【目次】
ホーム
事務局案内
点字図書館
マッサージ
ボランティア
ニュース



色の設定
ご案内地図

福祉会だより(2003年4月)

1.発行にあたって

  読者の皆様お元気でお過ごしでしょうか。
4月1日には辞令交付式を行い、15年度の事業が本格的に開始されました。視覚障害者福祉事業がさらに進歩するよう役職員一丸となって取り組んでまいりますので本年度も皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
本年度の事業計画で特記すべきことは、昨年に要望書を提出してありましたアジア太平洋視覚障害者職業自立支援事業がこのほど採択され、平成 15年度の事業開始に向けて動き出します。また昨年に引き続き沖縄県視覚障害者総合福祉センター(高橋記念会館)建設推進に向けての運動、折衝活動を続けていく所存です。
どうぞ会員の皆様並びに関係団体、関係機関の皆様方の強力なるご支援とご協力をお願い申し上げます。


2.沖視協ニュース

(1)第56回九州盲人福祉大会(福岡市大会)報告書  田端サエ子

  去る2月16・17日の二日間にわたり標記大会が福岡市のホテルニューオータニ博多で開催されました。沖縄県から島袋会長をはじめ6名が参加しました。私たちは16日の午前8時に那覇空港から福岡空港へ、そしてタクシーで大会会場へと移動しました。

  分科会が12時から14時まで開かれ、私たちは3分科会(福祉、職対、体育)に別れて出席。私は福祉部会に出席しました。そこでは各県から提出された7議題について討議されました。沖縄県からの「ガイドヘルパー事業を支援費制度の在宅サービスから外して単独事業として現行制度で実施するよう社会福祉法の見直しを要望する」を提案しました。ほぼ同議題が福岡県からも出されていていろいろな意見や問題点などが出ました。中央のほうでもいろいろなことについて国に対して陳情しているとのことでした。

  14時45分〜17時、代議員総会が行われました。平成14年度事業報告、決算報告、平成15年度事業計画案、予算案が審議され承認されました。引き続き分科会報告が行われました。代議員総会終了後、17時から18時まで九州女性部長会議が行われました。

  2日目は1部式典が10時から開式され、歓迎の挨拶、表彰、来賓挨拶があり、引き続き11時から第2部の議事が行われました。平成15年度運動方針、宣言、決議案が採択されました。第3部は日盲連の笹川吉彦会長により「中央における最近の情勢」という演題で記念講演が行われました。第4部、閉会式では次期開催地の宮崎県馬場弘会長から参加協力のあいさつがあり、第56回九州盲人福祉大会を閉会しました。大会終了後は福岡空港から2時過の便で帰ってきました。

  最後に大会派遣に際し、ご協力下さいました関係機関、諸団体の皆様に対して感謝申し上げます。
平成15年度は九州盲女性指導者研修会を沖縄県が当番として開催しますのでよろしくお願いいたします。

  次に決議案を記載します。

1.視覚障害者の働く権利を保証し、自立の道を守るために「アハキ師等法 第19条の改正」を急ぎ、整体カイロなど無資格者の取り締まり強化対策を要望する。

2.視覚障害者の職域を確保拡大するために、機器の開発など労働条件の整備や、特別養護老人ホームへの就労など雇用を促進するための運動を要望する。

3.4月よりスタートする支援費制度を注意深くチェックし、情報提供やホームヘルパー・ガイドヘルパー事業の、円滑なる運用と福祉サービスの低下がないよう要望する。

4.視覚障害者の情報バリアを解消するために、公的文章の点字標記・各種点字サインの充実と、視覚障害者のために開発されたパソコンソフトや周辺機器などを日常生活用具の給付品目に加えるなど、前向きな検討を要望する。

5.安全で快適な移動環境を整備するために、駅ホームやバス停留所における安全対策・行き先案内など、視覚障害者に配慮した対策の実施と、音響信号機や誘導システムの全国統一、自転車のマナーの指導取締を要望する。

(2)おきなわマラソン奉仕活動ご苦労様

  2月16日に開催された2003おきなわマラソン大会に沖縄県あはき師協会と沖視協の合同で奉仕活動を行いました。

  マッサージ奉仕活動参加者は奉仕者は次から次へと受けに来る、多くのジョガーの筋肉疲労をもみほぐし、感謝の言葉をたくさんもらいました。東洋医療の効果を大いにアピールすることができたものと確信します。参加者はつぎのとおりです。

当山 勲、上原 光、冨山悦子、田場 上、下地幸夫、渡嘉敷綏秀
上原三男、比嘉武司、小波津正芳、大城堅伸、広山栄喜、宮城永全
仲松智恵子、高良幸助、上地 和、比嘉吉雄、長嶺則文、服部 功
真栄田雅彦、大城伸久、浦崎 久、新垣美佐子、松堂 隆、前泊敏彦
上田健一郎、大浜用忠、大城一之、屋我末子、松井美智代、当真嗣廣
当真初子、糸嶺成美、上地武宏、喜屋武智江、嘉手川邦子、堀川恭尚
喜屋武慶子、宮里真由美、以上38名。

(3)九州盲社会人卓球大会派遣選手選考会の報告

  第31回九州視覚障害者卓球大会への派遣選手選考のための標記大会が3月16日午後1時よりサンアビリティーズ浦添で行われ、次の方々が選考されました。

全盲男子  狩俣昌勝、上原 興一郎、大浜欣也
全盲女子  冨山悦子、宮里清子、豊見本竹子
弱視女子  松井美智代、下地美和子、屋我末子

(4)4月・5月の行事予定       
4月 1日辞令交付式
3日職員会議
10日共同募金配分金内定通知交付式
15日沖視協ボランティア友の会総会
20日女性部ダンス・コーラス
23日音訳講習会開講式
27日那覇市視覚部総会
5月4・5日九州盲社会人野球・卓球大会(北九州市)
9日点訳講習会開講式(昼の部)
10日アジア構想幹事会
12日点訳講習会開講式(夜の部)
15~17日第56回全国盲人福祉大会(神奈川県)
22日第1回支部長会
29日第1回理事、評議員会


3.お知らせコーナー

(1)支援費制度による身体障害者居宅介護等事業始まる

  平成15年4月1日から支援費制度によるガイドヘルパー派遣事業が開始します。ガイドヘルパーを利用したい場合は各市町村の福祉課に受給者証を申請し、それから指定事業者との契約となります。地域の在宅支援サービス事業者とも契約できますので、効率的にサービスが受けられるよう事業所の担当職員や沖視協にもご相談下さい。県の指定事業者の決定は受けていますが、まだ認定証が発行されていなくて事業の開始が少し遅れ気味です。新しい法律制定による新規事業はなかなかスムーズには運営しにくいものですが、担当職員をはじめ沖視協職員全員で、今まで受けていたサービスが低下することのないよう制度についての研究、研鑽をしていきたいと存じます。

(2)平成15年度沖縄県盲導犬貸与事業のお知らせ

  平成15年度も沖縄県の盲導犬養成事業が予算計上されていますので、盲導犬利用希望者または関心がある方は事務局までご連絡下さい。

  盲導犬利用対象者は単独歩行が可能な方で、就労をしているか、または積極的に社会活動に参加される意欲のある人が対象となります。盲導犬との訓練は東京のアイメイト協会か福岡盲導犬訓練所のどちらかで受けます。合併訓練は約4週間です。それに伴う航空運賃、宿泊費、食料費、交通費等の経費については沖視協で助成することもできます。

4.事務局日誌

  2月、3月に行われた行事、催し物を報告します

2月7日石嶺小学校より施設見学
12日身体障害者団体幹部研修会
16日おきなわラソンマッサージ奉仕活動
16・17日第56回九州盲人福祉大会 福岡市
26日モノレール音声案内デモンストレーション
27日第3回理事会・評議員会
28日障害者社会参加推進協議会
3月6日県立沖縄盲学校卒業式
7日障害者職業センターより施設見学
7日身体障害者団体幹部研修会
8日身体障害者スポーツ指導員研修会
10日県総合福祉センター音声案内検証
12日第1回九州・沖縄障害者オープンゴルフ
14日県総合福祉センター落成式
15日メイプル耶馬タンデムサイクリング大会
16日九州盲社会人卓球大会選手選考会
19日高橋先生墓参
20日福岡視力障害センター入所説明会
20日県社協評議員会
25日輸送サービス従事者研修会障害者社会参加促進協議会
27日第4回理事・評議員会


5.ありがとうございまいました

(1)沖縄点字図書館創設30周年記念事業の繰越金から建設資金積立金として20万円の寄付をいただきました。

(2)3月4日、照屋美代子様より故照屋三郎様の香典返しとして金一封のご寄付がありました。

(3)3月19日、沖縄県視覚障害者協会後援会からの法人運営費として100万円のご寄付をいただきました。

(4)3月20日、沖縄県はり、きゅう、あん摩・マッサージ・指圧師協会から建設資金積立として3万円のご寄付をいただきました。

  皆様ありがとうございました。寄せられましたご浄財は、芳志者のご意向に沿うよう有効に活用させていただきます。


6.読者のコーナー

第12回メイプル耶馬タンデムサイクリング大会報告    仲 村 宮 子

  大分県で開催されたメイプル耶馬タンデムサイクリング大会へ私と沖視協職員の糸嶺成美さんと二人で参加しました。

  3月15日、全日空で大分空港へ到着し、オリエンタルホテルにて宿泊。16日の8時30分発の送迎バスにて会場へ到着。10時開会式。視覚障害者のガイドの説明や競技の説明、安全なサイクリングの説明と保安員の紹介、選手宣誓。

  当日は雨で、サイクリングの実施が危ぶまれましたが、雨具を身にまとい、雨の降りしきる悪条件の中での決行でした。自転車に乗ったことのない私は、果たして12キロ走れるかどうかとても不安でした。前に乗ったボランティアの方が「今は山国側を走っています。」「菜の花が咲いています。」「杉の木がいっぱいですよ」「下り坂になりますので、こぐのをやめましょう。」「トンネルに入ります。」などなど、こと細かく説明して下さり、あれほど不安だった気持ちが爽快ささえ感じました。また、休憩所では地元の方がお茶の接待をして下さり、漬物やクッキーや果物をいただきながら会話を交わすものも楽しい。ゴーヤーの漬物を出して下さったときには驚きました。

  このタンデムサイクリング大会は、ただサイクリングするだけではなく、ペアとなったボランティアの二人で答えるというクイズもまた楽しいものです。出発前に絶叫コーナーで「しっかりこぐぞ」と叫び(100フォーン)出ました。水温当てや俳句作りなどです。開会式の際にはゲームやクイズの成績発表が行われました。

  サイクリング大会と並行して会場では、イベントも開催された。九州電力コーナー、陶芸機器コーナー、三菱プレジデントコーナー、ふれあいコーナー、満腹コーナーなどです。ふれあいコーナーではアコーディオンの伴奏にあわせて歌を歌ったり、満腹コーナーでは地元邪馬渓でとれたイノシシ汁やおでん、ぜんざいなど冷えた体を温めました。

  タンデムサイクリング大会は視覚障害者のアウトドアスポーツになると思いますので、県内でもサイクリングロードで乗れることを期待したいと思います。

  メイプル耶馬タンデムサイクリング大会はサイクリングを楽しむだけでなく、視覚障害者とボランティア、地域住民との交流の場となっていることを感じました。再度参加したいと思います。


7.編集後記

  春の訪れと共に、各地で平成14年度の県委託事業やいろいろな市町村、関係団体関連の諸事業が開催されます。多くの方々が積極的に参加されることを期待しています。皆様方の活動が、その地域の方々の障害者福祉への理解と協力を得るため啓発啓蒙の大きな役割となります。

  平成15年度事業の開始です。各支部および婦人部、青年部の事業計画が効果的に滞りなく遂行され、実りの多い年となりますよう皆様方のご活躍を心から祈念いたします。

  次号は6月の予定です。どうぞ皆さんお元気でご活躍下さい。

【福祉会だより 190号 平成15年4月発行】

☆ 「福祉会だより」は点字版・墨字版、 録音版を沖縄県共同募金会からの配分金で作成し、県内視覚障害者及び県外の沖縄県出身視覚障害者の方々や関係者に郵送しています。