沖視協だより第241号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第241号(平成21年11月発行)

1.第37回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス大会
(沖縄大会)熱戦繰り広げられる!


第37回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス大会は、去る10月24日、25日の両日、会場となったサンアビリティーズうらそえにて九州盲人会連合会(石渕貞次郎会長)加盟団体8チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。

開会式には、沖縄県知事(代理)、浦添市長(代理)が来賓として出席され、選手を激励。大会は、初日団体戦、二日目個人戦が行われました。注目の沖縄県チーム(知念幸男監督、選手8名)は、団体戦ベスト4、個人戦男子全盲の部で狩俣昌勝選手がベスト8と、惜しくも優勝には届きませんでした。

以下、各種目別の上位成績

団体戦
優勝 宮崎県、準優勝 長崎県

個人戦
全盲男子 優勝 宇原 弘(長崎)、準優勝 高橋利幸(宮崎)
全盲女子 優勝 藤本千賀(長崎)、準優勝 中村真奈美(宮崎)
弱視女子 優勝 脇園壽子(鹿児島)、準優勝 小園文子(宮崎)



2.チャリティーボウリング大会へのご協力ありがとうございました


7月から9月までの3ヶ月間、「第3回沖視協資金造成チャリティーボウリング大会」を浦添市内の「マスターズボウルてだこ」にて開催いたしましたところ、大勢の方々の参加協力がありました。誠にありがとうございました。

なお、収益金につきましては、沖視協運営資金といたしまして、県内視覚障害者事業に有効活用させて頂きます。

チケット売上げ総額
396枚、59万4,000円

経費(ゲーム代、印刷代、景品代)
29万2,297円

収益額
30万1,703円

チャリティーボウリング大会成績(順位、氏名、2ゲームトータルスコアの順、敬称は省略)

1位 大城貴雄 434点
2位 當山清友 415点
3位 當山清友 408点
4位 寺戸知行 392点
5位 安谷 健 375点
ハイゲーム賞(1ゲーム) 大城貴雄 230点
なお、とび賞につきましては、当選者のみ、本人へ連絡いたします。



3.第15回記念視覚障害者マラソン沖縄大会開催


開催日時
平成22年1月31日(日)

場所
沖縄県立玉城少年自然の家及び周辺道路(スタート/ゴール)

コース
グスクロードコース

種目
マラソンの部(10km・5km・3km・1.5km)
ウォークの部(5km・3km)

参加料
16歳以上1,000円・中学生以下500円(全種目共通)
@ 盲学校在校生及び視覚障害者の伴走者については無料。
A 参加料はナンバーカード・記念Tシャツ・保険料を含む。

申込期間
平成21年10月26日(月)〜平成21年12月11日(金)

申込先
沖縄県視覚障害者福祉協会

今回は、第15回の記念大会です。特別企画としてお楽しみ抽選会等を企画していますので、おおくの方が大会へ参加され、記念大会を盛り上げて下さいますようお願い申し上げます。



伴走・伴歩ボランティア講習会のお知らせ
平成22年1月31日(日)に開催される第15回記念視覚障害者マラソン沖縄大会で伴走または伴歩(ウォーク)ボランティアとして出場を希望される方を対象に講習会を開催します。経験の有無を問いませんので、伴走・伴歩ボランティアに興味がある方がいらっしゃいましたら、是非ご参加下さい。

講習日時
平成21年12月13日(日)午前8時〜11時 伴走・伴歩コース
平成21年12月20日(日)午前8時〜11時 伴走コースのみ

集合場所
奥武山陸上競技場入口

募集人員
伴歩コース30人・伴走コース20人

講師
沖縄伴走ランナーネットワーク・沖縄ロープランナーズ会員

申込先
沖縄県視覚障害者福祉協会

電話
098-863-2997(担当:玉城)

申込締切
平成21年12月9日(水)

受講料
無料



4.沖視協11月、12月の主な行事


11月9日(月)
高橋先生墓参

11月13日(金)
沖視協職員研修会

11月22日(日)
第27回音楽発表大会 宜野湾市「伊佐公民館」

12月6日(日)
NAHAマラソンマッサージ奉仕活動「奥武山陸上競技場」

12月24日(火)
チャリティーミュージックソン

12月28日(土)
仕事納め



5.琉球放送ラジオ局から多額浄財を引継ぐ!!


去る10月30日、RBCラジオ局のスタジオ内で真栄田喜男局長から沖視協の山田親幸会長へ10,891,952円の浄財が引きつがれた。この浄財は5年程前にRBCラジオ局が創立50周年を記念して県内に在住する視覚障害者(全盲)に対して盲導犬を使用したいと願っている人に、ひとりでも多くの盲導犬使用者を育成しようと一般県民に呼びかけて集まった浄財(寄付金)である。期間中には18,000,000円あまり寄付があったとのことであるが、これまでに約7,000,000円を盲導犬養成にかかわる事業に支出してあり、残金が今回、沖視協が引きついだ上記の金額である。1人の盲導犬使用者を養成するのにおよそ2,500,000円が必要であり、沖視協としてもRBCラジオ局の意志を尊重して社会福祉法人として公益事業を実施していきたいと考えている。



6.地上デジタル放送受信のための支援(簡易チューナーを無償給付します)


この支援により、今お持ちのアナログテレビで平成23年7月以降もテレビ放送が視聴できるようになります。支援を受けられるのは、以下のいずれかに該当し、NHKの放送受信料が全額免除となっている世帯です。

@生活保護などの公的扶助を受けている世帯

A障がい者がいる世帯で、かつ世帯全体が市町村民税非課税の措置を受けている世帯

B社会福祉事業施設に入所されていて、自らテレビを持ち込んでいる世帯

[申込受付期間]
平成21年10月1日〜平成21年12月28日(消印有効)[平成21年度分]

※チューナーの給付、アンテナの工事などについて費用を請求することはありません。
※地上デジタル放送に関する誤った情報や関連商品・サービスを売りつける悪質商法にご注意ください。

地上デジタル放送受信のための支援、申込みなどに関する問い合わせ
総務省 地デジチューナー支援実施センター http://www.chidejishien.jp
ナビダイヤル:0570-033840※FAX:044-966-8719
上記の番号が利用できない場合はTEL:044-969-5425

NHKの放送受信契約や免除に関する問い合わせ先
NHK 視聴者コールセンター http://www.nhk.or.jp/jushinryo/
ナビダイヤル:0570-000588※FAX:044-888-4340
上記の番号が利用できない場合はTEL:044-871-8441

受付時間
平日 午前9時〜午後9時 (土・日・祝日は午前9時〜午後6時)



7.芭蕉の会活動終息に向けて


  芭蕉の会新聞リーディングサービス会長 糸満久美子

12月10日、芭蕉の会新聞リーディングサービスの誕生日です。今年は二十四回目の誕生日。然し残念ながら最後の誕生日となりました。諸々の思いで迎えるこの日、利用者とボランティアが共に過ごした歳月の終息はそれぞれの胸中にどのように残るのでしょうか。

芭蕉の会新聞リーディングサービスは活動を終わりますが、二十三年という歳月は多くのものを私たちに残してくれました。一本の電話が結ぶ絆を活動現場でもっともっと長く育てて行きたいというのが私達ボランティアひとりひとりの思いでしたが、利用者の減少等もあり、これも時代の流れかというところにたどり着いての結果となりました。

NTT奥様モニターOG会が中心となって起ち上げたこの会を物心両面から支えてくださり、二十三年間活動現場となる室を無償提供して頂いたNTTに心からお礼を申し上げたいと思います。本当に有難うございました。

来る12月12日(土曜日)、活動の締めくくりとして皆様とのお別れ会を企画しております。会員として関わって下さりそれぞれの事情で去って行かれた旧会員にも呼びかけ、最後の交流会を考えております。お別れ会にどうぞ多数ご参加下さい。後日、改めてご案内させて頂きます。

二十三年間にわたって芭蕉の会新聞リーディングサービスを支えてくださいました全ての方々にお礼を申し上げ、皆様のご健康をお祈りいたします。〜感謝。



8.長野県視覚障害者マラソン大会に参加を!


長野県視覚障害者マラソン協会は平成22年4月18日(日)に開催される長野マラソンに視覚障がい者の部が新設されたので全国の視覚障害者マラソン愛好者はふるってエントリーしてもらいたいと呼びかけている。

同じ仲間と交流を持ちながら、桜満開の善光寺平を一緒に走りましょう。募集定員は50名となっております。申込受付開始は平成21年11月21日(土)午前10時から50名になり次第締め切りとなります。

お問い合わせ
長野オリンピック記念長野マラソン大会組織委員会事務局

連絡先
TEL 026−234-6380 FAX 026−234-6381 E-mail:info@naganomarathon.gr.jp

主催
(財)日本オリンピック委員会

コース
長野オリンピック記念長距離競争路 

参加資格
視覚障害者
B1・・・視力は光覚までで、どの距離や方向でも認知はできないもの。
B2・・・手の形を認知できるものから、視力0.03までまたは視野が5度以下のもの。
B3・・・視力は0.03以上0.1までのものと、視野が5度以上で20度以下のもの
これらに当てはまらない視覚障害者は一般の部へ



9.Q&A


このコーナーは、皆様からお寄せいただいたご質問・ご要望にQ&A方式にてお答えするコーナーです。どうぞ、皆さんからの声をお寄せ下さい。

Q.駐車場前に設置されている自動販売機、場所が探しにくく、雨の日は不便です。玄関前などわかりやすい位置に移動はできないでしょうか。
A.ご意見ありがとうございます。管理面、衛生面、いま館内で問題になっている吸い殻のポイ捨てなど、いろいろ検討した結果、できるだけ利用者のご要望にお応えしようと、スペースの問題で1台だけになりますが、建物に入った自動ドアの横に11月より設置することになりました。
嬉しいことに業者さんの協力により料金も1コイン(100円)でのご利用となります。

沖視協より皆様へのお願い
今回、館内に自動販売機を設置することになりました。空缶・空瓶・ペットボトルなどは飲み残しのないよう、所定のゴミ入れに入れるよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。



10.12月の生活訓練案内


12月の生活訓練の日程が決まりましたのでご案内いたします。

着付け
12月10日(木) 午後2時〜4時

生け花
12月25日(金) 午後2時〜4時
材料代 2,000円

※準備の都合がありますので、生け花参加ご希望の方は12月17日までに沖縄点字図書館098−866-0222 武村までご連絡ください。



11.新刊紹介

点字図書
NDC書名著者名巻数内容
362差別と日本人野中広務・辛淑玉3部落とは?在日とは?なぜ差別の闘いは終わらないのか?差別への無理解と、差別が差別を生む構造−。野中広務と辛淑玉、差別を受ける側に生まれた2人が語り抜く人間の暗部。
369障害者条例を必要としているあなたへ千葉県障害者条例情報発信プロジェクトチーム4千葉県で全国初となる障害者差別をなくすための条例「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」が施行された。条例が誕生するまでのプロセスや、条例の概要・論点、施行後の状況などを紹介する。
369さわる文化への招待広瀬浩二郎310代で失明した著者は、日々、様々な感覚を駆使し、想像力を働かせ、旅行や花見も楽しむ「豊かな触生活」を送る。勤務先の博物館では「触文化」の魅力を全ての人へ伝えたいと、彫刻に触るワークショップを開催。「無謀と希望に満ちたユニークな人生を切り開く」気概に満ちた著者が触って「みる」楽しさ、「手学問」の広くて深い世界を紹介する。
379僕たち、どうして勉強するの?古市 幸雄2見たいテレビや、やりたいゲームを我慢してまで、どうして勉強するのかな?君が子どもだから?それが子どもの仕事だから?「「1日30分」を続けなさい!」の著者が、勉強をする本当の理由を自らの体験をもとに語る。
489カバに会う坪内 稔典(としのり)2ピーナッツバターの正しい食べ方、日記を綴る妻のペンの音でその中身を聞き取る方法、コンマ記号の優雅な形態への熱烈な賛辞…。身の回り品観察小説。
775ブロードウェイ夢と戦いの日々高良 結香3「コーラスライン」のほか、数々のオーディションをブロードウェイで勝ち取ってきた高良結香。なぜ想像を絶する困難と試練に直面しながらも、それらを乗り越えてきたのか…。ブロードウェイの真実を語るドキュメント。
913NO.6(ナンバーシックス)7あさのあつこ2決して開くはずのない矯正施設の扉がついに開かれた。目指すは、沙布が囚われている最上階。紫苑とネズミはセンサ−をかいくぐり、最奥部へと突き進む。壮絶な戦いの末に、2人が目にしたものは…。近未来サバイバル小説、第7弾。
914ま、いっか浅田 次郎3自分のために笑え。人のために笑え。いつも背筋を伸ばし、鉄の心を忘れるな。粋に、一途に、ゆぅるりと。浅田次郎が贈る、軽妙洒脱な生き方指南!
911金子みすゞ詩の絵本 ふしぎ金子みすゞ1金子みすゞの詩の世界が、親しみやすくかわいいキャラクターで楽しめる「みすゞこれくしょん」。瑞々しい感性といのちへのまなざしに溢れる、心あたたまる優しい作品。
933縞模様のパジャマの少年ジョン・ボイン3突然見知らぬ土地へ引っ越してきた軍人の息子ブルーノは、遊び相手もなく退屈な毎日を送っていた。ある日、巨大なフェンス越しに、縞模様の服を着た少年シュムエルと出会う。二人の間には友情が生まれるが…。



録音図書
NDC書名著者名巻数内容
093お笑い沖縄ガイド小波津正光4移住ナイチャーが産地不明の土産物をナイチャー観光客に売りつけ、地元お笑い芸人は米軍基地をネタに飯を食う。等身大の「癒しの島」は、矛盾だらけの泣き笑い。沖縄出身の芸人が、ウチナンチュの本音をリアルに綴る。
913厭な小説京極 夏彦10同期の愚痴にうんざりして帰宅した私は、マイホームの玄関で、見るからに不気味な子供と出会う。だが、妻はその子の存在を否定した。私は怪訝に思うが…。あらゆる不愉快を詰め込んだ、どんびきエンターテインメント小説。



デイジー図書
NDC書名著者名内容巻数
369障害者条例を必要としているあなたへ千葉県障害者条例情報発信プロジェクトチーム千葉県で全国初となる障害者差別をなくすための条例「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」が施行された。条例が誕生するまでのプロセスや、条例の概要・論点、施行後の状況などを紹介する。8時間51分



12.ありがとうございました!


平成21年度10月寄付者内訳
沖縄県農林水産団体共済会 300,000円
嘉数 和子 様 10,000円
儀保恵美子 様 10,000円
太田 節子 様 10,000円
匿 名(STT大会事業へ) 100,000円
匿 名 2,000円



13.第44回沖縄県身体障害者福祉大会へ参加しよう!!


新しい時代に向けた身体障害者の自立と社会参加の促進を図ることを目的として福祉大会が開催されます。みんなで誘いあって参加しましょう。

日時
11月29日(日) 午後1:30〜午後3:00

場所
豊見城市中央公民館



13.編 集 後 記


九州サウンドテーブルテニス大会に参加されました沖縄県チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。地元での開催応援団も多く、緊張しましたでしょうか。また、来年に向けて練習に励んで下さい。

沖視協だより11月号、いかがでしたでしょうか。台風20号の接近後は、すっかり秋らしくなってまいりました。新刊紹介のコーナーも参考に、秋の夜長、読書はいかがでしょうか。

  編集委員 知花光英、当眞嗣廣、当真初子