【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第324号(平成28年10月発行)


1.第29回九盲連あはき研修会報告


  安里 清竹

10月1日(土)・2日(日)ネストホテル那覇を会場に、九州各県政令指定都市より53名が参加し「第29回九盲連あはき研修会」を開催致しました。

研修会1日目、日本盲人会連合あはき協議会 副会長 糸数三男氏より、無免許・無免許医業類似業者の取締りや、あはき法第19条問題など「あはきの現状と今後の課題」について講演を頂きました。また、県内講師として豊平朝清氏より「沖縄県あはき師会戦前・戦後のあゆみ」について、沖縄県の「視覚障害者教育の父」高橋福治先生の本土・沖縄でのあゆみやマッサージ師会のあゆみについて講演頂きました。

研修会2日目は、筑波技術大学保健学科教授の藤井亮輔氏より「慢性膝痛に対するマッサージとモビライゼーションの複合治療」と題して、実技指導を兼ねた講演を頂きました。

開催にあたり、後援を頂いた団体、ご臨席賜りましたご来賓の皆様には衷心より感謝申し上げます。有難うございました。



2. 「俳句教室」の報告と「自由詩教室」のお知らせ


  山田 親幸

本年2度目の「俳句教室」は宮城良治先生を招いて和やかに行いました。

「沖縄の季語は少しずれがあり、本土と違うのでは?」という意見に「そうそう!だから沖縄ならではの季語があっても良いのでは?」と賛同する者。「目下豪雨中の岩手県平泉の中尊寺で松尾芭蕉は、夏草や兵どもが夢の跡と詠んでいますね!」など、宮城先生と参加者5人で楽しく語らいました。

さて今年最後の「文芸教室」は、11月28日(月)午後2時に行われる「自由詩教室その2」となっています。講師には8月同様、佐々木薫先生を予定しています。前回は叙事詩・抒情詩といったホメロスやジョンミルトン等、歴史的著名人のお名前が登場しましたが、今回はどんなことが学べるのかワクワクです。

申し込み:事務局863-2997・山田090-1943-5426



3.第62回全国盲女性研修大会(福岡市大会)

第48回九州盲女性研修大会の報告


  當山 由美子

平成28年8月21日(日)~23日(火)福岡市内の電気ビルを会場に標記大会が開催され、沖縄県から當山由美子、譜久島環、津波古ヨシ子、沖視協職員上原清美の4人が参加しました。

1日目は全国委員会が行われ、2日目午前の部全国代表者会議では11項目の決議事項を決定しました。

午後からの研修第1部は林田スマ氏による「ことばの花束(私らしく輝いて)」と題し、言葉の大切さを感じた素晴しい講演でした 。

第2部は北海道ブロックから九州ブロック代表によるレポート発表があり、活発な意見交換をしました。

3日目は式典・閉会式が行われました。

来年度の九州盲女性研修大会の開催地は長崎県(7月)、全国盲女性研修大会は群馬県(9月)です。今年度から次年度まで輪番制により沖縄が九州盲女性部の会計です。



4.第32回NAHAマラソンマッサージ

奉仕活動へのご協力お願い


沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会との共催で、NAHAマラソンマッサージ奉仕活動を行います。師走のご多忙の日々とは存じますが、一人でも多くのご参加・ご協力をお願い致します。

期  日
12月4日(日)

集合時間
沖視協 午前10時(10時半送迎バス出発)
現 地 午前11時(マッサージ会場)

申込先
沖視協事務局 863ー2997(担当 安里・米須)
マッサージ師会 945ー8941

申込締切
12月2日(金)



5. 第7回全国盲ろう者体験文コンクール入賞作品


「母さん有難う」(その2)


  沖縄県全盲難聴 宮里進

ややたって、私は一人取り残された思いであった。込み上げてくる、孤独と寂しさを抑えていたのだ。昭和四十二年、沖縄盲学校へ転校。家族的だった。生徒会活動とスポーツに、積極的に取り組んだ。昭和五十年二十四歳。私は、はり、きゅう、あんま、指圧、マッサージ師の免許を取得、学び舎を後にした。すぐに整形外科病院に就職できた。私の治療室はにぎやかであった。冗談を言い合って、笑いがはじけた。私は謝礼は丁重にお断りをしていた。患者さんの中には、受付に、そっと渡す人もいた。私は生きがいと喜びに充実した日々を過ごしていた。初月給は、母に差し上げた。母は事のほか喜んでくれた。しかし、視野狭窄と難聴が進行し、私の心は重苦しくなっていった。職員や患者さんとの意思疎通も難しくなりつつあった。ありのままの現実を受け入れる事のできない、自分は心のかっとうが続いていた。昭和五十一年夏の日差しがまばゆい日であった。出勤時、私は横断歩道を歩いていた。左折した大型タンクローリーに、前輪で、跳ね飛ばされ、後輪にひかれた。叫び声と車のクラクションで騒然となった。茫然自失の私に、数人が駆け寄った。

「大丈夫ですか、信号は青だったからね、証言するからね」と、励まされ名刺交換をした。九死に一生を得た、今思い出しても背筋が凍る。秋には、住宅の新築にともない、開業に踏み切った。外国の方も来院する。米国では障害者の事をハンディキャップとは呼 ばないそうだ、チャレンジドとよぶそうだ。日本語に解釈すれば、特別に資格を与えられたとの事らしい。四十代は喘息、五十代には狭心症でバイパス手術を受けた。身障手帖には、視覚、聴覚そして心臓障害と記載された。心が折れそうな日もつづいたが、現在も働ける事に喜びも一塩である。開業以来四十星霜。走馬灯の如く、私の心を駆け抜ける。母は車イスの生活となり、認知症もある。兄妹と介護した。現在は、施設に入所している。私は週一のペースで見舞い、リハビリマッサージを行っている。母は米寿を迎える。兄妹と祝賀会を計画している。私はサプライズを考えている。幸いに、盲ろう者に三味線を教えてくださる若いが熱心な、さつき先生と縁することができた。とても感謝している。長男は東京へ、長女は米国へ、それぞれ夢を抱いて、私の下から飛翔した。還暦を迎えた私は考えた。視覚障害者の福祉の向上のため役員を歴任したが、最後の社会貢献活動として何ができるのかを。結論に至ったのは、光と音のない世界で生きる盲ろう者の事であった。しかし認知度は低く、友の会に入会するまで一年半をついやした。交流会に参加した感動は忘れない。暖かく迎えてくれた。そして盲ろう者に寄り添う、尊き通介者の存在も知った。筆舌に尽くせぬ辛酸をなめたであろう、悲哀の涙を幾度も流したであろう。私は心に硬く誓った。友の会の仲間と一緒に歩いていこうと。尊厳無比なる命、魂は自由自在だ。希望を作り、希望に生き、希望を実現する。そんな人生を過ごせたら幸せである。

(おわり)



6.新刊紹介


点字図書


NDC 093
書名 戦場(いくさば)ぬ(ぬ)止み(とぅどぅみ)
   辺野古・高江からの祈り
著者 三上 智恵(みかみ ちえ)
巻数 2巻 280ページ
内容 沖縄に「戦後」はいつ訪れるのか。基地建設が強行される最前線で日々綴った、怒りと哀しみ、そして人々の誇り。ウェブマガジン『マガジン9』連載をもとに書籍化。

NDC 097
書名 沖縄を変えた男
   栽弘義(さいひろよし)-高校野球に捧げた生涯
著者 松永 多佳倫(まつなが たかりん)
巻数 6巻 796ページ
内容 甲子園に18回出場し、準優勝2回。“高校野球で沖縄を変える”という信念のもと、壮絶に燃え尽きた栽弘義監督。気鋭のノンフィクションライターが描く“沖縄高校野球の父”の真実!

NDC 914
書名 ことばは光
著者 福島 智(ふくしま さとし)
巻数 2巻 278ページ
内容 9歳で失明し、18歳で聴力も失った。闇と静寂の中で生きる私に新たな「光」を提供してくれたのは「ことば」だった…。盲ろう者として世界初の常勤の大学教員になった著者が、半生を綴る。『天理時報』連載に加筆し書籍化。



デイジー図書


NDC 002
書名 コメントする力
   情報を編集×発信する技術
著者 竹田 圭吾(たけだ けいご)
時間 6時間44分
内容 ニュース週刊誌の編集長、テレビとラジオの仕事、そしてツイッターを通じて著者が学び、考え、整理した「情報力」と「コメント力」についてまとめる。仕事で使える実践的ノウハウが満載。

NDC 092
書名 沖縄‐社会を拓いた女たち
著者 高里 鈴代(たかざと すずよ)/山城 紀子(やましろ のりこ)
時間 6時間14分
内容 命の尊厳、生きやすさ、平等、平和を求め、それぞれの分野で確かな足跡を残した24人を取材。次世代へ向けた新たな沖縄女性史。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2016年9月号
著者 人間医学社薬局 
時間 4時間
内容 主張「安全な食料」、重力習慣、心機能とCoQ10(薬局の窓・119)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 769
書名 夢へ翔(か)けて
書名 戦争孤児から世界的バレリーナへ
著者 ミケーラ・デプリンス/エレーン・デプリンス
時間 7時間40分
内容 シエラレオネで戦争孤児だったミケーラ。アメリカ人夫婦の養子になり、念願のバレエレッスンを受けられるようになるが…。どんな時でも前向きに努力する黒人の少女が、アメリカでバレリーナになるまでを綴った感動の自伝。

NDC 783
書名 日本人投手がメジャーで故障する理由
著者 小宮山 悟(こみやま さとる)
時間 5時間55分
内容 松坂大輔、田中将大、ダルビッシュ有…。海を渡った日本人投手を襲うケガの正体とは? 日米でプロのマウンドに上がった小宮山悟が、その理由を明かす。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2016年9月1日から30日までの集計)

1位 海の見える理髪店    
荻原 浩著 3巻

2位 人魚の眠る家 
東野 圭吾著 6巻

3位 そらまめくんとめだかのこ
なかやみわ著 1巻

4位 旅立ノ朝 居眠り磐音江戸双紙51
佐伯 泰英著 4巻

5位 冠婚葬祭入門
塩月弥栄子著 2巻

6位 後妻業   
黒川 博行著 6巻

7位 新病理学各論 
医学教育研究会著 8巻

8位 中途視覚障害者のための点字入門
立花明彦・松谷詩子著 1巻

9位‘85最新カラオケヒット50
櫛田紘一編 1巻

10位 手で見る北斎 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏  
岩崎 清著 1巻



デイジー図書ベスト10(2016年9月1日から30日までの集計)

1位 Windows10プロ技セレクション決定版(今すぐ使えるかんたんEx) 
リブロワークス著 12時間4分

2位 コンビニ人間 
村田沙耶香著 3時間29分

3位 ユーミン・陽水からみゆきまで 時代を変えたフォーク・ニューミュージックのカリスマたち
富沢 一誠著 5時間37分 

4位 後妻業
黒川 博行著 11時間46分  

5位 海の見える理髪店
荻原 浩著 6時間12分 

6位 痛くないストレッチ 腰・ひざ・股関節痛に効く スポーツ医学の権威が推奨する関節痛解消術  
三木 英之監修 1時間46分 

7位 カエルの楽園  
百田 尚樹著 5時間35分 

8位 擬宝珠のある橋 髪結い伊三次捕物余話
宇江佐真理著 10時間55分 

9位 怒り 下 
吉田 修一著  6時間54分

10位 MyBook3活用ガイド 
ラビット編 8時間21分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2016年9月1日から30日までの集計)

1位 コンビニ人間
村田沙耶香著 3時間29分

2位 小説 君の名は。
新海 誠著  6時間4分

3位 真贋 
今野 敏著 7時間9分

4位 ルパン三世 カリオストロの城 
シネマ・デイジー 1時間46分

5位 黄泉醜女 
花房 観音著 7時間24分

6位 鬼畜の宴 
勝目 梓著 7時間9分

7位 後妻業  
黒川 博行著 11時間46分

8位 雪煙 
森村 誠一著 6時間40分

9位 非情の標的 
大藪 春彦著 8時間32分

10位 海の見える理髪店  
荻原 浩 6時間12分



7.お知らせ


(1)沖縄点字図書館11月の開館日
13日(日)
開館時間:9時~16時半
11月のITサポートはお休みさせていただきます。
※11月の開館日は、沖視協STT大会開催の為、13日のみとなります。ご了承ください。 



(2)沖視協女性部
11月のダンス・コーラスはお休みします。



(3)ヨガ教室
日 時
11月10日・17日・24日 毎週木曜日10時開催

場 所
沖視協3階研修室

持 参
バスタオル・500円



(4)第31回沖縄県視覚障害者サウンドテーブルテニス大会

日  時
平成28年11月20日(日) 9:00~16:00

会  場
サン・アビリティーズうらそえ

申込締切
平成28年11月4日(金)締切厳守

※開催要綱・参加申込書は各支部長宛に発送しております。
詳しくは各支部長または沖視協事務局(電話863ー2997担当:石原・屋部)までご連絡下さい。



8.ありがとうございました


「平成28年度事業活動協力金」のご報告。
ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

・事務局(9月)事業活動協力金 
<一般寄付> 宮城 良治様 4,041円

・盲導犬使用者育成事業
株式会社メガネ一番様 347,208円
メガネ一番創業29周年企画にて記念チャリティゴルフコンペの収益金、およびメガネ一番・県内21店舗にてお客様より寄せられた募金を頂きました。メガネ一番様は平成24年から毎年ご寄付を頂き、合計1,748,367円のご寄附を頂いています。ありがとうございます。



9.編集後記


「沖視協だより」10月号、いかがでしたでしょうか。

「台風が秋を呼んで来る」と言われますが、確かに台風18号襲来後は、めっきり秋らしくなりました。久米島・慶良間諸島を中心に猛烈な暴風が吹き荒れたものの、けが人はゼロ。島人ぬ災害に対する備えには、本当に関心させられました。ただ、農作物や建物への被害は避けられず、大きな爪痕を残しました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて、那覇大綱挽まつりも行われ、各小中学校では運動会が開催されるなど、秋の行事は目白押し、まさに秋闌です。

また、27日からは読書週間に入ります。図書館では点訳・音訳図書はもちろん、映画ファンのためのシネマデイジーも増刊いたしました。どうぞご利用ください。

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。