【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図

図書館だより  第72号(平成15年3月発行)

1.巻頭雑感

総合学習で点字紹介

  この冬、インフルエンザの大流行で小中学校での学級閉鎖、お年よりや乳児だけでなく成人までも死に至るという、悪性で感染力の強いウィルスでした。
春が訪れ暖かくなりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
  さて、数年前から小中学校では総合学習の時間が設けられ、小学4年生の国語の教科書では点字の紹介と視覚障害者について触れられている。                         
  子どもたちは学習を通していろんなところで点字を発見しているらしく、たいていの子どもが点字を見たことがあると答える。
  公衆電話、デパートのエレベータ、缶ビール等など、よく知っている。それどころか、これまで「目の見えない人」と表現していた言葉も「視覚障害者」と言ったり、バリアフリーなどという言葉が日常会話から出てくる。
  このように、点字や視覚障害者のことを、子どもたちなりによく理解してくれている。これも総合学習教育の成果ではなかろうか。
  やがて、その子どもたちの世代が日本社会の中心となり、活躍する時代においては、福祉国家日本、住み良い社会が形成されていることが間違いないでしょう。
  やよい3月、出会いと別れ、喜びと淋しさで複雑な心境になるこの時季、再出発される方々には応援のメッセージを送りたいものです。 

館長  知花光英


2.新刊紹介

点字図書
NDC書名著者名巻数内容
023中央公論社と私粕谷一希4中央公論社はなぜ自主的活動に終止符をうち、読売新聞社の傘下に入らないのか?それはかけがえのないひとつの文化と時代の終焉、内紛の渦中に身をおいた著者が、初めて明かす貴重な歴史的証言まであると同時に言論とは人格にほかならぬ、という信念を生きた一編集者の真率手記である。
092沖縄のナ・ン・ダ沖縄ナンデモ調査隊 4沖縄に行った旅行者は軽いカルチャーショックにみまわれる。それはこの島が日本でありながら、ほかの場所にはない「個性」を持っているから。旅行者が抱いた素朴な疑問に沖縄県民で結成された調査隊が真っ向から答える。
093 ハングルと唐辛子津波高志3文化をキーワードに沖縄から韓国、東南アジアを読み解く。ピリッと辛めの笑い話や学術調査の裏話、さらに専門的な論文で紹介する「おもしろ異文化理解」など、沖縄の文化人類学者が語る東アジア研究の日々。
097すべての人の心に花を 喜納昌吉3沖縄を拠点に世界で活躍する音楽家・喜納昌吉が内なるスピリットを語る。沖縄のカリスマと言われる彼からの愛と平和のメッセージ。
146こころがスッキリする本菅野泰蔵3どんな悩みを抱えた人もここを訪ねればきっと心が癒される。2人の名カウンセラーがあなたの悩みをズバリ解決。
320遺失物法 建物の区分所有等に関する法律 記載なし1記載なし
320借地借家法 建物保護ニ関スル法律記載なし 1記載なし
320公営住宅法記載なし1記載なし
320不動産登記法記載なし1記載なし
480野生の一族C・G・D ロバーツ4雪の森にウサギ罠を仕掛けた少年。人間に飼われながらも渡りを恋うるガン、キャンプの焚き火に集まった牡鹿とパンサー、マモジケル荒野の王・ヘラジカの戦いの日々…。「カナダ文学の父」とも称される詩人ロバーツの写実的な動物物語。
493依存症信田さよ子3アルコール依存症・依存と中毒はどう違うのか、アルコール依存症患者は意志が弱い?アルコール依存症という疾病の成立・問題という概念…依存は悪習慣か否か。
320大陸の細道木山捷平 4M農地開発公社嘱託として満州に木川正介。喘息と神経痛をかかえ、戦争末期の酷寒の中で、友情と酒を味方に人生の闘いをはじめる。庶民生活の中の「小さくて大きな真実」。
913道元の風陽羅義光4道元は風のような人であった。鎌倉時代の名僧・道元禅師の生涯について、その教えのみならず人柄までも察することができるような生き生きとした筆致で綴る。
914自分に「小さな奇跡」が起きる本吉元由美3今、いちばんの「願い事」を叶える方法―「すてきな贈り物」をたくさ受け取ってください!
926王丹(おうたん)王凌雲4天安門事件は未だ終わらず!引き裂かれた母と子、学生のリーダー「王丹」の手記。ともにタイホされてから10年間の真実が、今明かされる。

テープ図書
NDC書名著者名巻数内容
092沖縄の歴史と旅陳舜臣4沖縄から世界を見る。素朴で優しい島の光と風――その歴史と魅力のすべて。
093沖縄昔ばなしの世界石川きよ子2昔話24話を収録。付録として沖縄県の主な祭りと行事あり。
099燃える海福地曠昭4輸送船富山丸の悲劇。沖縄へ向かう輸送船富山丸が徳之島沖で消息を絶った。軍事機密のため。報じられることのなかった悲劇の真相が今明らかになる。
099人骨展示館又吉栄喜4グスク址から発掘された人骨の正体は、ヤマトの海賊の姫か琉球貴族か琉球貴族か戦争犠牲者か?骨を巡る女の争いに翻弄される主人公の運命やいかに…。
159目に見えないけれど大切なもの渡辺和子3傷つきたいなど夢にも思えない。でも傷つきやすい自分を大切にして生きている…。みじめさ、むなしさ、孤独感。傷いっぱいの日常を、逞しくしなやかに生きるために、励ましの言葉を贈るエッセイ集。
913しまなみ幻想内田康夫6来島海峡大橋から飛び降りた母の死に疑問を持った少女。偶然彼女と知りあった浅見は、その死の真相を調べるため、しまなみ海道へ。美しき海と島々がおりなす海道で浅見が見たものは?
933長い家路(下)ダニエル・スティール6踏みにじられた花は実を結ぶのか?虐待されてもまっすぐに伸びる生命の力を描く。N・Y・タイムズ・ベストセラー第1位。

CD図書
NDC書名著者名巻数
094更年期を癒す稲福薫1
099海鳴り 長堂英吉1
498奇跡の「右脳」革命 七田眞1
913春画椎名誠1
914寂聴 生きいき帖瀬戸内寂聴1
916サイパンの戦いと少年宮城信昇1



3.3. 図書館日誌 

1月06日  仕事始め
1月09日  職員会議
1月15日  音訳講習会修了式
1月16日  点訳部定例会 
1月21日  友の会日帰りバスツアー
      2月05日  一水会
2月06日  職員会議
2月18日  友の会役員会,職員研修(支援費制度について)
2月21日  点訳部例会


4.あとがき

  世の中卒業式の季節です。同じ制服をまとい同じ時間を共有した友もそれぞれの道を歩んでいく。出会いは別れの始めなり…と言いますが、別れを想定しての出会いはなんだか淋しい気もします。またいつか会えると信じ細く長く縁を繋いでいたいものです。
  私事ですが2年前に、生まれ年を記念して中学校の同窓会が開催されました。頭髪にも白いものがチラホラ…、30年の時の長さを痛感したものでした。久方ぶりの出会いに戸惑い、よそよそしさも感じられましたが、時間が経つにつれ、30年前にタイムスリップ、気分はもうすっかり中学生でなつかしい話に花も満開でした。
  それ以来、数10名の仲間と集まることが多くなり、子育ても一段落した最近では皆で積み立てを始めました。2度目の修学旅行のために…。 
武村厚子