沖視協だより第259号


【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図


沖視協だより  第259号(平成23年5月発行)

1.平成23年度音響付信号機設置要請箇所について


みなさまのお住まいや職場・学校等近くに音響付信号機が必要な箇所がございましたら、各地域の視覚障害者部会を通して沖視協へご連絡ください。また、支部のない地域のみなさんは、直接沖視協へご連絡ください。



2.江戸川区視覚障害者と八重山視覚部交流会


(三線・カラオケ・琉装体験)
平成23年4月17日(日)江戸川区視覚障害者福祉協会創立30周年の「八重山諸島遊記念旅行」に、江戸川から4人、地元石垣から6人ほど参加して親睦交流会で楽しみました。江戸川区視障協からは感謝状と記念品を頂きました。観光当日は、石垣トライアスロン大会があり、新聞記者の取材には間に合いませんでしたが、帰りの日、空港にて取材していましたので記事は小さいですが載せていただきました。当日の新聞記事の内容は下記のとおりです。

  八重山視覚部  平良常


東京都の江戸川区視覚障害者福祉協会(松本俊吾会長)のメンバー34人が17日から19日の3日間、創立30周年の旅行で八重山を訪れ、石垣市視覚障害者協会(平良常会長)と交流した。

交流会は17日午後、石垣やいま村で開かれ、両会と関係者合わせて約40人が出席。平良会長らは三線やパーランクーで八重山の民謡を披露。カラオケ大会や琉装の体験もあった。記念品の交換では、江戸川側から風鈴と菓子、石垣側からアンガマの面1対とパーランクー1個をそれぞれ贈った。

松本会長は「交流会は、平良会長の三線が上手で楽しかった。琉装もさせてもらい、印象深かった」、平良会長は「視覚障がい者の団体を迎えて交流するのは初めてで、何を食べたか忘れてしまうくらい楽しかった」と話していた

  八重山毎日新聞 平成23年4月20日(水曜日)より



3.支部ネット


第1回 宜野湾市視覚部   視覚部長 田場 上
本支部は昭和48年2月26日に宜野湾市視力障害者協会として発足(会員数90名)しました。その後宜野湾市視覚部と名称をあらため今年度で38周年を迎えました。

現在の会員数は40余名ですが、年々会の活動への参加者が少なく、積極的参加を呼びかけるのですが、行事のたび毎に頭を痛めています。主な活動としては、みかん狩り・一泊旅行・観月会等です。みかん狩りについては参加者(20名)が多く20数年以上も続いております。

他には毎年10月に行われる「宜野湾市健康福祉フェアー」でのマッサージ奉仕活動に参加し、地域の行事にも出来る限り協力しております。去る4月24日に今年度の総会を終えたところです。平成23年度の新しい行事の予定は計画しておりませんが、結成40周年に向けて一人でも多くの会員が積極的に参加し、支部の活性化に努めるよう、会員一同結束を新たに致しました。

地域の支部の活動に参加したい方は、支部長にご連絡下さい。

沖視協11支部
  
那覇市仲川 福俊090-5722-3755
浦添市平良 恵忠090-3325-5922
宜野湾市田場  上090-8769-5076
西原町小波津 正芳946-9848(職場)
沖縄市金城 智恵美938-3485(職場)
うるま市富平 乗徳972-6624
嘉手納町津波古よし子090-5922-0472
読谷村与久田 幸二958-4041
南風原町松田 智子090-9566-9000
八重山平良 常0980-82-4414
宮古川満 俊昭0980-72-3193(宮古島市社協担当 新城)



4.ほっと!!広場


「東日本大震災が強いる、みぞうの避難生活が視覚障害者に耐えられるか?」
伊良部島出身の私が盲学校時代船によく乗った。ほとんどが、船で海を渡っていた頃で、階層の三等室は、寝場所の確保もままならぬ混みよう、それも男女ざこ寝。船の揺れもありお互いに踏ずけあい、転げあいだが全盲者は、加えて触れねば確認できない。
用をおもいコーヒーや茶は、腸に沁みる。香りだけに留めた。

  下地 幸夫



5.ボランティアcafé


皆様こんにちは。音訳ボランティアの小椋文子です。沖視協で担当している養成講座(音訳)のテキストに使い勝手の悪い部分のあることが、ここ数年気になっていました。例えば、受講生の平均年齢は決して若くないのに、活字がひどく小さかったりするのです。試行錯誤・悪戦苦闘し、あちらこちら手を入れて、やっと試作品ができました。

さらに検討を重ねて、使いやすいものになることを願っています。この改訂版を使用しての春期講座は5月18日開講致します。例年より少しどきどきして待っています。

  音訳講師・ボランティア 小椋文子



6. 新  刊  紹  介


点字図書
NDC書名著者名巻数内容
097沖縄の自己決定権喜納 昌吉4音楽家であり政治家でもある喜納昌吉が、自身の半生をはじめ、日本のなかの沖縄の歴史と社会、沖縄の自己決定権などを語る。2010年3月に行ったインタビューをもとに書籍化。
099読みがたり沖縄のむかし話沖縄のむかし話の会3厳しい風土や歴史のなかで、お互いに励ましあい、工夫し、助けあって、明るく生きてきた沖縄の人々が語り伝えてきたむかし話。ブナガヤやキジムナーなどの妖怪の話、中国やアジアとの交流を物語る話など、52話を収録。
146トラウマへの対処J.G.アレン9トラウマを受けた人の自己理解を助けるための書であると同時に、こうした人たちに対して援助を行っている専門家にも役立つ内容。読みやすい言葉でこの領域の最新情報を網羅し、豊富な事例を用いた実践的な手引き。
150アダム・スミス堂目(どうめ) 卓生(たくお)4アダム・スミスの「道徳感情論」を通して「国富論」を読み直し、社会の秩序と繁栄に関する思想体系として再構築する。第30回サントリー学芸賞<政治・経済部門>受賞。
159夢をかなえる人生のガイドブックジェフ・ケラー3ビジネス・恋愛・人間関係…。新しい考え方と行動の指針を実践して成功をおさめ、有意義な人生を送ろう。「望み通りの人生」を手に入れるために必要な法則を伝授。
378小・中・高等学校等に在籍する弱視等児童生徒に係る調査の結果について教科用拡大図書の標準的な規格の策定等文部科学省初等中等教育局1小学校、中学校、高等学校等に在籍する弱視等児童生徒の教科書に関する調査結果と、拡大教科書の仕様、製作上の配慮事項などを示した標準規格を収録。
498平成22年版 食育白書(概要版)内閣府政策統括官(共生社会政策担当)1国民の食育に関する意識、20~30歳代の若い世代の食生活の実態等について、解説するとともに、平成21年度に講じた、家庭、学校、保育所、地域等における食育推進施策の状況の概要をまとめる。
911トロムソコラージュ谷川 俊太郎1オーロラが現れるノルウェーのトロムソで綴った表題作のほか、臨死体験をルポ風に描いた作品など全7編を収録した長編詩集。第1回鮎川信夫賞詩集部門受賞。
914ケンブリッジ・サーカス柴田 元幸(もとゆき)2オースターに会いにニューヨークへ。かつて住んだロンドンへ。兄を訪ねてオレゴンへ。ダイベックと一緒に六郷土手へ…。著者がこれまでいた場所や、やったことについて綴ったエッセイ。



録音図書
NDC書名著者名巻数内容
538夢をつなぐ山崎 直子3スペースシャトルの事故を目撃した中3の女の子は、宇宙に行く決意をする。亡くなった女性宇宙飛行士の夢を受け止め、叶えようと奮闘する日本人2人目の女性宇宙飛行士、感動ノンフィクション!


デイジー図書
NDC書名著者名時間内容
182知っておきたい名僧のことば事典中尾(なかお) 尭(たかし)12時間13分日本史上に大きな足跡を残した名僧34名の珠玉のことばを集成。心にしみる言葉の理解のために、名僧の生涯や時代背景を辿り、現代語訳と平易な解説を付す。さらに詳しく知るための手引きとなる、出典と参考文献も掲載する。
289寺田寅彦バイオリンを弾く物理学者寺田(てらだ)寅彦(とらひこ)23時間51分地球物理学者としての独創的な業績によって名を轟かせ、漱石門下、その文才を謳われた巨星・寺田寅彦。今も我々を魅了してやまない、このマルチな創造的精神の核心の秘密に、「音」「音楽」という視角から迫る。
371母親のぬくもり本田せつ子7時間29分近年、子どもをとりまく環境は狂っているとしか言いようがない状況で、問題も多発している。自殺、いじめ、子どもの犯罪、虐待、学級崩壊など、子どもの周辺で起こる事柄は私たちに何を伝えようとしているのかを考える。
479さくら百科永田(ながた) 洋(ひろし)23時間51分桜の開花予想やソメイヨシノの出自といった桜にまつわる科学的な知識から、桜と地域おこし、信仰や詩歌など文化の中の桜、桜の楽しみ方までを写真・図を交えて解説。また、108品種の桜を開花時期の順に紹介する。
492藤本蓮風 経穴解説藤本(ふじもと) 蓮風(れんぷう)17時間12分北辰会方式の鍼灸で常用するツボ一穴一穴について、穴処・主治・応用・刺鍼を中心に解説を行い、絵図を随所に織り交ぜて示す。口述と実技で行った経穴学の講義録を基に編集・整理したもの。
493全身性エリテマトーデス 正しい治療がわかる本松井 征男(ゆきお)5時間46分誰でも持っている免疫の働きと密接に関わっている病気、全身性エリテマトーデス。基本となる正しい治療や検査の手順、再発予防と生活するうえでの注意点、病気に対する正しい知識を解説する。治療のポイントQ&Aも収録。
493潰瘍性大腸炎正しい治療がわかる本中島(なかじま) 淳(あつし)4時間41分大腸の粘膜で原因不明の炎症がおこる潰瘍性大腸炎は、発症する年齢の中心が20歳代と若く、再燃する可能性が高い。日常生活に影響を与えないよう、病気をコントロールするための知識や情報を紹介する。
493脳梗塞 正しい治療がわかる本亀井(かめい) 徹正(てつまさ)7時間40分脳梗塞は発症後3時間以内なら、広範囲の脳を救える可能性があり、48時間以内であれば、適切な治療で後遺症をより軽くできる。救急時の家族の対応から最新の治療法、再発防止法などをくわしく紹介。
493パーキンソン病正しい治療がわかる本竹村 学(まなぶ)5時間55分パーキンソン病の最新の治療法をはじめ、薬の調整、食事の工夫、生活環境の整備といったリハビリや支援の方法、病気と薬に対する正しい知識などを解説。治療のポイントQ&A、専門医のいるおもな施設リストも掲載。
493幸せへの道が開かれて本田 せつ子3時間46分うつ病や統合失調症は自分が作り出してきた心の状態であり、自分の心を映し出す世界が、現象化しているということ。うつ病、統合失調症で苦しんだ人々の事例をあげ、一歩踏み出していく勇気を与える。



7.情報コーナー


次の資料をご希望の方へ貸し出しいたします。

貸し出しをご希望の方は、沖縄点字図書館・貸出担当までご連絡下さい。
(点字資料)「盲ろう者の専門誌コミュニカ2011年春号」全国盲ろう者協会発行(全2巻)



8.行事予定


6月・7月の行事

6月3日(金)~5日(日)
第64回 全国盲人福祉大会(島根県)

6月9日(木)
平成23年度第1回 支部長会

6月24日(金)~26日(日)
世界盲人アジア太平洋地域協議会役員会議

7月7日(木)
高橋福治先生墓参



9.人事異動


退職
「お世話になりました。ありがとうございました。」 退職にあたり、これ迄の事を思い返すと感謝の気持ちで一杯です。日々の業務、スポーツ大会等の行事で利用者の皆さんと出会い、共に活動出来た事は楽しい思い出です。ボランティアの皆さん、職員の皆さんにも大変お世話になりました。たくさんの方々に支えられて来たのだと改めて感じています。「ありがとうございました。」 

  野原祐子

採用
4月から点字図書館で、点字印刷を担当する伊佐由香里です。丁寧な仕事をする野原さんの後任ということで、多少のプレッシャーを感じておりますが、同様によろしくお願いします。
  伊佐由香里

採用
こんにちは。4月25日から職員(反訳事業部署)になりました、糸数梨沙と申します。初めての職場で、緊張しますが先輩方のご指導を頂きながら頑張っていきたいと思います。趣味はDVD鑑賞で、最近では韓国ドラマにはまっています。 よろしくお願いします。

  糸数梨沙



10.ありがとうございました!


平成23年5月寄付
田場 上 様 10,000円
匿名    200,000円   
匿名      20,000円



11.編集後記


梅雨の候、ジメジメ感が日増しに不快になる日々、洗濯物がなかなか乾かないので悩んでいる今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回から「沖視協だより」の編集委員として上原典子、上原清美、宮国泰夫の3名で担当することになりました。宜しくお願いします。

早速、編集後記を書くことになった宮国ですが、昔から文章を書くのが苦手な私で、今回も妻や子供の力を借りてなんとか仕上げました。

この一年間頑張りますので、よろしくお願いいたします。

  (宮国泰夫)