【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第330号(平成29年4月発行)


1.法人化60年を迎えるにあたって


  会長 山田 親幸


皆様!お健やかに新年度をお迎えになったことと存じます。

本会の社会福祉法人化は1957年の暮れ、米軍支配下のいわゆる琉球政府時代、現沖縄県社会福祉協議会結成後5年を経過した県内2番目の社会福祉法人として認可されました。ですから60年という記念すべき年に当っていて認可の下りた年が酉年でしたので十二進法でも五循目の酉年となっています。

さて今年度、本会はどのように活動しなければならないのか?皆様もご注目でしょう!冒頭先ず申し上げました法人化60年に相応しい記念行事があります。加えて今年度は九州盲人会連合会の主催する第45回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス(沖縄県)大会が11月11日・12日沖縄県立沖縄盲学校を会場に、第71回九州盲人福祉(沖縄県)大会が平成30年2月25日・26日にパシフィックホテル沖縄を会場に開催致します。私たち役職員も普段の業務に加え、これら三大行事にもその成功を期して頑張りますので、皆様のご支援ご協力を心からお願い申し上げます。



2.評議員選任・解任委員の紹介


改正社会福祉法が平成29年4月1日施行され、評議員会は諮問機関から決議機関となります。また、これまで評議員の選任は理事会で行っておりましたが、法改正に伴い理事会の推薦を受け、評議員選任・解任委員会で選任される事となります。委員の定款構成は、監事1名・職員1名・外部委員2名の合計4名の委員となります。

監  事:富川幸二(沖縄県視覚障害者福祉協会 監事)
外部委員:朝妻(あさつま)彰(あきら)(NPO法人やえせ理事長)・当間義昭(那覇市民生委員児童委員)
職  員:福里成美(沖縄点字図書館主任)



3.新評議員の紹介


平成29年3月31日任期満了に伴い、平成29年3月27日(月)開催の第1回評議員選任・解任委員会にて新評議員が選任されました。社会福祉法改正に伴い評議員数、任期も変わります。

評議員8名(敬称略、順不同)
小波津正芳・仲宗根義美・下地幸夫・當山由美子・運天健・山城章・西永浩士・西原千男(かずお)
任期:平成29年4月1日から平成32年度会計に関する定時評議員会終結の時まで

今回、法改正に伴う評議員定数が減となることから、退任されます方々には沖視協事業運営に対し、多大なるご支援とご厚情を賜りましたこと、衷心よりお礼と感謝を申し上げます。今後ともご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。誠にありがとうございました。

  会長 山田 親幸



4.平成29年度 事業計画


重点事業
1 社会福祉法人設立60周年記念事業
2 第71回九州盲人福祉(沖縄県)大会の開催
3 第45回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス(沖縄県)大会の開催
4 事業活動協力金の企業団体への拡大を図る。
5 視覚障害対応高齢者施設の増加及び、盲養護老人ホームが設置されるよう継続して関係機関との連携を図る。
6 収益事業強化の取組みを図る。
7 職員の資質向上の推進を図る。

行事予定
4月
・辞令交付式
5月
・第70回全国盲人福祉大会(徳島県大会)
・監事監査
6月
・第1回九盲連理事会(大分県)
・第1回理事会
・第1回支部長会
・定時評議員会・第2回理事会
7月 ・第32回沖縄県サウンドテーブルテニス大会
・第49回九州盲女性指導者研修会(長崎県)
9月
・第31回九州視覚障害者情報提供施設研修会(福岡市)
・第30回九盲連あはき研修会(北九州市)
10月
・第30回九盲連あはき研修会(北九州市)
・高橋福治先生偲ぶ会
・第43回全国視覚障害者情報提供施設職員研修会(大阪府)
11月
・第45回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス(沖縄県)大会
12月
・NAHAマラソンマッサージ奉仕活動
・第2回支部長会
・法人設立60周年記念式典・祝賀会
・ラジオチャリティミュージックソン
2月
・おきなわマラソンマッサージ奉仕活動
・第71回九州盲人福祉(沖縄県)大会
3月
・なんぶトリムマラソン



5.第70回九州盲人福祉(福岡県)大会報告


「目指そう!平等な明るい共生社会を」「実現しよう!合理的配慮の行き届いた地域を」のスローガンの元、2月26日・27日の2日間、久留米市にて第70回九州盲人福祉大会が開催されました。29年度の第71回大会(沖縄県開催)が平成30年の2月25日・26日と1年後に控えた私たちは、那覇市視覚部より3人の参加者を加え10人(沖視協女性部から當山由美子、松井美智代。沖視協役職員からは山田親幸、玉城和也、知花光英、上原清美、石原義樹。那覇身協視覚部から古堅尚子、大久保篤志、付添の大久保美幸)と、いつになく大勢且つ緊張の面持ちで参加しました。

初日、午前の理事会は、平成28年度事業報告と決算並びに監査報告。平成29年度事業計画と予算、そして熊本・大分県の震災のその後として、日盲連に集まったカンパからの支援や、被害を被った会員は頑張っているが今なお仮設住宅や、みなし仮設住宅住まいの会員もいるとの報告を受けた。事業計画では前述の盲人福祉大会の他に、11月11日・12日「第45回九盲視覚障害者サウンドテーブルテニス(沖縄県)大会」の開催が決定した。

職業対策部会 ・ 女性部部長会(當山由美子)
沖縄県からの提出議題は「ヒューマンアシスタント制度に変わる自営業者への事務代行サービス制度新設を要望する」でした。今回提出された10議題のうち6議題が沖縄県同様、自営業に関するものでした。沖縄県は平成28・29年度の2年間、九州ブロックの会計担当です。初年度は無事決算を行い、7月に報告書(点字・墨字)を配布することで終了です。平成29年度の九州盲女性大会は7月29日(土)・30日(日)に長崎県にて行います。全国盲女性部大会は9月5日(火)~7日(木)群馬県で行います。

体育部会報告(知花光英)
体育部会では、九盲連開催のSTT大会やグランドソフトボール大会についての情報交換が行われ、グランドソフトボールについては、加盟10団体のうち、ここ数年6団体の参加しかなく、単独チームで参加できない団体は、連合チーム、又は他の団体の補強選手として参加を認めたらどうか。

2019年のグランドソフトボール大会は、同年に鹿児島で全国障害者スポーツ大会が開催されるため、輪番を繰り上げ、鹿児島で開催することが確認された。部会で審議された主な議題は以下のとおり。

1 STT大会の団体戦は、運営上時間短縮する必要がある。
2017年(沖縄大会)より、2回戦(不戦勝を含む)からは3勝した段階でゲーム終了とする。
2 グランドソフトボール大会の参加費は、個人一人につきではなく、主催団体の負担軽減のため、チーム参加費にできないか、改正案が出ましたがこれまで通り人数×1500円で継続することが承認された。

2月27日議事の部では宣言・決議が採択され、記念講演として日盲連副会長で岩手の会長 及川清隆氏より全国情勢についての講話がありました。
今大会採択された決議事項は以下のとおり。

1 補装具・日常生活用具の給付が、利用者の生活に応じて適切に行われるよう要望
2 同行援護事業の通勤・通所・通学にも適用されるよう要望
3 テレビ放送における緊急速報を始め外国語等の字幕の音声化の要望
4 災害時等緊急避難時、及び避難所生活が視覚障害者にとって、安心・安全なものになるよう要望
5 あん摩・鍼灸従事者の生活を圧迫している、無免許者・無資格者の取り締まり強化と、柔道整復師による不正な保険請求に対する厳正な対処
6 視覚障害を有する、あん摩・マッサージ、指圧師の社会的自立を奪う訴訟の即時取り下げを、平成医療学園に強く要望
7 九州管内の主要な駅に、転落防止の為のホームドア等の設置をJR九州に要望する



6.第28回なんぶトリムマラソン大会報告


  事務局 石原義樹


去る、3月19日(日)に糸満市西崎運動公園で「第29回なんぶトリムマラソン大会」が開催されました。県内外から8,398名(うち、視覚障害者50名)のランナーがエントリーし、会場内では、伴走者・ボランティアと健闘を称えあう和やかな選手の姿もみられました。雨のなか、6,799名(うち、視覚障害者32名)のランナーが無事完走を果たしました。選手・伴走者の皆さん、お疲れ様でした。



7.新刊紹介


点字図書


NDC 092
書名 まちかんてぃ!動き始めた学びの時計
   沖縄の夜間中学に通うおばぁ、おじぃのメッセージ
著者 珊瑚舎(さんごしゃ)スコーレ
巻数 4巻 578ページ
内容 沖縄戦や戦後の混乱・貧しさのために義務教育を受けられなかった人の学びの場「珊瑚舎スコーレ夜間中学校」の生徒たちの半生を聞き書きし、まとめる。コラムも収録。おばぁ、おじぃの学びに対する熱意が伝わる一冊。

NDC 099
書名 沖縄むかしむかし 子どもに語る沖縄の民話①
著者 沖縄県子どもの本研究会
巻数 1巻 142ページ
内容 すずめの親孝行「くらーの話」、犬が足を上げておしっこをするわけ「犬の足」など子どもと楽しめる動物昔話をはじめ伝説や本格昔話など那覇の民話25話を集録。

NDC 320
書名 社会福祉法 子ども・子育て支援法
著者 総務省法令データ提供システム
巻数 4巻 574ページ
内容 平成28年6月3日改正の「社会福祉法」と、平成28年6月3日改正の「子ども・子育て支援法」を収録。

NDC 320
書名 障害者の日常生活及び社会生活を
   総合的に支援するための法律
著者 総務省法令データ提供システム
巻数 3巻 466ページ
内容 地域社会における共生の実現に向けて、障害福祉サービスの充実等必要な支援を総合的に行なうことを目的とした法律。平成28年6月3日改正内容全文。

NDC 983
書名 ソモフの妖怪物語
著者 ソモフ
巻数 2巻 300ページ
内容 森の魔レーシイ、水の精ルサールカ、恐ろしい宴サバトを開く魔女たち…。妖怪たちの姿を初めて本格的にロシアの小説に取り込んだソモフの妖怪物語集。



デイジー図書


NDC 093
書名 それってどうなの?沖縄の基地の話。
著者 沖縄米軍基地問題検証プロジェクト
時間 2時間26分
内容 オスプレイはホントに高性能の新型機なの? 沖縄の経済は基地に依存している? 辺野古基地は普天間の代替?

NDC 097
書名 具志堅良好! 語録
著者 具志堅 用高(ぐしけん ようこう)
時間 2時間34分
内容 再燃する強い男の生き様パンチが心に効く! 2015年に国際ボクシング殿堂入りを果たした具志堅用高が、ボクシングで培った精神論から、人とのつながりから学んだこと、そしてこれからのことまで、具志堅流哲学を語る。

NDC 099
書名 母ちゃんの脱出
   満州崩壊-沖縄の琴は朝鮮にひびいた
著者 仲里 三津治(なかざと みつはる) 
時間 5時間42分
内容 沖縄戦、東京大空襲、満州へのソ連軍侵攻。母ちゃんら家族と、4つの戦災、うち3つを生き抜いたおばあは、故郷に向け4度目の脱出を図る。そして難民となり朝鮮に…。沖縄出身の一家が戦後を生き抜く姿の実話をもとに描く。

NDC 099
書名 兄は沖縄で死んだ
   童話作家・心の軌跡
著者 加藤 多一(かとう たいち) 
時間 7時間14分
内容 どこで、どのように戦死させられたのか…。軍歌と「日の丸」で兄を送り出した弟が、北海道で生まれ沖縄で死んだ兄の影を追い、作家の眼で沖縄と日本の現実を問う。

NDC 099
書名 那覇・浮き島 佐々木薰詩集
著者 佐々木 熏(ささき かおる)
時間 1時間46分
内容 半生を沖縄で過ごし、日常的に起こる刺激に触発され、ことばを生み出してきた著者が紡ぐ詩。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2017年3月号
著者 人間医学社薬局
時間 4時間4分
内容 主張「骨粗鬆症と牛乳」、糖尿病と生活習慣(上)、がん徒然日記(4)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 493
書名 ズボラでも中性脂肪とコレステロールが
   みるみる下がる47の方法
著者 岡部 正(おかべ ただし)
時間 5時間42分
内容 「早食い」「間食」をやめるだけで食生活は改善する! 運動がおっくう、食事を変えるのが面倒、好きなものを食べたい…。そんなズボラな人でもすぐに実践できる、脂質異常症の改善策を紹介する。

NDC 498
書名 やってはいけないウォーキング
著者 青柳 幸利(あおやぎ ゆきとし)
時間 2時間58分
内容 15年にわたって65歳以上の5000人を対象に24時間365日の生活行動を追跡調査してきた著者が、これまでの間違った常識を改めつつ、病気を遠ざけ、健康長寿をかなえる歩き方の「黄金律」を紹介する。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2017年3月1日から31日までの集計)

1位 九十歳。何がめでたい    
佐藤 愛子著 2巻

2位 罪の声 
塩田 武士著 7巻

3位 火花
又吉 直樹著 2巻

4位 ラプラスの魔女 
東野 圭吾著 6巻

5位 中学・高校6年間の英語をこの1冊でざっと復習する
稲田 一著 4巻

6位 羊と鋼の森   
宮下 奈都著 4巻

7位 危険なビーナス 
東野 圭吾著 6巻

8位 小説 君の名は。
新海 誠著 3巻

9位 中途視覚障害者のための点字入門 
立花 明彦・松谷 詩子著 2巻

10位 炎路を行く者 守り人作品集    
上橋菜穂子著 3巻



デイジー図書ベスト10(2017年3月1日から31日までの集計)

1位 初めてでもできる超初心者のLINE入門 最新版
4時間47分

2位 Windows10基本操作 PC-Talker編   
ラビット編 4時間42分

3位 九十歳。何がめでたい
佐藤 愛子著 3時間47分 

4位 沈黙法廷
佐々木 譲著 20時間46分  

5位 三鬼 三島屋変調百物語四之続
宮部みゆき著 19時間1分 

6位 NetReader2活用術  
ラビット編 4時間52分 

7位 あしたの君へ  
柚月 裕子著 7時間16分 

8位 特捜本部 刑事の挑戦・一之瀬拓真 4
堂場 瞬一著 13時間14分 

9位 罪の声 
塩田 武士著  13時間44分

10位 恋のゴンドラ 
東野 圭吾著 5時間43分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2017年3月1日から31日までの集計)

1位 裏切りの罠
山本 甲士著 7時間12分

2位 罪の声
塩田 武士著  13時間44分

3位 雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係 
麻見 和史著 11時間42分

4位 患者さんには絶対聞かせられないナースのぶっちゃけ話 
みずさわじゅん著 5時間8分

5位 任侠書房 改版  
今野 敏著 8時間44分

6位 「ことわざ」なるほど雑学事典 
日本博学倶楽部 6時間40分

7位 三本木農業高校 馬術部 盲目の馬と少女の実話   
シネマ・デイジー 2時間3分

8位 iPS細胞が医療をここまで変える 実用化への熾烈な世界競争 
山中 伸弥監修 京都大学iPS細胞研究所 6時間41分

9位 暴虐 強請屋稼業 10 
南 英男著 7時間15分

10位 カミカゼ 警視庁公安0課   
矢月 秀作著 11時間41分



8.お知らせ


(1)沖縄点字図書館5月の日曜開館日
14日(日)、28日(日)
開館時間:9時~16時半
5月のITサポート 28日(日)
1.10時~11時  2.13時~14時  3.15時~16時
予約申し込み:5月25日(木)までにご連絡ください。
ITサポート相談内容:パソコン、プレクストーク、携帯電話(アイフォーン含む)その他。



(2)女性部よりお知らせ
5月28日(日)13時~14時(理事会)、14時~16時(コーラス)16時~17時30分(ダンス)



(3)ヨガ教室
日 時:5月11日・18日・25日 毎週木曜日10時開催
場 所:沖視協3階研修室
持 参:バスタオル・500円



(4)日舞教室のお知らせ
6月から日舞教室を開催します。日舞に興味のある方、ぜひ体験してみませんか。皆様のご参加をお待ちしております。
日 時:6月6日・20日(第1・第3火曜日)11時~12時
参加費:1回500円
場 所:沖視協3階訓練室
申込み:沖視協事務局 098ー863ー2997
申込み締切:5月31日(水)まで



(5)沖縄ロープランナーズ 
新年度を迎え、気温も上がり何かとワクワクするこの季節、いかがお過ごしですか? 体を動かしたくなってきませんか? 健康維持のためにジョギングはいかがでしょうか?

沖縄ロープランナーズでは、伴走者とロープでつながり、チームで走りの基礎からジョギングを楽しめるように勉強しながら走ります。

練習会は毎週日曜日、奥武山運動公園にて、朝7時から行っています。また、楽しいイベントや大会などもたくさんあります。参加してみたいと思われた方は、沖視協・大久保まで連絡をお待ちしております。

連絡先:098-863-2997(担当:大久保篤志)



(6)青い鳥郵便葉書の無償配布
日本郵便株式会社は、重度の身体障がい者及び重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に「青い鳥郵便葉書」を無償で配布します。

「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常はがき(無地、インクジェット又はくぼみ入りのいずれか)20枚を封入したものです。

受付期間:2017年4月3日(月)から7月11日(火)まで
配付期間:2017年6月1日(木)から7月11日(火)まで
①窓口でのお申し出方法
窓口で配布の希望をお申し出いただく場合は、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除く)に身体障害者手帳又は療育手帳をご提示いただいた上、「青い鳥郵便葉書配付申込書」に必要事項をご記入の上、ご提出ください。なお、代理人によるご提出も可能です。お申し込みに必要な用紙は郵便局の窓口に備え置いています。
②郵送でのお申出方法
郵送により配付の希望をお申し出いただく場合は、適宜の用紙に内容を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。

(お問い合わせ)
お客様サービス相談センター 0120ー23ー28ー86(フリーコール)
携帯電話からご利用のお客さま 0570ー046ー666(通話料はお客さま負担)
ご案内時間:平日8時~22時、土日・休日9時~22時



9.ありがとうございました


「平成28年度事業活動協力金」のご報告。
ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

<事業活動協力金・一般寄付(3月)>
・事務局
琉球銀行  30,000円
個人 3件  12,041円
・点字図書館
個人 2件  25,000円



10.編集後記


「沖視協だより」4月号いかがでしたでしょうか

うりずんの候、しのぎ良い日々が続いております。皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

さて、新年度(平成29年度)がスタート致しました。当会の事業計画につきましては、紙面でもご紹介致しましたが、今年は、九州盲人福祉大会、同STT大会など盛り沢山の行事が予定されております。中でも法人設立60周年記念事業(12月予定)は、皆様と共に、盛大にお祝い出来ますよう、役職員一丸となって頑張って参ります。皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。

新年度に当たり、「沖視協だより」編集委員の紹介です。屋部雅音、福里成美、知花の3人が担当致します。各支部の活動報告、読者の皆様の活躍等、各種情報をお待ちしております。

では皆様、大型連休有意義にお過ごし下さい。

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。