【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


図書館だより  第99号(平成19年09月発行)

1.巻頭雑感

読書の秋

今年の夏は観測史上最も暑い夏になりました。日中の最高気温も70年ぶりに塗り替えられ、各地で40度を越す猛暑が続きました。そんな中、旧盆が終わった頃から朝夕なんとなく凌ぎやすくなり、耳を澄ませると、コオロギやクロイワツクツクなど、夏の終わりを告げる虫の声が聞こえ、秋近しといった感じです。皆様この厳しい夏、お元気にお過ごしになられましたでしょうか。

さて、秋と言えばやっぱり読書と言われる方も多いのですが、これまでインターネットによる配信は点訳データのみでしたが、去った7月1日より著作権法が改正され、音声データの配信も可能となりました。私たち視覚障害者の読書環境、情報入手としてまさに朗報です。

もうすでにご存知の方も多く、ビブリオネットについて詳しくお知りになりたい方は図書館までお問い合わせください。

これから先、何をするにも絶好の季節です。同時に季節の変わり目体調を崩しがちになるのもこの時季、よく食べ、よく動き、どちらさまも実りの多い秋にして下さい。

館長  知花光英



2、新刊案内

点字図書
NDC書名著者名巻数内容
049すずめのほっぺはなに色ですか?阿川佐和子2ポータルサイト『goo』の質問コーナー、質問総数約200万件の中から「プラトニックでも不倫ですか?」「奈良時代の日本人と会話できる?」等の面白Q&Aを厳選。「ふむふむ、へえ」のアガワ流超絶見解が続出!
093沖縄の昔ばなし その2沖縄子どもの文化研究会2継子(ままこ)の井戸掘り、塩吹き臼(うす)、おおくも退治、赤魚(あかいゆ)女房、ほか。
159スピリチュアル美人中野 裕弓(ひろみ)2スピリチュアル美人は、姿形の美しさだけでなく、恋も仕事も思いのままにブレイクさせる、咲き誇る花のような女性。いつの間にか幸運と仲良くなれちゃうスピリチュアル美人になるルールを紹介。
291京都 たびんぐIあるっく社編集部5「本物・上質・好奇心」をキーワードに、一歩上行く旅を提案。とっておきの京グルメ、西陣織体験、世界遺産の歩き方など、京都のおすすめスポットをエリアごとに紹介する。
361下流社会 新たな階層集団の出現三 浦 展(あつし)4「いつかはクラウン」から「毎日百円ショップ」の時代へ。もはや「中流」ではなく「下流」化している若い世代の価値観、生活、消費を豊富なデータから分析。「下流社会」とはどんな社会なのか? 階層問題における消費社会論。
645ドリームボックス小林 照幸3ペットブームの裏側で、年間およそ40万頭の犬猫が見捨てられ、「ドリームボックス」と呼ばれる殺処分装置に送られている。「ペット大国」ニッポンの現実を描く。
726本日の水木さん水木しげる3妖怪研究の大家である水木しげるさんは、実は癒しの達人。その自然体からかも醸し出される不思議な言葉の世界が、まわりの人たちの心のコリを解きほぐすのです…。思わず心がゆるむ珠玉の語録、366日分。うるう年にも対応。
779きみまろ!綾小路きみまろ2笑って長生き120年! 漫談家綾小路きみまろの素顔を紹介。爆笑の毒舌ネタ帳150連発、写真家・荒木のぶよし経惟による浅草撮影&異色対談などを収録。中高年のアイドルのトリビアが満載。
779今夜も落語で眠りたい中 野 翠(みどり)2落語の魅力に突然とりつかれ、ついには「落語こそ日本文化最大最高の遺産」 と言い切る著者による、寝ながら愉しむ、心地よくて贅沢な落語入門。
910異人伝中島 らも2この男はどこから来て、どこへ行くのか。昔IQ185、今は70の著者が直感的に語る「生きること」へのオマージュ。やひ野卑にして聖なるものを抱いたおっさんの手記。
913ヘルメットをかぶった君に会いたい鴻上(こうがみ) 尚史(しょうじ)41969年4月。ヘルメットをかぶった君は今どこにいますか? 活動家の元少女を追いながら、自分の現在と過去を確かめようとあがく「僕」…。
913マングースのしっぽ尻尾笹本 稜平(りょうへい)4武器商人の戸崎は、盟友の娘であるジャンヌに命を狙われる。父がざんさつ惨殺されたのは彼のしわざ仕業と勘違いしたジャンヌだが…。大物工作員「マングース」と武器商人との華麗なる死のゲーム。息もつ吐かせぬ巧妙な罠が待つ、国際謀略小説。
913三年みごも身籠る唯野(ただの)未歩子(みほこ)4冬子29歳。ただいま妊娠9カ月。まごうことなき妊婦である。しかし、十月十日を過ぎても子どもは生まれてこない…。恐がらないで産まれてらっしゃい
913七姫(ななひめ)幻想森谷(もりや)明子(あきこ)5はるか昔から水辺に住み、日ごとはた機を織る美しい女たち。罪の匂いをまとうおりめ織女をめぐり、物語が密やかに始まる−。時代を経てなお様々に伝わる織女伝説をモチーフに、和歌を絡めながら描く7編の連作ミステリー。
914うす青い真珠青樹 生子(しょうこ)2栃木県那須野が原の寺院のまつし末子として生まれた著者が幼い日から育んだ「生命をいとおしむ」感性で、日常のきらめく一瞬・人の匂いを端正に綴る随筆集。
930聖母のいない国小谷野(こやの) 敦(あつし)4アメリカ文学に恋愛を学ぶ。「恋愛」と「小説」をまったく新しい視点で読み解いた挑発的文学論。
933星の歌を聞きながらテイム・ボウラー8最愛の父が亡くなって以来、ルークは心を閉ざしたままだった。すばらしいピアノの才能がありながら、不良たちとつるんで問題を起こしてばかり。だが仲間に命じられて忍びこんだ屋敷で、幼い少女との不思議な出会いがルークを待ち受けていた…。


録音図書
NDC書名著者名巻数内容
093沖縄の人生儀礼と墓名嘉真宜勝(よしかつ)3人の一生の重要な折目にあたって、個人が新たな段階に入ることを社会的に表示する伝統的儀礼を紹介。
094おきなわカロリーブック宇栄原(うえはら)千春2沖縄そば、ゴーヤーチャンプルー、ポーク缶詰etc・・・今まで欲しかった沖縄「食」「カロリー」情報満載!!
098うちなぁぐちフィーリング儀 間 進5パート4。 ウチナーグチの味わいまでも知ることができる入門書の決定版。
099詩集 藍染め山入端(やまのは)利子(としこ)1沖縄の原風景にこだわり、消えてゆく言葉を丹念に拾い集めてきた著者の温かい思いをこめた第4詩集。
289心に太陽を唇に歌を藤原 正彦2小学校4年生から卒業するまでの正義感あふれるガキ大将・正彦少年の心の成長物語。けんか、貧困、ひきょう卑怯、友情、尊敬…。さまざまな経験を経て、成長していく姿から、教え・教わる教育の原点を見つめ直す。
911竹内浩三集竹内 浩三2思わず吹きだすてんぷ天賦のユーモアに溢れながら、ギクリとさせられ、人間の暗い内実を鋭くえぐ抉る言葉…。「竹内浩三全作品集 日本が見えない」「戦死やあわれ」『環』などに掲載された作品を基に、自筆の絵を添えて収録した詩集。
913ありふれた風景画あさのあつこ5日本基督教団玉川平安教会の特別伝道礼拝でおこなった9回の説教をまと纏める。教会の日曜礼拝に出席したことのない、キリスト教信者でない人々に向けた、平信徒としての信仰の「あか証し」として、聖書の言葉をわかりやすく語る。
316しん辛すご淑玉のアングル辛 淑玉2ウリをやっていると噂をされている高校2年の高遠琉璃は、美貌の持ち主で特異な能力によって噂に上る上級生、綾目周子に惹かれていく…。傷つき、もがきながら生きる少女たちの1年間を描くみずみずしい青春小説。
913空とぶタイヤ池井戸(いけいど) 潤17小さな運送会社のトレーラーが起こしたタイヤ脱輪による死亡事故。事故原因は整備不良か、それとも…。「容疑者」と目された男が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月!
913守護天使上 村(うえむら) 佑(ゆう)4チビ、デブ、ハゲ…中年オヤジ・須賀啓一、50才は、通勤電車でみかけた美しい女子高生に初恋をした。女子高生が拉致され、美少女を陰ながら見守る「守護天使」になることを誓った啓一は、救出に向かう。爆笑ラブストーリー。
913水上のパッサカリア海 野(うみの) 碧(みどり)8過去を秘め、静かに暮らす大道寺勉の前に、昔の稼業“始末屋”の仲間が現われる。半年前に事故死した同棲相手・菜津は、実は謀殺されたのだという思いもよらない事実と、トラブルを抱えて…。
913百年の亡国海道龍一郎12ボツダム宣言を受諾、連合国による占領統治下にある日本。GHQ総司令官マッカーサーは、ただちに大日本帝国憲法の改正を示唆した−。内閣法制局・立木一郎が目撃した、新憲法草案をめぐる日米ソの攻防を描く歴史小説巨編。
913存亡(そんぼう)門田 泰明7創設された防衛庁長官直属のエリート部隊。国民のたて盾がない国にあって、彼らは壮烈な戦闘を展開する事態に追い込まれた! 陸上自衛隊最強の中央即応集団「打撃作戦小隊」33名と、外国武装分子の激闘を手に汗握る迫力で描く。
913ピアニシモ・ピアニシモ辻 仁 成(ひとなり)7ひとりぼっちの少年トオル、彼だけにしか見えない親友ヒカル。悪意に満ちた世界の、不安と恐怖の闇を進む。その先にともる希望をたよりに。はじめて愛した人を救うために…。少年の奇跡を描き尽くした感動の長編小説。
913赤い夢の迷宮勇 嶺(はやみね) 薫6小学生の頃、ぼくらは不思議な男・OGに心惹かれていた。だが彼の館で起きた事件のため彼とは疎遠に。それから25年、ぼくらは突如OGに招かれ、再びあの館へ。しかし待ち受けていたのは悪夢のような殺人事件だった…。
933私のシェイクスピア赤嶺 成喜(せいき)7シェイクスピアと歴史物語・人間とは何ぞや・気まぐれな民衆・表現のおもしろさ・シェイクスピアの劇の脇役・名誉について・教育について・シェイクスピアの比喩のおもしろさ・私のシェイクスピア・シェイクスピア雑記(目次より)


CD図書
NDC書名著者名内容巻数
009ゆるんねんいくさば山入端(やまのは)利子(としこ)全編しまくとぅばで書かれた初めての詩集。1
131セネカ 現代人への手紙中野 孝次(こうじ)セネカの幸福論・死生観は、私たちの生の不安を取り除き、より善く生きるための指針となるだろう−。セネカの主著「道徳についてのルキリウスへの手紙」が、現代のしげん至言として鮮烈に甦る。古代ローマからの贈り物。1
183般若心経玄侑(げんゆう) 宗久(そうきゅう)「般若心経」には、人間が社会で生きる以上不可欠とする合理的知性を超えた、もうひとつの「知」が凝縮されている。大いなる全体性の中に溶け込んだ「いのち」のよろこびを取り戻すための現代語訳決定版。1
281日本史に学ぶ女の器量童門(どうもん) 冬二(ふゆじ)男を一途に支える賢い女たち、「自分流の愛し方」を貫く女たち、男の「運命」を大きく変えた女たちなど、「母の強さ」で生きる女たち、それぞれの「かたち」と生き方をもった夫婦など、日本史上の女たちの魅力を紹介する。1
285アメリカを揺り動かしたレディたち猿谷(さるや) 要(かなめ)アメリカを変えたもうひとつの力は、女性たちだった。先住民の娘・ポカホンタスからヒラリー・クリントンまで、魅力と才気にあふれた22人の女性達の知られざる感動の物語。新鮮な発見に満ちた、女性史として読むアメリカ史。1
289ヒトラーヨアヒム・フェストソ連軍によるベルリン進攻から陥落そして降伏まで、地下ようさい要塞にこもり自害を決意するにいたるヒトラーと、彼をとりまくナチス幹部たちの断末魔のあがきを活写。迫真の歴史ドキュメンタリー。1
370こどもの心は飢えている横林 哲也社会の激しすぎる流れの中で、何か大きな「忘れ物」をしてきたような気がします。こどもたちは求めています。真剣に自分と向き合ってくれる誰かを …。定時制高校・実業高校で生徒たちと格闘してきた教師が思い出を綴る。1
913YEBI(えび)大王薄井(ゆうじ)男子の世継ぎ誕生を願うYEBI大王。しかし若き日の因縁、触れてはならぬ“三種のじんぎ神器”をさんいつ散逸させてしまったことから生まれてくるのは女児ばかり。ついに七番目の子も女とわかり、怒りにまかせて赤子を川に流してしまう。1
913ラメール母小中(こなか)陽太郎「わが子を偉大な芸術家と思うことにしよう」と心に決め、ひたすら抱きしめ、愛した母。そして、その愛に懸命に応えようとした息子。しかし…。昭和を生きた母と子の風景を描いた、自伝的小説。1
913隠蔽(いんぺい)捜査今 野(こんの) 敏(びん)警察組織を揺るがす大事件に直面したエリート・キャリア。組織を、そして自らを守るために、彼が下した決断は…。霞ケ関の本庁舎でキャリアの孤立無援な闘いが始まった。警察小説の新天地を拓く書下ろし長編。1
913ケセランパサラン大道(だいどう) 珠貴(たまき)中学を卒業して以来、ふらふらと生きている16歳のちまきちゃん。不特定多数のガールフレンドを持つ、ムガさんに恋をしたのだが…。「ちまきのこと」ほか全4編の穏やかな物語と、その他詩篇を収録する。1
913ズッコケ中年三人組 age41那須(なす) 正幹(まさもと)ズッコケ三人組のマドンナ・北里真智子が29年前と同じく突然現れた。政界・財界に多くの顧客を持つ、美しいカリスマ占い師となった真智子は、国際的なスパイ組織に追われていた。三人組の心はあの頃と同様にふるえ…。1
913わたしの、好きな人八束(やつか) 澄子(すみこ)肩車からながめた夕焼け空。夜の駐車場で見つめた月。わたしのそばには、いつもあなたがいてくれたー。12歳のさやかが心をよせたのは、工場に住み込みで働く36歳の男性・杉田だった。リアルでコミカルで、切ない恋物語。1
913ロシアン・ルーレット山田 正紀(まさのり)春の嵐の夜、若き刑事は殺されたはずの女を見かけた。追いかけてバスに乗ると脳裏に彼女の声が響く。「このバスは転落するの」生者と死者、愛と絶望が狂おしくこうさく交錯するホラー・サスペンス。1
914みみずのたはこと 上下徳富健次郎武蔵野の月日を追って。乃木大将、愛犬、出征、農地の争議から田中正造、ハムレットなど様々な事象をまとめる。1
915シルクロード悠々陳(ちん) 舜 臣(しゅん しん)なぜ、日本人はかくまで、シルクロードに魅せられるのか。シルクロードへ の道、せいいき西域慕情、シルクロードの古代と近代など、先人の道をたど辿り、世紀の遺産に感動する旅紀行と歴史エッセイ。1
944ヘッセの読書術ヘルマン・ヘッセ独学で古今の書物を読破し作家として大成したヘッセが教える読書の楽しみと意味。なぜ本を読むのか、どんな本を読むべきか。ドイツの古典文庫・レクラム文庫のために書かれた読書案内エッセイを中心に読書をめぐる随想を集める。1



3.図書館日誌より

7月9日一水会勉強会
7月13日38期点訳勉強会
7月31日職員会議
8月8日音訳講習会修了式
8月29日職員会議


4.あとがき

「お母さん、なんでも一人でしようとしないでたまには誰かに甘えた方がいいよ、体大事にしてね! 一人になって初めて親のありがたさが分かったよ云々…。」福岡に旅だった娘が最初にくれた手紙でした。

私の誕生日・母の日…小学生のころから事あるごとにユニークな手紙をくれる子でした。あまりのおかしさについつい笑ったものでしたが…、その娘ももうすぐ20才。私のことをも気遣えるようになったものの、自分なりの生活設計もしっかり持っていて、福岡で生きていくと決めているようだ。

自分の人生なんだから自分の思うようにしなさい…とエールを送ったものの寂しさを隠せないでいる…!!娘を見習って私もしっかり生きなきゃナ…。

武 村 厚 子