【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第238号(平成21年8月発行)

1.今年も65年目の暑い8月がやって来ました!


書斎の壁にかかった点字カレンダーを手にとって見ますと、「6日(広島平和記念日)・7日(立秋)・9日(長崎原爆の日)・23日(処暑)」と、「大安2日・8日・14日・24日・30日」と共に抜き出しの記載がありましたが、「15日終戦記念日(または敗戦記念日)」の記載は全くありませんでした。

当時、日本というか、本土におらず、例えば私たちのように遠隔地の沖縄や外地にいた者にとっては、ちっとも不思議なことではありませんでした。なぜなら、8月15日正午にラジオから放送された「天皇の終戦詔勅」を聴くことのできない人がほとんどだったからです。因みに、この点字カレンダーの発行元は、「日本テレビ系列愛の小鳩事業団」とあり、「新しい年のあなたに心をこめて贈ります」とありました。戦争を二度と繰り返してはいけません。この言葉を忘れてはならないと思います。

さて、今月23日(日曜日)には、第24回沖縄県サウンドテーブルテニス(STT)大会が、サンアビリティーズうらそえで開催されます。今回は、初めて団体戦の他に個人戦が行われます。皆さん奮って御参加下さい。
問い合わせ先098−866−0222(担当:上地武宏)

おわりに、長期予報によると、本土は冷夏が心配されていますが、こちら沖縄は反対に連日34度以上の真夏日で35度の超真夏日も予想されています。皆様!水分や塩分補給などくれぐれもお気をつけ下さい。

会長  山田親幸



2.サウンドテーブルテニス審判員養成講習会開催


本年10月開催の第37回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス沖縄大会に向けて、審判員養成講習会が7月18・19日の両日、沖視協3階研修室にて開催致しました。

講習会は、熊本県より橋口賢一さんを講師にお招きし、学科と実技の指導が行われました。受講されました沖縄県卓球協会の先生方、大変お疲れ様でした。九州大会、宜しくお願い申し上げます。



3.「沖視協だより」6月号につづいて7月号が届いた!


表紙の花が初夏を思わせるアジサイの花からまぶしく照りつける夏の花ヒマワリに変っている。幸い私の手元には毎月福祉関係の情報のつまった広報紙が地元西原町社協の「フクドン福丼」、女と男の情報紙「さわふじ」、本県の福祉の中核を担う「沖社協だより」、福祉事業団の「紺碧」をはじめ関係する施設、団体から数多くのたよりが届き、その心配りに感謝しながら私の4期作である農業ボランティアに励むことができることを幸せに思っている。

ところで、これまで237号に及ぶ沖視協だよりも新館落成を機に利用者は勿論、関係する一般市民、団体にも届けるべく内容を充実させるため編集委員会を立ち上げ知花委員長(図書館長)の卓越したリーダーシップで皆に親しめる広報をめざして編集委員の皆さんが頑張っていることを嬉しく思う。

この広報により沖視協の活動が広く市民の理解を深め1人また1人と協力の輪が広がり私たち仲間の自律への気概と相俟って明日の幸せにつなぎたいものと願っている。頑張れ!!沖視協

副会長  西表孫称

註)私の4期作
1期作 60才まで県庁勤務
2期作 70才まで大学勤務
3期作 80才まで沖視協勤務
4期作 90才まで農業ボランティア



4.第22回九州盲青年研修大会参加報告


日 時:平成21年7月19日(日)・20日(月)
会 場:鹿児島市・「ハートピアかごしま」「高千穂牧場」
参加者:野原秀次・仲村渠弘康

19日の昼に鹿児島市内のハートピア鹿児島の会場に入り、1時から青年部長会、開会式、青年部会、研修会と続きました。青年部会では、20年度の活動と決算・監査報告が承認され、21年度活動計画と予算案が承認されました。来年は福岡県で全国盲青年研修大会も行われます。

3時半からの研修会は、今話題の裁判員制度についての研修会でした。鹿児島地方検察庁の方を講師に、裁判員制度の内容について、視覚障害者が裁判員に選ばれた場合、業務遂行のために配慮されている事など説明がありました。問題として「写真など視覚に頼る証拠をどう自身で判断するのか」や、会場からは、制度に直接盛り込まれていない部分で、「ガイドヘルパーを付ける事ができるのか」「送迎をしてくれるのか」など質問があり、別の部分で課題があるのだなと感じました。場所を移して6時半からは、懇親会で海の幸をいただき、ゴーヤー炒めも出ていました。

翌日は、宮崎県の高千穂牧場見学で、広い敷地内では、牛乳、ソーセージ、羊毛、堆肥等の生産、加工、販売を一連に手掛けていて、醗酵時にでるガスを利用し、発電をしていました。体験として、バターとソーセージを作りました。バターは、牛乳と生クリームを5分程混ぜ、玉ができたら濾し出し、それを冷やし固めて作ります。意外と簡単でした。

ソーセージは、羊の腸に豚肉を詰めて作りますが、初め腸を破ってしまい、腸を破らずに肉を詰めるのが難しかったのですが、慣れると楽しく、その後詰め終わり、ボイルした物が戻って来て、こうばしい香りが一面に漂うと、あまりうまくできたようには思わなかったものの「これが自分で作ったソーセージか」と思うと感動で、味も上々でした。その後、鹿児島空港から7時に戻って来ました。

今回も大変充実した研修を受ける事ができました。派遣に伴い、協力していただいた関係機関の方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

青年部部長  野原秀次



5.第41回九盲女性指導者研修会報告


日 時:平成21年7月26日(日)・27日(月)
会 場:佐賀市・四季彩ホテル「千代田館」
参加者:田端サエ子・当山由美子・上原典子

豪雨の福岡空港を高速バスにて佐賀へ、途中冠水場所があり旧道路を通り30分遅れて佐賀バスセンター到着。路上はまるで川の中を歩いているようでした。寄せては返す波のように膝下まで水浸し、思わず大きな声を出す状況で、50数年前の台風の際、床下浸水した時の事を思い出しました。私達は水の中を歩いてタクシー乗り場に行き研修会場へと向かいました。

<研修1> テーマ 各地域の女性部の現状報告と意見交換(13時50分)
1.各県とも生活訓練が減らされている報告
2.会員の高齢化、若い方の入会者が少ない事
3.県外大会派遣については、代表者1名は女性部の予算から捻出している県もありましたが、自己負担で参加している県が多数しめておりました。楽しい女性部会作りも必要ではないでしょうかとの意見もありました。
4.全国盲女性会長からは盲学校の先生方との交流を行ったらどうか。
他県では広域なため地域支部で活動し、一カ所に集まって行事を行う事が難しい。女性部の年間会費は2,000円〜2,500円という県が殆どでした。冠水で電車が動かず鹿児島県と長崎県は大幅に遅れ、研修会には間に合わず2県の情報は聞くことが出来ませんでした。

部長会議(7時30分)
1.経過報告
2.中央情勢報告 全国盲女性会長選挙について各ブロック毎に推薦した方がよいとの事で、現在検討中との事でした。
3.20年度収支決算書報告
4.21年度の活動について
各県負担金値上げについて検討課題
全国委員代表者会議参加者助成金一人当たり12,000円から15,000円に引き上げる事になりました。

<研修2>27日(月)(9時40分〜11時)
警察音楽隊25名の素晴らしい演奏を聞きながら事例を交えた「振り込め詐欺」「空き巣対策」「110番通報の仕方」など。講師 佐賀県警察本部生活安全部生活安全企画課長補佐 吉田智昭氏。被害に合わないようにするには家庭内の決まり言葉を話し合う事、家庭内でコミュニケーションを取る事。演奏の合間のお話はとても勉強になりました。今年度も大変実り多い研修会でした。次年度は全国大会と一緒に「長崎県」で開催するそうです。

最後になりましたが本大会派遣にご協力下さいました関係機関、諸団体のみなさま方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

女性部部長  田端サエ子



6.お知らせ


(1)投票用紙に点字シール
県選挙管理委員会では、今月行われます衆議院選挙より、点字で投票する際、投票用紙に「選挙区」、「比例区」等々、点字シールを貼り付け、表示することになりました。また、各投票所には、点字器と、点字の候補者氏名一覧も用意しておりますので、どうぞご利用下さい。

(2)ハイブリッド車無音を体感
ハイブリッド車や電気自動車の開発により、エンジン音のしない自動車が増えてまいりました。そこで、私たち視覚障害者にとって、このようなエコカーが増えることにより、日常生活において、どのように影響を及ぼすのか、エンジン音や走行音の体感会を下記の日程で行います。お気軽にご参加下さい。

日 時:8月31日(月)15時30分〜16時30分
場 所:沖視協駐車場
協 力:沖縄トヨタ自動車

なお、参加される方は、事前に沖視協863−2997知花まで連絡下さい。

(3)沖視協休館のお知らせ
9月3日は旧盆のため、沖視協(法人・図書館・マッサージセンター)は休館となります。。

(4)9月の生活訓練
料 理
21年度は4回予定されています。今年度から講師が代わりました。

講師:仲田和子先生
日時:9月18日(金)10時〜13時
場所:沖視協3階調理室
募集人数:5名(9月4日まで受付。7日に抽選にて参加者を決定し後日連絡)
申込:863-2997 沖視協事務局 当真初子



7.第2回 山学校報告


7月22日(水)4時から5時半まで「視覚障害高齢者問題」をテーマに山城紀子さん(沖縄タイムス元記者で現在はフリーライター)を招いて、12名の参加で行われました。
山城さんは職場の中で女性への無意識な差別を感じた経験から社会的弱者の立場に立たされがちな少数の人々に共感し、結果として視覚障害者とかかわることになったこと。長寿県沖縄の高齢者対策の実態と問題点、東京都青梅市にある盲老人ホーム聖明園を見聞したことについて分かりやすく話しました。その後、山田会長から、新しく発刊された、「視覚障害者の老後を豊かにするための本」の感想が述べられて質問や発言がありました。
全国で盲老人ホームのない県は4県だけ(沖縄以外の3県は隣県に入所可能)という事実。盲老人ホームについての質問や沖縄に盲老人ホームがあれば入りたいといった意見がありました。
最後に、参加者が会長から紹介された本の点字版、デイジー版(沖縄点字図書館所蔵)を読んだ後、10月頃に、再度同じテーマで山学校を行うとの結びがあり終了しました。



8.沖視協 8月、9月の主な行事


8月23日
第24回沖縄県サウンドテーブルテニス大会 「サンアビリティーズうらそえ」

8月31日
ハイブリッド車無音体感会「沖視協駐車場」

9月3日
旧盆のため、休館

9月13日
沖縄県身体障害者スポーツ大会「名護市」

9月21〜26日
沖縄県障害者ふれあいの翼海外研修(マレーシア)山田会長



9.第54回日本身体障害者福祉大会決議


去る5月22日に開催された第54回日本身体障害者福祉大会において採択された大会決議は次のとおりである。

大 会 決 議
1 「私たち抜きに私たちのことを決めてはならない」の精神を体現した施策を要望する。
2 障害者権利条約批准に向けた国内法制の早期整備を要望する。
3 障害者虐待防止法の創設を要望する。
4 障害者相談員制度の活用と充実を要望する。
5 小規模作業所を含めた雇用及び就労支援施策の一層の充実を要望する。
6 地域格差のない障害者福祉施策の実現を要望する。
以上決議する。
2009年5月22日  第54回日本身体障害者福祉大会



10.「私たちの税金・平成21年度版」


国税庁から、平成21年7月に、目の不自由な方の租税に対する理解の一助になればとして点字広報誌が1冊送付されてきました。税金について知りたいこと、勉強したいことなどがあれば、福祉センターのエントランスに常時保管してありますので利用して下さい。



11.Q&A


このコーナーは、皆様からお寄せいただいたご質問・ご要望にQ&A方式にお答えするコーナーです。どうぞ、皆さんからの声をお寄せ下さい。

Q.国際通りから沖視協に抜ける道、昨年新しく開通した通りなんですが、歩道は広く点字ブロックも整備されていますが、問題は民家からの木々の枝がかなり伸びている箇所があります。顔に切り傷を負ったり、雨の日は服を汚したり、困っています。何か対処はできませんか。

A.確かに街路樹が伸びて通行の邪魔になっている箇所は、沖視協の通りだけではありませんね!早速、関係機関に連絡し、住民へのご理解を求め、伸びきった枝を剪定してもらいました。また、皆様のお住まいの地域で、このような状況にある際は、国、県、市町村の道路管理課へご相談下さい。



12.新刊紹介

点字図書
NDC書名著者名巻数内容
092沖縄戦の真実と歪曲大城 将保4沖縄の日本復帰から35年。文部科学省は、なぜ教科書検定で「集団自決」の真実を歪めるのか?沖縄は、なぜ島ぐるみでそれに抗議するのか?戦争体験者の聞き取り調査を続けている著者が、彼らの怒りの声を伝える。
096シマ豆腐紀行宮里 千里5本書は、「断乎として、シマ豆腐なのだ!」と豪語する著者・宮里千里が、沖縄はもとより、南米、アジア、日本と、シマ豆腐を追いかけて幾千里、あっちゃーあっちゃー東奔西走したアイと情熱の紀行です。
159手紙屋 蛍雪編喜多川 泰3何のために勉強するんだろう?何のために大学に行くんだろう?進路に悩む女子高生、和花が「手紙屋」から学んだ、勉強の本当の意味とその面白さ。ベストセラー君と会えたから……』『手紙屋』の著者が贈る渾身のメッセージ!
291<本物・上質・好奇心 たびんぐ (15)> 九州あるっく編集部5「本物・上質・好奇心」をキーワードに、一歩上を行く旅を提案。九州各県の郷土の味や、日田や知覧などの小京都、別府や湯布院に代表される南国の名湯など、九州の必見ポイントを紹介する。データ:2006年5月現在。
316アメリカの黒人演説集荒 このみ5憲法が謳う自由と平等、アメリカの夢と現実。奴隷制、南北戦争、公民権闘争
486虫屋のみる夢田 川 研3ふたりの虫屋が山のなかで妙な声を発して、コツバメに翻弄されているその格好は、どう見ても異常であった…。虫とのつきあい、虫仲間との交遊を軸に、自然科学への好奇心とユーモアを満載。「虫屋の虫めがね」に続く第2弾。
901必笑小咄のテクニック米原 万里3日本人離れしたユーモアセンスの持ち主である著者が、世間に流布する笑いの法則を突き止めて分類し、自作も含めて豊富な例をあげながら、笑いの本質に迫る。この一冊で、ユーモアとジョークの達人になる!
913晩夏のプレイボールあさのあつこ39回裏、2死ランナーなし、4点差。追いつくのは奇跡だ。だけど、それがどうした。おれはまだ打席に立てる−。野球を愛する者だけに見えた10の物語。『サンデー毎日』掲載作品を書籍化。
913テンペスト 下池上 永一9流刑にされた宦官・寧温こと真鶴は、九死に一生を得て、側室として返り咲いた。折しも内外に国難を抱える五百年王国に、ペリー来航。近代化の嵐が吹きすさぶ…。ジェットコースター王朝絵巻!
913夢見る黄金地球儀 海 堂 尊58年ぶりに現れた非常識な友人の一言が、トラブルの始まりだった!町工場の技術と頭脳を駆使した華麗なる黄金奪取作戦。曲者たちが繰り広げるゲームは二転三転、驚愕の展開へ−。抱腹絶倒のジェットコースター・ノベル。
913プリンセス・トヨトミ万城目 学7月末日の木曜日午後4時、大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける「鍵」となったのは、女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子。そして、東京から来た会計検査院の3人の調査官だった…。
913殺人ピエロの孤島同窓会水田美意子4東硫黄島高校同窓生が4年ぶりに島に集まった。だが、突如現れた殺人ピエロにより、島は恐怖の孤島と化す。次々と同窓生たちを惨殺し始める殺人ピエロの正体は?12歳書いた連続殺人ミステリー。
956禿頭礼賛フィリップ・エリアキム323歳にして男性型脱毛症であると宣告された著者の、絶望的な七転八倒、涙ぐましい孤軍奮闘ぶりを、ユーモラスな語り口で描いた抱腹絶倒のフランス・エッセイ。怪しげな薬を塗り、彼女に逃げられ、世間を呪い、数々の涙ぐましい経験の結末は…。



デイジー図書
NDC書名著者名内容巻数
294砂漠に風が棲んでいる下重暁子砂漠の風に包まれたエジプトでの暮らし、懐かしいメイドのナジーラ、運転手のモハムッド…。今なお、褪せることのない砂と風の記憶が蘇る。女性の視点から綴るエジプト滞在記。5時間19分
320「俺の酒が飲めねーか」は犯罪ですなかむら いちろう総理大臣を「くじ」で決定していいの?暴走族に手を振っただけで罰金?ウェブサイト『変な法律』の中から、「なんだ、これは?」と言いたくなる、選りすぐりの「変な法律」を紹介する。4時間18分
329東京裁判批判と絶対平和主義中島 岳志東京裁判で被告人全員を無罪としたインド人裁判官パール。インドでの生い立ちや法学者としての活動、東京裁判とパール判決書、戦後繰り返し訴えてきた再軍備反対や平和憲法の死守、絶対平和主義など、彼の思想の根源に迫る。8時間20分
384“きよのさん”と歩く江戸六百里金森 敦子江戸時代の有閑マダム、豪商の内儀三井清野は、羽州・鶴岡から日光、江戸、伊勢、京都、大坂、そして故郷へ、総距離二三四〇キロ、総日程一〇八日の大旅行を敢行している。江戸藩邸の見学遊郭見物関所抜け買い物三昧…そのゴージャスでスリリングな「大観光グルメ旅行」15時間3分
453地震予知の科学日本地震学会地震予知検討委員会 地震予知はどこまで可能なのか?この10年で大きく進展した地震予知研究の最前線とその歴史をわかりやすく解説。巷に氾濫する「地震予知不可能論」や「地震雲」へも強力に反証した、等身大の地震予知学。8時間45分
460生物と無生物のあいだ福岡 伸一「生きている」とはどういうことか?分子生物学がたどりついた地平を、歴史の闇に沈んだ科学者たちに光を当てながら平易に明かす。ページをめくる手がとまらない極上の科学ミステリー。8時間37分
498人は“口ぐせ”から老化する佐藤 富雄老けないヒトの「口ぐせ」の秘密、間違いだらけのアンチエイジングの「常識」、“老化時計”を止める「サイトカイン10」が満ちる生き方など、「老けない生き方」とその実践方法を紹介する。3時間59分
498ウジムシは天才!増 田 明糖尿病による壊疽 足首を切断する前に。1時間5分
502職人暮らし原田多可司技術を身につけて職人になりたい−。大学を出ても就職が難しい現在、そんな若者が増えている。著者の経験及び、宮大工、左官等の匠たちから聞き出した話をもとに、職人人生の機微と、知られざる伝統技術職人の現在を伝える。7時間49分
662オキナワ海人(うみんちゅ)日和吉村 喜彦海人は、そしてウチナーンチュは、どんな思いで海と関わっているのだろう?日本最大の甲イカを突く男、巨大ビニールハウスで海ぶどうを育てる男、海が大嫌いだった男など、11人の男たちの沖縄・海暮らしを訪ねる。4時間0分
673ぼくが葬儀屋さんになった理由(わけ)富安 徳久人は誰もが死ぬ。そしていつ死ぬかわからない。しかし、死があるからこそ命はいとしく、いきいきと輝く−。18歳で飛びこんだ葬儀ビジネス人生を振り返り、それを通じてわかった死と命、そして人間のあり方を伝える。6時間51分
699中原中也作品集中原 中也NHKラジオ放送番組朗読の時間より。第1巻 詩、第2巻 詩、第4巻 日記・書簡。5時間11分
699牧野信一短編集牧野 信一 NHKラジオ放送番組朗読の時間より。地球儀・父を売る子・父の百ヶ日前後・鱗雲・随筆「昆虫採集」3時間53分
699紫式部日記紫 式 部NHKラジオ放送番組朗読の時間より。作品の一部を朗読した後、その部分の解説が入る。40時間20分
699古事記物語鈴木三重吉NHKラジオ放送番組朗読の時間より。女神の死・天の岩屋・八俣の大蛇・むかでの室・蛇の室・雉のお使・笠沙の宮・満潮の玉・八咫烏・赤い盾黒い盾・唖の皇子・白い鳥・赤い玉・宇治の渡し・難波のお宮。5時間10分
910古典の読み方藤井 貞和物語や和歌を読みこなす方法を身につけるための入門書。8時間27分
911芭蕉入門井本 農一やさしく、噛みくだいて説明してある。芭蕉研究第一人者による書き下ろし。6時間31分
913テンペスト 上池上 永一末期琉球王朝。珊瑚礁に囲まれた五百年王国の美少女・真鶴は、国を救うため性を偽り宦官になった。王府入りした真鶴はフル回転で活躍するが、待っていたのは流刑で…。死ぬも生きるも嵐のごとく!ノンストップ人生劇場。/td>16時間55分
913テンペスト 下池上 永一流刑にされた宦官・寧温こと真鶴は、九死に一生を得て、側室として返り咲いた。折しも内外に国難を抱える五百年王国に、ペリー来航。近代化の嵐が吹きすさぶ…。ジェットコースター王朝絵巻!16時間36分
913竹取物語大倉 崇裕吉田博士蔵本に初めて全訳注を施し、新しい理解と鑑賞へ招待する。7時間0分
913聖域大倉 崇裕マッキンリーを極めたほどの男が、なぜ難易度の低い塩尻岳で滑落したのか。3年前のある事故以来、山に背を向けて生きていた草庭は、好敵手であり親友だった安西の死の謎を解き明かすため、再び山と向き合うことを決意する。9時間37分
913小説防衛省大下 英治悲願だった「省」への昇格を果たした防衛庁。国防を担う者たちの熱き胸のうちは?歴代大臣、事務次官、幹部クラスらへの取材を通じて、知られざる防衛省の実態を明らかにする。30時間20分
913パリの詐欺師たち奥本 大三郎離婚成立−学校から前借りをして先生が出かけた先はパリ。そこに出現した希代の食通…。だが、この男少し怪しい。まとわりつく男から先生は逃れられるか。表題作と「蛙恐怖症」の2篇を収録する。6時間22分
913生涯野人岳 真 也岩倉使節団と共にフランスに留学し、帰国後ルソー「民約論」を翻訳・紹介。自由民権運動に絶大な影響を与えた中江兆民は、民権派の新聞に健筆を揮い、藩閥政治を糾弾した。独自の唯物史観に貫かれた波瀾の生涯を周密に描く。13時間26分
913やる気のない刺客佐藤 雅美元渡世人で、いまは小さな医院を開いている宗哲。やくざ者たちの勢力分布に異変が生じ、宗哲はなるべくその動きに関わらずにいようとする。だが、人宿で奉公を願い出た女を往診したことから事態は思わぬ方向へ流れていき…。8時間36分
913ファントム・ピークス北林 一光半年前に失踪した妻の頭蓋骨が見つかり、絶望する三井周平。数日後、沢で写真を撮っていた女性が行方不明になる。妻の事故との類似点に気づいた周平は捜索を手伝うが、それは恐怖の連鎖のきっかけにすぎなかった。10時間9分
914学んで楽しんで86歳、こころ若く生きる清 川 妙子育ても卒業。なんだかホッと…。自分を育てていく大切な時間をどう過ごすか?好奇心に充ち、感受性もやわらかく繊細で、心は今も旬という86歳の著者が、こころ若く生きたいと願うすべての年代の方に贈るアドバイス。4時間20分
953母の家で過ごした三日間フランソワ・ヴェイエルガンス前金に手をつけながら、もう何年も書きあぐねている作家フランソワ、59歳。ひたすら過去の甘い追憶・文学談義・お色気話に現を抜かしているが、いつしか妄想が妄想を生み、彼の苦悶は幾重にも変奏されていく。7時間58分
953四人の兵士ユベール・マンガレリロシア赤軍に所属する、個性もさまざまな4人の青年たち。ルーマニア、ポーランド両軍から敗走する途中で偶然出会った彼らは、共に極寒の冬を乗り越えるが…。極限状態で呼び合う無垢な魂を、切りつめた言葉で繊細につづる。3時間51分
980トルストイ家の箱舟ふみ子・デイヴィス82歳の文豪トルストイは結婚48年の妻をおいて、なぜ家を出たのか。夫婦の晩年にいったい何があったのか。子どもたちは両親をどう見ていたのか。秘書や夫婦の日記をもとに、文豪の家族が抱えたドラマを追う。13時間55分



13.ありがとうございました!


平成21年度7月寄付者内訳
匿名 10,000円
匿名 10,000円



14.編集後記


連日30度を超す暑さが続いておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。残暑お見舞い申し上げます。沖視協だより8月号いかがでしたでしょうか。

さて、夏といえば甲子園、若さあふれる球児たちにはいつもながら感動させられっぱなしです。野球ファンにはたまらない季節となりました。球児たちの活躍に注目いたしましょう。

  (知 花 光 英)


編集委員 知花光英、当眞嗣廣、当真初子