りかけてくる。イタリア語で海を意味する「イルマーレ」と名乗る声の主はいったい何者なのか?生命誕生の神秘に迫る長篇。



録音図書
NDC書名著者名巻数内容
092お笑い米軍基地小波津正光3沖縄芸人vsアメリカ軍?世界最強軍隊に世界最弱沖縄貧乏芸人が立ち向かう!うちなんちゅ(沖縄人)にとってすでに生活の一部となってしまった沖縄の米軍基地をツッコミながら案内する。
093沖縄ぬちぐすい事典 尚 弘子7「ぬちぐすい」とは、沖縄の言葉で「ぬち」は「命」、「ぐすい」とは「薬」の意味。医食同源の思想が古くから生活に根付いている、世界に誇る長寿の食文化を、食材・料理など184項目で徹底解説。
159「すぐ動こう」動けば必ず答が出る和田  秀樹3悩み、考える時間は終わった。夢や目標に向かって第1歩を踏み出そう!動くための考え方や、動くことをベストとする人生観について説明。いまから何をやればいいかのヒントも紹介する。
493この世とあの世の風通し加藤 清5イエス・キリスト、松尾芭蕉、マッカーサー元帥、桃太郎、坂本九、紫式部、イブ・モンタン、かぐや姫、アインシュタイン、アル・カポネ、サンタクロース…。冥界の著名人たちとの架空対談48話。『週刊朝日』連載。
762のぶカンタービレ! 辻井 いつ子4人は幸せになるために、生まれてきたのです−。19歳でプロフェッショナルの音楽の世界に足を踏み入れた全盲のピアニスト・辻井伸行。母である著者が、それまでの7年間の歩みを振り返る。
913玩具の言い分朝倉 かすみ4「わたし」を脱いで裸になりたい…。シャレにならない大人の事情。女たちの理想郷はどこにあるのだろう?「グラン・トゥーリズモ」など、ほろ苦くもエロティックな全6編を収録する恋愛短編集。



デイジー図書
NDC書名著者名内容巻数
094自然の示唆と人生高良 鉄夫自然との対話の中から示唆を学び取り合理的に活用することによって、人生は多面にわたって幸せが訪れる。著者の実見と体験から得た自然の示唆を、随筆風に述べる。沖縄の自然や文化財、西表島の動植物ほか。8時間48分
783原辰徳今井 美樹ユニフォーム姿の時は決して見せない意外な一面、父子鷹として活躍した学生時代、注目のスターとしてデビューした現役時代、その苦労など、原辰徳と交流の深い15人が、その素顔を語る。5時間29分
908記憶に残っていること堀江 敏幸アリス・マンロー、ジュンパ・ラヒリ、アリステア・マクラウド…。新潮クレスト・ブックス創刊10周年特別企画。シリーズの全短篇120篇から厳選した、世界最高の短篇10作を1冊に。8時間36分



9.ありがとうございました!


平成21年度11月寄付者内訳

田端 サエ子 様 10,000円
具志堅雄之助 様 10,000円
匿 名 30,000円
匿 名 20,000円



10.編 集 後 記


早いもので、今年も残すところ2週間となりました。政権交代、新型インフルエンザなど、いろいろな出来事がありましたが、皆様、元日に立てた目標は達成できましたでしょうか。

沖視協だより12月号、いかがでしたでしょうか?。

12月だというのに、暑くなったり、寒くなったりとお天気の方も慌ただしいようです。体調には十分留意され、よいお年をお迎え下さい。

  編集委員 知花光英、当眞嗣廣、当真初子