【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図

福祉会だより(2005年12月)

1.発刊にあたって

師走の月に入りました。自然災害が猛威をふるった2005年も年の瀬が迫ってきました。沖視協の事業も年間を通して滞りなく遂行されてまいりました。これも皆様のご理解とご協力のお陰だと感謝しております。
忙しい年末ですが、お体に気を付けて家族全員で輝かしい新年を迎えられるようお祈り申し上げます。それでは今年最後の福祉会だよりをお届けいたします。

2.沖視協ニュース

(1)沖縄県視覚障害者福祉センター改築計画の進捗状況
11月15日に開催された平成18年度沖縄県福祉施設整備審議会で総合福祉センターの改築計画が審査を通過して、これから国交付金の内示を受け、県補助金、福祉医療機構からの福祉資金借入、雇用促進機構からの助成金の申請手続きの業務に取り掛かります。総計費2億2358万円で、財源内訳として都道府県交付金4980万円、市町村負担金593万円、雇用開発助成金5000万円、福祉資金借入金4894万、自己資金が6891万円となっています。福祉センターの改築が早期に実現できるよう、自己財源の確保に向けては皆様方の協力方をお願いいたします。

(2)第20回沖縄県視覚障害者卓球大会報告
標記大会が10月23日、サンアビリティーズ浦添で110名余の参加者で開催された。11チームが優勝を目指して熱戦を展開し、一部リーグは読谷村チームが接戦の末優勝しました。準優勝は那覇市Aチーム。二部リーグは南風原町チームが優勝、うるま市石川チームが準優勝

(3)第21回ナハマラソンマッサージ奉仕活動の報告
12月4日にあはき師会との共催事業として、今回で20回目となる標記奉仕 活動を実施しました。前日の大雨で会場は水浸しとなっていて、準備に手間がかかった今年の奉仕活動は54名の参加者でジョガーの疲労回復のマッサージを施して、多くの方から感謝とお礼の言葉をかけられました。
奉仕活動終了後は沖視協3階ホールで慰労会をもち、今後の取り組み等について話し合い、お互いの疲れを労いました。参加された皆様、大変お疲れさまでした。以下は参加者名簿です。

1.山田親幸2.渡嘉敷綏秀3.当 山 勲4.譜久村裕邦5.豊平朝清
6.狩俣昌勝7.仲松智恵子8.神谷ひとみ9.嶺井雄八10.仲村貞雄
11.大城堅伸12.広山栄喜13.小波津正芳14.大城敦子15.玉城達男
16.坂井周二17.坂井睦子18.長嶺喜真19.田村文夫20.新崎康人
21.前泊敏彦22.田端サエ子23.比嘉武司24.糸数健治25.浦添政吾
26.上原三男27.上 地 和28.当山政秋29.宮城栄全30.高良かつみ
31.仲川福俊32.当間義昭33.山里 均34.田場 上35.真栄田雅彦
36.下地幸夫37.徳里久江38.冨山悦子39.大浜用忠40.嘉手川邦子
41.天久栄子42.上地武宏43.安里清竹44.池原友子45.松井美智代
46.上原清美47.前川リカ 他介助者7名    

また来年の2月26日には沖縄マラソン大会が開催されますので、多くの方の参加をお願いいたします。

(4)第33回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス大会参加報告  堀 川 恭 尚
第33回九州視覚障害者サウンドテーブルテニス大会は2005年10月15日(土)、16日(日)の両日、福岡市の市立スポーツセンターで役員、選手、関係者を含め250名が参加し、開催されました。沖縄県からは、選手で狩俣昌勝、冨山悦子、松田智子、仲村清子、当山政秋、仲川福俊の6名と監督兼付き添いで堀川恭尚(沖視協)、付き添いで具志悦子(ボランティア)が参加。大会1日目は7チームによる団体戦、2日目は全盲男子、女子、弱視女子の部で個人戦が行われました。
団体戦は熊本県と対戦し、善戦及ばず1回戦で敗れました。今大会の優勝チームは福岡県チーム。個人戦は狩俣選手以外は1回戦で敗れ、狩俣選手は惜しくも3回戦で破れ、準決勝戦に進出できませんでした。
全体としての反省点は、フォールディングやダブルヒット等、自分のミスが多かったこと、また審判など、沖縄地域より厳密なジャッジが多く、選手のみならず審判員の養成も必要であることを痛感しました。また、1日目に行われた代表者会議では、競技人口の減少と大会運営の問題点について会議が行われました。明確な決定事項はなく、次回会議に持ち越しとなりました。
最後に、同大会派遣に際し、多大なご協力をいただきました関係機関・各位に対し、心よりお礼申し上げます。

(5)第3回日本視覚障害者ボウリング大会参加報告
第3回日本視覚障害者ボウリング大会は、去る11月26日、27日の両日福 岡市内の「スターレーン」を主会場に全国20都道府県政令都市から78人が参加し、開催されました。沖縄県からは、比嘉一盛ほか4名、コーチに安里清竹、競技補助員に沖視協職員の野原祐子、上原清美の計8名が参加。
一行は、25日の夕方の便にて福岡入りし、大会に備えました。大会1日目は ダブルス戦4ゲーム、2日目は個人戦予選・決勝7ゲームの日程で行われました。第1回大会から3年連続の優勝をめざし、沖縄県チームは、約2カ月間の調整で本番に臨みました。
初日のダブルス戦は、比嘉、そして初参加の磯崎組が他のチームにトータル100点近い大差をつけて優勝、2日目の個人戦でも5人中4人が予選通過するなど今年も大会の注目を集めました。
また、個人決勝でも弱視の部で1位、2位を独占、昨年上位入賞を果たせなかった弱視女子の部でも3位と健闘、しかし全盲クラスでの上位はなりませんでした。一行は、27日夕方の便にて那覇に戻って参りました。
最後に、同大会派遣に際し、多大なご協力をいただきました関係機関・各位に対し、衷心より御礼申し上げます。
以下、 大会参加者とその成績。

ダブルス
比嘉・磯崎組 1位 1207点(8ゲームトータル)
座波・知花組 10位  830点(  〃  〃  )

個人戦予選(4ゲーム) B1クラス(視力0)
知花光英 7位 323点

個人戦予選・決勝(7ゲーム) B2クラス(視力0.04以下)男子
比嘉一盛 1位 1140点    磯 崎 学 2位 1045点 座波 裕 6位  927点

個人戦予選・決勝(7ゲーム) B2クラス(視力0.04以下)女子
村上るり子 3位 444点

(6)12月、1月の行事予定
12月4日NAHAマラソンマッサージ奉仕活動
12月5日視覚障害者マラソン沖縄大会競技部会
12月8日第2回支部長連絡会
12月18日ロープランナー伴走者講習会
12月18日沖縄キーストン・ライオンズクラブ、クリスマスプレゼント贈呈式
12月22日視覚障害者マラソン沖縄大会運営部会・競技部会
12月24日ラジオ沖縄チャリティーミュージックソン
12月28日御用納め
1月4日御用始め
1月29日第11回視覚障害者マラソン沖縄大会


3.お知らせコーナー

(1)ラジオ沖縄チャリティーミュージックソンへの協力方について
年末の恒例となりました第20回目のチャリティーミュージックソンが今年もパレットくもじ広場をメイン拠点として展開されます。当協会もチャリティー募金箱設置、番組編成への協力等を依頼されています。また各地域、愛の泉での街頭募金活動など皆様方の協力をお願いいたします。なお、24、25日の行事は次のとおりです。ウォークラリーと忘年会とボウリング大会については12月16日(金)までに参加申し込みをお願いいたします。

ア.音響付信号機点灯式と渡り初め
12月24日(土)午後1時45分、場所はまだ未定ですが、 決まりましたら、 そこの地域視覚部会員の参加をぜひともお願いします。

イ.アイマスク体験ウォークラリー
午後4時牧志公園を出発して4時45分にパレットくもじ到着
参加者予定 県主管課、那覇市議会議員、那覇市主管課、その他関係機関

ウ.ボーリング大会
午後7時半より浦添市のてだこボウル  参加費1,500円
申し込みは863−2997の野原祐子まで

エ.忘年会
午後6時半より沖視協3階ホール 参加費2,000円
申し込みは863−2997 事務局まで

オ.白泉会のアカチチデービルは25日午前6時より(今年は録音版)

カ.ふれあい家族

キ.街頭募金活動

(2)沖縄キーストンライオンズクラブクリスマスプレゼント贈呈式の案内
「沖縄キーストン(旧宜野湾)ライオンズクラブ」主催によるクリスマスプレゼントの贈呈式が12月18日(日)の12時より沖視協3階ホールで開催されます。今年で43回目になります。お子様の対象者は2歳から12歳までです。

(3)RBCiラジオ盲導犬基金贈呈式
10月29日(土)午後12時より3時まで、パレットくもじのイベント広場で行われた、RBCラジオ局による盲導犬基金のための特別番組で700万円余の浄財があったことの報告がありました。平成17年の12月現在まで、まだ盲導犬利用要望の申し込み者がいない現状です。県民の善意の基金を有効に活用するため盲導犬利用希望者を募っていますので、皆さんの隣近所の視覚障害者にも周知方をお願いいたします。

(4)年末年始のお知らせ
12月28日(水)は沖視協の御用納めで、12月29日から平成18年1月3日までは閉館となります。御用始めは1月4日(水)からとなります。

(5)訃 報
11月20日、那覇市の高良幸助さんが亡くなられました。享年55歳。謹んでお悔やみ申し上げます。

(6)事務局日誌
10月、11月の事務局日誌より主なものを報告いたします。
10月20日第11回視覚障害者マラソン沖縄大会総会
10月23日第20回沖縄県視覚障害者卓球大会
10月31日主任会議
11月1日職員会議
11月4日障害者就業ネットワーク会議
11月8日いきいきふれあい財団ヒヤリング
11月14日職員研修会
11月15日奨学金認定証交付式
11月25日障害者自立支援法セミナー
11月29日職員会議


4.ありがとうございました。

沖縄気鍼法会から2万円の寄付を戴きました。うち1万円は建設資金として積み立てさせて戴きます。

5.読者のコーナー

初めて乗った救急車 もうすぐ八重瀬町  川口康子
ピーポーピーポー、音が今日も聞こえてきました。私の住んでいるアパートは 国道507号線にほど近く、連日昼夜を問わず救急車の走り過ぎてゆく音を耳にします。その救急車にまさか自分がお世話になるとは夢にも思いませんでした。 今日は愚かな私の体験を恥をしのんで書いてみたいと思います。そして皆様に「家でも外でも歩く時には十分に気をつけて下さいね」と声を大にして言いたいと思います。それは、ある土曜日の夕暮れでした、部活から帰ってきた子供たちはまだ昼寝の最中でした。その1週間、私はいつもより仕事が忙しくてとても疲れていました。そんな時に私は唇を傷つけてしまったのです。紙面の都合上、ここでは詳しくふれることは避けたい。いつものように大したことはないと思っていました。しかし、血が止まりません。何枚ものティッシュが使われたが、血は止まるどころか、蛇口をゆるく閉めた水道のように早い調子でポタポタ落ちてきた。時間の経過とともに私の不安は増していった。寝ていた娘を起こして、伯母に電話をかけてもらいました。私はタオルを口に当てて伯母が来るのを待ちました。その間に娘はトイレ、風呂場、台所と私が汚したところをきれいにしてくれました。血を見た伯母は驚き、すぐに救急車を呼びました。私は階段を降りて、アパートから離れた場所で待って乗り込みました。間もなくピーポーの音をたてながら車は走りだしました。こんなことで救急車のお世話になるなんて恥ずかしいと思いました。口一杯に溜まった血が唇から溢れて首筋を通って流れました。「これでまた貧血がひどくなるかも知れない」と私は独り心配した。「神様、お守り下さい!」と心の中で祈りました。初めて乗った救急車の車内で横になりながら、ふと思い出したことがあります。長崎の本島市長が右翼に銃撃されて、救急車で搬送された時、「救急車があんなに激しく揺れるものとは思わなかった」と言われ、その後救急車は改良されて揺れが少なくなったと聞いています。私を乗せた救急車は激しく揺れることもなく、渋滞にぶつかることもなく病院へ着きました。救急車に乗った時間はわずかでしたが、隊員の仕事ぶりにも直接触れて、苦い経験ではありましたが、大切な何かを教えられて、決して忘れられない体験となりました。何よりも安全第一に健康で笑顔で生きていければと願っています。

6.編集後記

早いもので2005年も師走を迎え何かと慌ただしい月ですが、過ぎし1年を 振り返り、よかったこと、悪かったこと、困ったこと等々いろいろあったと思います。終わりよければすべて良し、皆さん健康には十分に留意をされ今年も充実だった年と思えるよう、残されたひと月をお仕事、趣味、余暇活動と充実した日々を過ごして下さい。
輝かしい新年を健康で明るく迎えることができますようお祈りいたします。

☆ 「福祉会だより」は沖縄県共同募金会の配分金で点字版・墨字版を作成し、県内及び県外在住の県出身視覚障害者の方々や関係者に郵送しています。