【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第298号(平成26年8月発行)


第67回全国盲人福祉大会報告


  田場 上

去る5月29日~31日まで大分県大分市で第67回全国盲人福祉大会が行われ、本県より仲川(那覇市)、田場(宜野湾市)、玉城事務局長の3人が参加しました。

29日には、あはき協議会(田場)、スポーツ協議会(仲川)にそれぞれ出席しました。30日、第51回全国盲人代表者会議、午前中は全体会議が行われました。特に日盲連の将来像については、組織の強化や今後の方向性について各団体、代表者からの活発な討議が行われました。午後は、生活分科会、バリアフリー分科会、職業分科会が行われ各団体より提出の意見や要望がそれぞれに討議されました。本県からは、バリアフリー分科会で「身体障害者の航空運賃の割引をJRやバスと同様に50%にしていただきたい」ことを要望しました。この件には他にも多くの要望が出され、日盲連としても引き続き運動を継続していくことになりました。

31日、全国盲人福祉大会が大分市ホルトホールの大ホールにおいて全国各地より千人余の仲間が集い、盛大に開催されました。第一部は式典、第二部の大会議事では13の決議案が満場一致で決議されました。今回は式典において、日盲連顕彰の「光の泉賞(内助等功労)」を山田時子さまが受賞されました。おめでとうございます。

交流会では日盲連竹下会長・九盲連衛藤会長より沖縄に対しての激励をいただき、また、九州や各県から参加された方々との有意義な交わりを持つことができ今後の私たちの活動への取り組みについて多くの意見や励ましを頂くことができました。

次回の第68回大会は、平成27年6月に岐阜県で開催予定です。



2.第46回九州盲女性研修会(鹿児島県)報告


  女性部部長 當山由美子


平成26年7月27日(日)・28日(月)ブルーウェーブイン鹿児島を会場に第46回九州盲女性研修会が開催されました。

第1日目7月27日(日)午後1時30分より開会
講演:14:00~15:00
講師:蓑毛良助氏(鹿児島国際大学・教授)
演題:「できることを見つめて楽しく生きる」

60歳を過ぎて、子供の頃に好きたっだ事に再挑戦している話、一緒に歌ったり実演をまじえながら楽しく話していました。結論として、歌って食べる事が出来ればそれが元気の源であるとわかりました。その後に各県代表によるレポート発表が行われました。

テーマ「私の夢、希望、思う事」
多発性硬化症という神経の難病で歩けなかった人が病気を克服してマラソンを完走する話、講談師を目指している話などがありました。沖縄からは、前田芳江さんの「失われたことを嘆き悲しむよりも新たに挑戦し生きる喜びを得る事が出来、三線を通して頑張っている姿」に感動しました。

2日目は九盲連会長・衛藤良憲氏による「命の大切さと災害援護者対策」の講演がありました。今年は熊本県が部長、来年の研修会・開催地は福岡県(7月)です。



3.アンケート回答のご協力をお願いします。


視覚障害のある高齢者向け施設の在り方に関するアンケート調査が行われます。

沖縄県では現在、平成23年度に策定した「沖縄県高齢者保健福祉計画(平成24年度~平成26年度)」の見直しを行い、新たな計画の策定を進めており、その中で老人福祉施設等、視覚障害のある方の高齢期の住まいについて検討することとされております。

このアンケート調査は、視覚障害のある高齢の方の日常生活の状況や意見を把握し、計画策定の基礎資料として活用するために実施されます。対象者は沖縄県在住で、視覚障害1級・2級の60歳以上の方です。調査については各市町村の民生委員のご協力をいただき、地域の民生委員が対象世帯を訪問して聞き取りで調査を行いますので、対象者の皆様どうぞアンケート回答のご協力をお願いいたします。

【アンケート調査に関する問合せ先】
沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課 施設福祉班
電話 098―866-2214
沖縄県視覚障害者福祉協会 電話098―863-2997
沖縄県民生委員児童委員協議会 電話098―882-5813



4.沖視協レクレーションのお知らせ


今年は早々に台風の行方を気に掛けることが多い、夏真っ盛りの時期となりました。

さて、昨年度は台風の影響による悪天候で残念ながら開催できなかったレクレーションを今年は場所を屋内に移し開催いたします。

会員の皆さまと職員との親睦を深める目的で、日頃はあまり時間もなくゆっくりゆんたくもできなかったり、電話だけのやり取りだけでなかなか会う機会がない方など、おいしい食事を楽しみながら交流したいと思いますので、ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

日  時
平成26年9月28日(日)午前11時30分~午後2時15分
日  程
午前11時30分 集合・移動 
12時~午後2時 会食・レクレーション
午後2時15分 解散
場  所
「しゃぶしゃぶ 桂」(那覇市松尾1ー18ー26 テレメッセージビル2階)
参 加 費
一人2,000円
申込定員
20名(定員に達し次第、締切)
申込期間
9月1日(月)~9月16日(火)
申込・お問い合わせ
沖視協事務局 (098)ー863ー2997(担当:伊佐・安里)

※今回は職員と利用者の交流を目的としておりますので、ヘルパーさんのご参加はご遠慮いただくようお願いいたします。
※集合・解散については、沖視協か現地のどちらかをお選び下さい。



5.お知らせ


① 沖視協女性部(ダンス・コーラス)
8月24日(日) 沖視協3階研修室 14時~17時30分
9月14日(日) 沖視協3階研修室 14時~17時30分

② 平成26年度の生活訓練「着付教室」を下記のとおり開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

講 師:堀川 千代 先生
日 時:9月5日(金) 午後3時~午後5時
場 所:沖視協3階訓練室
申込締切:8月29日(金) 電話863ー2997  担当:当真初子

③「視覚障害者総合ネットワーク(サピエ)及びデイジー図書読書器・プレクストーク」の操作教室開催について
インターネットでサピエにアクセスし、図書の検索、ダウンロード、再生までの簡単な操作及びプレクストークの操作に関する教室を下記のとおり開催いたします。受講希望者は申し込み宜しくお願いします。(一人3回から5回を予定)

日 時:毎月第1・第3火曜日 午後1時~3時
場 所:沖視協 3階訓練室
定 員:2名(1回につき)
申込受付:沖縄点字図書館(866-0222)担当 堀川恭尚まで。
※サポーターには利用者の安慶名久子さん、松田智子さんが担当いたします。



6. 手探りの焦土 視覚障害者と沖縄戦/中 収容所で飢えと闘う


  富平乗徳

すさまじい爆音と肌が焼けるような熱さを、69年たった今でもはっきり覚えている。「砲弾が落ちると地面が揺れて、火が飛んでくるような感じでね。怖かった」。沖縄県うるま市の富平乗徳(とみひらじょうとく)さん(79)は見えない「鉄の暴風」下を生きた日々を振り返った。

6歳のころ、はしかが原因で視力をほとんど失い、20代で全盲になった。沖縄戦当時は10歳。沖縄本島北西部、本部(もとぶ)半島の本部町で父方の祖父母と暮らしていた。父は日中戦争で戦死した。

本部半島での戦闘は1945年4月10日ごろから10日間ほど続いた。富平さんは祖父母と近所の竹やぶに身を潜めた。ある晩、祖母と自宅に食料を取りに行った時のことだ。「ズドーン」。米軍の艦砲射撃がすぐ近くに着弾した。とっさに孫に覆いかぶさる祖母。大量の土が降ってきたが、幸いにも2人ともけがはなかった。「何が起きたのか分からなかった。砲弾は花火みたいな音だと想像していたけど、全然違った」

6月になると、町内に米軍の飛行場が建設されることになった。富平さんら住民はトラックに乗せられた。「殺されるのかな」と不安になったが、着いたのは東海岸の久志(くし)村(現名護市)にあった大浦崎収容所だった。「収容所」とは名ばかりで「テントを張っただけの草ぼうぼうの荒れ地に寝させられた」。

収容所の暮らしは飢えとの闘いだった。米軍の配給は少なく「もう腹が減ってしょうがなかった」。祖父母と日本軍の陣地跡や壕を探して回り、乾パンなどを手探りで見つけてはむさぼった。栄養失調やマラリアで命を落とす人が相次ぐ中、3人で何とか耐え忍んだ。

8月15日の敗戦を大浦崎で迎えた。祖母は声を上げて泣いたが、悲しい理由が富平さんにはよく分からなかった。他の子のように、米兵に向かって手を伸ばすと、チョコレートやキャンディーなどをたくさん握らせてくれた。「戦争に負けて良かったよ」。甘い香りに浮かれて言うと、祖父にキセルで頭をたたかれた。

  2014年6月211日 毎日新聞西部朝刊より抜粋



7.新刊紹介


点字図書


NDC 024
書名 オックスフォード古書修行
著者 中島 俊郎(なかじま としろう)
巻数 4巻 544ページ
内容 イギリス人の本への深い愛着や、生活の一部となっている読書文化はどのようにはぐくまれたのか。オックスフォードに滞在した日々にふれ合った古書の数々から、千変万化するイギリス文化の諸相を描く。

NDC 092
書名 視覚障害者の手となり足となりて ⁻中村文の百年-
著者 中村 文(なかむら ふみ)
巻数 4巻 500ページ
内容 -この世に生を受け、やがて一世紀を経ようとする今、大急ぎで生きてきた証を子孫たちに残したい― 戦場から失明して帰還した弟と共に盲学校再建に関わった中村文。戦後沖縄の盲教育草創期のことや視覚障害者について多くの方へ理解を広げたいという思いが詰まった講演録など「盲教育の母」と多くの教え子たちを言わしめた中村文が家族と共にまとめ上げた自分史。

NDC 093
書名 七つ橋を渡って 琉球怪談 闇と癒しの百物語
著者 小原 猛(おはら たけし)
巻数 4巻 494ページ
内容 沖縄にまつわる人々が実際体験した摩訶不思議な奇譚のみを取材し、まとめた現代の怪談。沖縄・琉球という風土が反映された、沖縄の、沖縄による、沖縄のための百物語。

NDC 913
書名 アナザー修学旅行
著者 有沢 佳映(ありさわ かえ)
巻数 3巻 408ページ
内容 骨折したのが腕だったら、今頃修学旅行中だった。そしたら、この話したこともないメンバーと、教室で黙りこくってる、なんて今もない…。足を骨折した佐和子は、同じく修学旅行に不参加の5人と代替授業に出ることになるが…。

NDC 913
書名 純平、考え直せ
著者 奥田 英朗(おくだ ひでお)
巻数 4巻 500ページ
内容 チンピラの純平は、気っぷのいい兄貴分に心酔しているが、女は苦手で、困った人を見るとほうってはおけない。そんな愛すべき彼が鉄砲玉(暗殺)を命じられ、決行までの3日間、自由を満喫するが…。『小説宝石』連載を書籍化。

NDC 933
書名 武器よさらば
著者 ヘミングウェイ
巻数 7巻 1024ページ
内容 第一次大戦中のイタリア。アメリカ人青年はイギリス人看護師と恋に落ちるが、戦況は悪化の一途を辿る。現実に翻弄される男女の運命を描く。新訳。

NDC 968
書名 アルケミスト
著者 パウロ・コエーリョ
巻数 3巻 382ページ
内容 羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて…。94年地湧社より初訳のベストセラーを、あらたに平尾香の挿絵入りで刊行。



デイジー図書


NDC 090
書名 けーし風 2014年4月 第82号
著者 新沖縄フォーラム刊行会議
時間 5時間4分
内容 「けーし風」(けーしかじ)は、1993年12月に創刊された季刊誌です。発行母体の新沖縄フォーラム刊行会議は新崎盛暉、岡本恵徳らが中心となって結成されました。沖縄の”いま”を読み解くための必読書です。

NDC 468
書名 ホタルの光は、なぞだらけ
著者 大場 裕一(おおば ゆういち)
時間 3時間12分
内容 ホタルをはじめとする発光生物。その光るしくみや光の役割、どうして光るように進化したのかなど、わかっていないことがたくさんある。発光生物のなぞや疑問を解こうとする研究を紹介しながら、科学のおもしろさを伝える。

NDC 490
書名 月刊 人間医学 2014年7月号
著者 人間医学社薬局
時間 3時間59分
内容 主張「生態系のサプリメント」、水中毒、噛む効用(薬局の窓・93)、中庸会、新・元気術、新刊紹介、人間通信、商品一覧表

NDC 913
書名 ふたり
著者 福田 隆浩(ふくだ たかひろ)
時間 4時間38分
内容 クラスでいじめにあっている転校生の佳純と、そのいじめを見つけてしまった准一。ふたりは同じ作家のファンだと知って、作家の秘密を探すため、図書館へ通って謎解きに夢中になる-。本が好きなふたりの友情冒険物語。

NDC 913
書名 どこかいきのバス
著者 井上 よう子(いのうえ ようこ)
時間 1時間9分
内容 おかあさんとけんかをしてうちを飛び出したぼくの前に、「どこか」いきのバスがあらわれた。乗り込んで、行きたい場所を言ってみると、たちまちバスの形が変わって…。

NDC 913
書名 人造人間キカイダー The Novel
著者 松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
時間 10時間5分
内容 二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだし…。本格SF冒険小説として蘇った石ノ森章太郎の伝説的名作。

NDC 933
書名 路上のストライカー
著者 マイケル・ウィリアムズ
時間 7時間22分
内容 虐殺を生きのびたデオは、南アフリカを目指す。ところが苦難の果てに待っていたのは、外国人である自分たちに向けられる憎しみとおそれだった。過酷な運命に翻弄されながらも、デオはサッカーで人生を切り開いていく…。

NDC 933
書名 語りつぐ者
著者 パトリシア・ライリー・ギフ
時間 5時間15分
内容 父親の仕事の都合で、叔母にあずけられたエリザベス。気詰まりな生活の中で、エリザベスは自分そっくりの少女の肖像画にひかれていく。絵の少女は、200年以上も前のエリザベスの祖先ズィーだった…。

NDC 913
書名 ただいま! マラング村
著者 ハンナ・ショット
時間 2時間10分
内容 アフリカのタンザニアに住むツソは、ある晩、おにいちゃんと家を逃げ出して、バスターミナルのある町にたどりついた。ところが、おにいちゃんとはぐれてしまって…。路上でくらすことになった男の子の、実話にもとづくお話。



サピエ図書館オンライン・リクエストランキング


点字図書ベスト10(2014年7月1日から31日までの集計)

1位 村上海賊の娘 上   
和田 竜著 8巻

2位 祈りの幕が下りる時 
東野 圭吾著 6巻

3位 セックスレス その時女は
亀山 早苗著 3巻

4位 北への逃亡者
西村 京太郎著 3巻

5位 小さいおうち
中島 京子著 5巻

6位 きんぎょが にげた 
五味 太郎著 1巻

7位 アンのゆりかご 村岡花子の生涯
村岡 恵理著 5巻

8位 55歳からのハローライフ
村上 龍著 5巻

9位 人狼
今野 敏著 3巻

10位 村上海賊の娘 下 
和田 竜著 8巻



デイジー図書ベスト10(2014年7月1日から31日までの集計)

1位 虚ろな十字架
東野 圭吾著 11時間42分

2位 ライアー
大沢 在昌著 15時間14分

3位 弓張ノ月 居眠り磐音江戸双紙46
佐伯 泰英 7時間14分

4位 Windows8実演ガイド
ラビット編 1時間21分

5位 破門
黒川 博行著 12時間1分

6位 ドロップボックス活用術
ラビット編 1時間28分

7位 ペテロの葬列
宮部みゆき著 22時間35分

8位 カレイドスコープの箱庭 
海堂  尊著 7時間1分

9位 「脊柱管狭窄症」が怖くなくなる本 
福辻 鋭記著 3時間31分

10位 Windows Media Player12活用ガイド
ラビット編 2時間26分



サピエ図書館オンライン・ダウンロードランキング


デイジー図書ベスト10(2014年7月1日から31日までの集計)

1位 虚ろな十字架
東野 圭吾著 10時間50分

2位 破門
黒川 博行 12時間1分

3位 ありふれた愛じゃない 
村山 由佳著 13時間5分

4位 99%の人は歌がうまくなる! 
海沼 実著 3時間35分

5位 ペテロの葬列
宮部 みゆき著 22時間35分

6位 グレイ
堂場 瞬一著 10時間38分

7位 そして父になる
シネマデイジー 2時間1分

8位 特命指揮官 警視庁捜査二課  
梶永 正史著 11時間25分

9位 つぐみの佐平次 帳尻屋始末2 
坂岡 真著 6時間12分

10位 悪神の住処 暗殺者メギド4
渡辺 裕之 10時間13分



8.8月、9月の行事予定


沖視協レクレーション(場所:しゃぶしゃぶ桂) 9月28日(日)



9.平成26年度事業活動協力金について


お陰様で平成26年7月31日現在388,605円(46件)の寄附金がありました事をご報告致します。ご協力を賜りました皆様衷心よりお礼申し上げます。

寄附金(事務局)
2件  12,000円



10.編集後記


まだまだ暑い日が続いておりますが、皆さまお変わりなくお元気にお過ごしでしょうか?残暑お見舞い申し上げます。

暑い時期を避けるため、沖視協関連行事もちょっとお休みが続いておりましたが、これからはレクレーション、スポーツ行事、音楽発表大会と目白押しとなります。ご多忙のこととは存じますが、ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

紙面でも紹介しましたが、9月はレクレーションの企画をしております。昨年は台風接近で取り止めになりましたが、行事担当、天気に左右されないよう計画しているようです。どうぞお楽しみに。

  知花光英


『沖視協だより』は、「地域福祉基金」の助成により墨字版・点字版・録音版を作成しています。